HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/life/consultation/286353/

50代女性フリーランス「仕事の辞め時がわかりません!」【50代読者のお悩み】

地曳いく子

地曳いく子

non-no、MORE、Oggi、eclatなど雑誌を始めとし、タレントの衣装も担当。イタくない大人のスタイリングを得意とし、テレビ、トークショーなどで活躍、キャリア30年のスタイリスト。大人のおしゃれを考え直す「50歳、おしゃれ元年。」(集英社)をはじめ、「服を買うなら、捨てなさい」(宝島社)、「ババア上等! 余計なルールの捨て方 大人のおしゃれDo!&Don’t 」(集英社)など著書多数

記事一覧を見る

今月も「仕事」にまつわるお悩みにお答えいたします。

さっそく最初のお悩みから!

 

お悩み:その38

仕事の辞め時についてわかりません。私はフリーランスとして働いているので定年がなく、自分ではいつまでも働けると思っています。体力の限界がきたら仕方ないけど、潮時みたいなのがわかりません。(51歳・自営業・大阪府)

 

地曳さんのお答え

私もフリーランスですが、私にも辞め時なんてわかりません!(笑)

ずっとあると思っていた仕事がコロナ禍でなくなったり、トークショーも出来なくなったり…、辞め時って自分で決められたらいいけど、案外こうやって周りの状況や人に決められちゃうのでは?
ただ、仕事は辞めない限り、求められるものが日々変わります。だから、潮時を考えるのではなくて、潮目を読むようにしましょう。

 

私は50歳くらいまではスタイリストとして女性ファッション誌でガンガン働いていました。当時は今よりも「オバサン」が敬遠される風潮で、もちろん他のスタイリストさんもオバサン系の仕事は嫌がっていた。
…でも、考えてみたら自分だって立派なオバサンじゃないかと思って、『50歳、おしゃれ元年』『若見えの呪い』、槇村さとるさんとの共著『ババア上等! 大人のおしゃれ DO!&DON’T!』(全て集英社文庫刊)などを書きました。
そしたら、有難いことにたくさんの方に受け入れてもらえて、「ババア道」という新しい道を見つけちゃった(笑)。樹木希林さんも、自ら“お婆ちゃん女優”宣言をして数多くの作品に出られていましたよね。彼女も潮目を読んだんだと思います。

 

あなたも他にやりたいことが出てくるかもしれないし、全く違う分野からお声掛けがかかるかもしれない。どんな仕事でも自分が楽しいと思えるものはすぐに乗っかれるように、今は身体と心を健康に保ってエネルギーを溜めておきましょう。潮時が来たら次の潮に乗っかっちゃえばいいんです!

イラスト/松元まり子

 

 

お悩み:その39

昨年末で仕事を辞め、現在は専業主婦です。夫の希望で専業主婦になってみたものの、張り合いがなく気分が落ち込み気味です。やはり何らかの仕事をしたいと思い、夫に相談していますが、あまり良い顔をしてくれません…。このまま私の人生が終わるのかと思うと苦しくてたまりません。(38歳・専業主婦・埼玉県)

 

地曳さんのお答え

 

この時代、専業主婦として暮らしていける財力があるというのは、正直私には羨ましいです。でも、働くことによって自分の存在意義やアイディンティティを求めたいという気持ちもわかります。社会にコネクトしていたいというのは、人間的欲求とか生存本能だと思うんです。
今、社会はものすごいスピードで変わっているから、どこかで繋がっていないと自分だけ取り残されてしまうという恐怖心もあると思います。

 

そこで! 旦那さんへの相談の仕方を考えましょう。
ただ「自分は働きに出たい」と言っても、「俺が稼いできているのに、なんの文句があるんだ!」と言われかねません。だから、社会と少しでも繋がっていないと不安で堪らないということをきちんと伝えた上で、「お金の問題じゃなくて、私はあなたと一緒にこれからも楽しく暮らしていきたいの。そのためには、私も週に3回くらいは外に出た方がメリハリが出来てハッピーになれると思うの」と言いましょう。
もし家事のことを持ち出されても、「これまで通り出来るよ」と言い切る! 実際、手の届かないところが出てきたら稼いだお金で清掃業者に頼むのもいいと思います。今、水回りとか数千円でやってくれるし、自分でやるより綺麗にしてくれますからね。

 

「どうすればお互いに気持ち良く過ごせて、いかにふたりがこれからも幸せに暮らしていけるか」という観点で話す! そうすれば「お、俺のことそんなに考えてくれているのか」ってなるはず。で、追い討ちをかけるように「あなたのおかげで生活費の問題はないから、私のお金がある程度貯まったらそのお金を使って、いつかふたりで一緒にハワイにでも行こうよ」と提案しましょう。
それでもダメだったら…もう1度お悩み相談をください(笑)。

 

あなたのお悩みを募集中!

お悩み投稿のルール

①メールの宛先:toko@shueisha.co.jp

②メールタイトル:【いく子さんの悩み相談】
※違うタイトルでお送りいただくと、受付できないことがありますのでご注意ください。

③必要事項:年齢・ペンネームのみ(本名は書かないでください)

④文字数の目安:200字程度

お悩み投稿の注意事項

以下の内容をお読みの上、ご了承いただいた上で投稿をお願いいたします。

・投稿いただいた内容は、OurAgeの企画および、集英社の雑誌・書籍等(web・SNSを含む)にて掲載、キュレーションメディア等に転載する場合があります。

・掲載する際には、ペンネームおよび内容を一部改編する場合があります。

・投稿の採用結果につきましては、お知らせいたしません。

・投稿内容等の確認のため、編集部よりご連絡する場合があります。

・投稿いただいた方のメールアドレス・ペンネームは本企画遂行の目的以外には使用いたしません。

 

メールをお待ちしています!

 

・・・・information・・・・

●絶賛発売中!
『ババアに足りないのは愛!+60からのHappyおしゃれBOOK』(集英社)

 

地曳いく子さん×漫画家・槇村さとるさんの人気シリーズ第3弾がついに発売!
2人が次に目指すのは、愛にあふれたHappyなおしゃれ!
+60から着たいブランドや、この世代ならではの秘密の痩せテクを紹介。

 

●絶賛発売中!
『ババアはツラいよ! 55歳からの「人生エベレスト期」サバイバルBOOK』(集英社文庫)

 

 

シリーズ第2弾を文庫化!
何を着てもビミョー。身体はガタガタ。心は不安定。そんな「55歳問題」をスカッと解決! 文庫版オリジナルコンテンツも豊富です。


今すぐチェック!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

PR
<前の記事

<前の記事
第33回/仕事やプライベートで時間を無駄にしないためのコツは?【20代&50代読者のお悩み】…

次の記事>

次の記事>
第35回/「自分が死んだら散骨して」という母。だけど、正直抵抗が…【40代読者のお悩み】…

この連載の最新記事

加齢とともに我が強くなりババア丸出しです。どうやって直す?【30代読者のお悩み】

第38回/加齢とともに我が強くなりババア丸出しです。どうやって直す?【30代読者のお悩み】

仕事覚えの悪い部下にイライラ。どう指導すれば?【40代読者のお悩み】

第37回/仕事覚えの悪い部下にイライラ。どう指導すれば?【40代読者のお悩み】

ホットフラッシュの症状を感じさせないファッションとは?【50代読者のお悩み】

第36回/ホットフラッシュの症状を感じさせないファッションとは?【50代読者のお悩み】

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

メイクアップ化粧品をアップサイクル絵具に。「KANEBO」の世界こどもの日に向けたアートイベントを体験してきました

時を戻そう。ほうれい線をドラマティックにメイクアップ! 肌をひっぱるアプローチって何?

親の尿もれ事情って? 旅行を楽しんで欲しいから、娘からの提案

敏感ケアもエイジングケア(※)もしたい! 大人の肌悩みに寄り添うスキンケアって?

PR

マスクをはずしたときの“見た目年齢ギャップ"を減らす「ほうれい線対策メイク」教えます。

冷えてくると「あっ! ちょいもれ!」。冬は尿もれの「ハイシーズン」なんです

今週の新着記事【ランキングトップ10】【50歳からの断捨離®道 】服を処分できない人の言い訳は「痩せたらまた着るかも」「(値段が)高かった」。関係の終わった服は昔のカレみたいなもの。新しい自分になりたければ潔く手放すべし。/他、今週の新着記事ランキング/他、今週の新着記事ランキング

大人髪のトリセツ~白髪からスタイリングまで! ヘアケアお役立ち情報まとめ~

PR

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル