HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/life/daily-tweets/181682/

50代に突入。なんかだるい、なぜか心にハリがない……そんな朝に食べるもの

ギリコ

ギリコ

築地界隈に暮らす50歳。毎月開催のセミナーやプレゼント、「隣の50歳」、「女50歳からのキラキラ老後計画」、「十和子道」、「半ダース介護」など担当。セミナーのときは会場にいつもいます!

記事一覧を見る

50代に突入したら、朝起きたときに心にハリがないというか気力がわかないことが増えました。

そういうときに朝ごはんが地味な色の食べ物ばかりだとさらに気持ちがシャキッとしません。

「さぁ、朝ごはんだ、今日も一日がんばるぞ」という気にならないのです。

 

そこでよくつくるのが「トマトのもしゃもしゃサラダ」です。

真っ赤なトマトに緑の大葉。

派手な一皿です。

ただ野菜を切ってお皿に盛るだけですが、こういう存在感のある食べものが厚揚げの煮びたしとかひじき煮とかナスの糠漬けなんかの横にあると「よし、一日の始まりだ」と元気になってきます。

私が単純なのかもしれませんが、色のもつ力を感じる瞬間です。

 

これに酢、ゴマ油、醤油を1:1:1(つまり全部同じ量)合わせただけの超簡単ドレッシングをかけていただきます。

とてもさっぱりとしていて大葉ともよく合い、これをかけるとどんな大きなトマトでもあっという間に丸々一個食べちゃえます。

 

実はこの「もしゃもしゃサラダ」は作家向田邦子さんの料理本で紹介されていたのを自分好みに少々アレンジしたものです。

(向田さんは酢とゴマ油の割合がもっと多い)

向田邦子さんはご存じの方も多いと思いますが女性の社会進出がまだ進んでいなかった時代にまず編集者としてバリバリ働き、そのあと売れっ子脚本家になり、そのあと人気作家になりました。

よく働き、よく食べ、よく遊ぶ……充実した人生を送った女性の代表のような人で、そのライフスタイルは憧れです。

そう思うようになったきっかけのひとつが25年くらい前に買ったこの本。

料理上手だった向田さんが執筆の合間につくり食べていた料理のレシピ、愛用の食器、お取り寄せしていたもの、食に関するエッセイなどが収録されています。

 

おいしくて簡単で何度食べても飽きない家庭の味がたくさん載っていて、サツマイモのレモン煮、わかめの炒めもの、いわしの梅煮、いちじくのブランデー煮などこの本を見ながらいろいろつくってきました。

中でも一番つくったひとつがこの「もしゃもしゃサラダ」です。

いまいちシャキッとしない朝にこのサラダを食べていると「向田さんもこれを食べて頑張ってたんだなぁ」とふと身近に感じてしまいます。

 

遊びに来た知人にこのサラダを出したら教えてほしいというのでドレッシングの作り方を教えたら、「あのドレッシング、冷奴にかけてみてもおいしかったよ!」とメールがきました。

 

元気をくれる赤と緑の「もしゃもしゃサラダ」は簡単でおいしいのでぜひみなさんも試してみてください。

今すぐチェック!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

PR
<前の記事

<前の記事
第9回/50代半ばにして、乳液の大切さを思い知る……

次の記事>

次の記事>
第11回/体を土台から強くしたい。基本となる栄養はサプリで補強…

この連載の最新記事

マスクストラップを購入して呼吸の大切さに気づく。冬の夜空の下、深呼吸のすすめ

第446回/マスクストラップを購入して呼吸の大切さに気づく。冬の夜空の下、深呼吸のすすめ

「今まで一度もクリスマス・プレゼントをあげられなかったから……」そんな親子の思いに応えるチャリティ「ブックサンタ2022」で、大好きな1冊を届けたい!

第445回/「今まで一度もクリスマス・プレゼントをあげられなかったから……」そんな親子の思いに応えるチャリティ「ブックサンタ2022」で、大好きな1冊を届けたい!

水晶玉子先生も納得!!2023年開運旅とは!?水辺×温泉×○○は最強の組み合わせ!!毎日が開運な編集者の日常㊿

第444回/水晶玉子先生も納得!!2023年開運旅とは!?水辺×温泉×○○は最強の組み合わせ!!毎日が開運な編集者の日常㊿

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

メイクアップ化粧品をアップサイクル絵具に。「KANEBO」の世界こどもの日に向けたアートイベントを体験してきました

時を戻そう。ほうれい線をドラマティックにメイクアップ! 肌をひっぱるアプローチって何?

親の尿もれ事情って? 旅行を楽しんで欲しいから、娘からの提案

敏感ケアもエイジングケア(※)もしたい! 大人の肌悩みに寄り添うスキンケアって?

PR

マスクをはずしたときの“見た目年齢ギャップ"を減らす「ほうれい線対策メイク」教えます。

冷えてくると「あっ! ちょいもれ!」。冬は尿もれの「ハイシーズン」なんです

今週の新着記事【ランキングトップ10】【50歳からの断捨離®道 】服を処分できない人の言い訳は「痩せたらまた着るかも」「(値段が)高かった」。関係の終わった服は昔のカレみたいなもの。新しい自分になりたければ潔く手放すべし。/他、今週の新着記事ランキング/他、今週の新着記事ランキング

大人髪のトリセツ~白髪からスタイリングまで! ヘアケアお役立ち情報まとめ~

PR

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル