OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたします。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたします。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/life/daily-tweets/185153/

カフェインに弱い私、こうなったらディカフェ道を極めます!

すけやん

すけやん

編集部の末っ子です。
いちばんのロングへアーですが、その髪はバサバサ、眼もドライアイ、肌もカサカサで体も心も? 保湿が必要です。

記事一覧を見る

こんにちは。編集部の末っ子、でもアラフォーのすけやんです。

わりと何でも食べられる(豚足を除く)人間なのですが、ちょっと苦手としているのが「カフェイン」。

もう30年近く前、コーヒーをブラックで2杯ほど飲んだのち、旅行先の北海道で激痛に見舞われたのがきっかけ。深夜に行った病院で胃カメラを飲んだところ、胃の内壁から滝のように血が流れていました。。「あなたはカフェインに弱いということです。以後なるべく避けて」とお医者さんに宣告されて今に至ります。

いや、もうこんなに年とったんだから大丈夫でしょ、とちょくちょくチャレンジしてみるものの、

胃がきゅーっとなったり、息苦しくなったり、動悸がしたり、目がらんらんとして眠れなくなる、などのよろしくない症状が。

世の中、サードウェーブだなんだとおしゃれなコーヒーが流行ってるのに、痛恨の極みですよ。外出先でご厚意で出していただいたコーヒーが飲めず、でも申し訳ないのでひと口飲んだフリ、を何回も繰り返す人生です。

しかし、こんな体質の私が「マジありがたいっす!」と思っているのがここ数年の「ディカフェ(デカフェ)」ブーム。ずいぶん増えました、カフェインレスコーヒーを扱っているお店が。

スタバに行ったら50円追加で「DE(ディカフェ)」注文。よく行くお店じゃ「あのディカフェの人」と店員さんに覚えられる勢い。

 

ディカフェ道はコーヒーだけにとどまらず、「紅茶のディカフェ」も追求中。

今年の夏は、この「AHMAD TEA」で乗り切りました。成城石井さんありがとう! 撮影現場に持っていくと、スタッフにも大好評です。

ディカフェ紅茶のティーバッグは海外通販の「iherb」で買っています。ディカフェとはいえ風味が損なわれておらず、おいしいものが豊富。このジャンル、やはりイギリス勢が強い印象です。

ノンカフェインといえばハーブティーですが、こちらも「iherb」の品ぞろえが秀逸です。ただし「これは本当に人間の飲み物なのか・・・」と、ウッとくるような味のものもかなりあるので要注意。トライ&エラーの繰り返しであります。

 

コーヒー、紅茶、緑茶などを飲んだあと、私のような症状が出る方がいらしたらぜひディカフェをお試しくださいませ。

 

カフェインは交感神経を刺激してくれて、シャキッとして仕事がはかどる! といったメリットがあるようですが、その恩恵にあずかれない私は、なんとかやる気を他のところから調達して仕事をがんばりまーす。

<前の記事

<前の記事
第11回/体を土台から強くしたい。基本となる栄養はサプリで補強…

次の記事>

次の記事>
第13回/50代編集者、30年ぶりのラグビー観戦で幸せホルモン捻出にトライ!?…

この連載の最新記事

腸活でハマったお漬物、おしゃれツール「ピクルストーン」で新たな漬物ラビリンスへ!

第224回/腸活でハマったお漬物、おしゃれツール「ピクルストーン」で新たな漬物ラビリンスへ!

『ぼけますから、よろしくお願いします。』の父・良則さん、100歳になりました!

第223回/『ぼけますから、よろしくお願いします。』の父・良則さん、100歳になりました!

「オカモトの骨盤ベルト」は大根を買う日の必需品。在宅勤務で固まった腰を守ろう!

第222回/「オカモトの骨盤ベルト」は大根を買う日の必需品。在宅勤務で固まった腰を守ろう!

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル