HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/life/daily-tweets/185387/

体を土台から強くしたい。基本となる栄養はサプリで補強

ノンコ

ノンコ

40代後半にもなって初めて、本気でダイエットに取り組んでいます。食事の量と内容を節制している分、摂取する栄養バランスはサプリメントで調整。凝り性なので、家の収納BOXには溢れるぐらい多数のサプリが。

記事一覧を見る

こんにちは。編集ノンコです。

年々、体力と持久力の衰えを感じるうえ、鏡に映った顔を見て、「私って、こんなにシワやたるみがあったっけ?」とギョッとする日々。自分の横顔を見た時なんて、あまりの“あごたるみ”の見苦しさに目を背けたくなります。

しかし、編集の仕事は結構過酷でして…。しめきりに追われている時期は、睡眠を最低限、確保するのに精一杯で、スキンケアや運動なんて二の次です。

そんな時に私ができることは、サプリメントを摂ること。
タブレットやソフトカプセルなので、水さえあれば…時間がなくても飲める。

体の筋肉、骨、臓器、血管、肌、髪の毛、爪……それらを作る原料となるであろう栄養成分を、とにかく毎日コツコツと摂り続けることが大事!と信じています。
それさえできていれば、体の衰えや、顔の肌の衰えを食い止められるかもしれないし、あわよくば、今以上に良好な状態に“上げる”こともできるのではないかと。

本来は食事できちんとバランスよく栄養を摂りたいけれど、忙しくて理想的な食事ができないこともしばしば。そんな時にサプリメントで補えるのはとても助かります。

前置きが長くなりましたが、そこで今、私が愛飲しているのが、ファンケルのこの3つのサプリメント。
(写真は3点とも、開封済み、使用中の私物です)

本当に超基本のものばかり。
【マルチアミノ酸】【マルチミネラル】【マルチビタミン】

ビタミンとミネラルは、一緒にとることで、体の中でより良い効果を発揮することがあると聞いてからは、どちらか一方だけでなく、両方摂ることを心がけています。

それから、私たちの体は20種類のアミノ酸から作られているといいますね。
通常の生活の中で、それら20種類を全部摂るのは厳しい~。
でも、この【マルチアミノ酸】なら、20種類のアミノ酸すべてが入っているよ!やった~! 店頭で見つけた時は本当にうれしかったです。

これらのサプリメントは、最寄りのイトーヨーカドーでいつも購入。いつでも手軽に買える点が、続けられるポイントです。買い物する時、ポイントやマイルを貯められるから、モチベーションもアップ(根が堅実派なもので)。

基本的なことをコツコツと続ける。「継続は力なり」。
地味だけど、手応えは感じるので、このまま続けてみようと思います!

今すぐチェック!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

PR
<前の記事

<前の記事
第10回/50代に突入。なんかだるい、なぜか心にハリがない……そんな朝に食べるもの…

次の記事>

次の記事>
第12回/カフェインに弱い私、こうなったらディカフェ道を極めます!…

この連載の最新記事

ミスチルもありがとう! SAI 2022は最高のロックフェスでした

第447回/ミスチルもありがとう! SAI 2022は最高のロックフェスでした

マスクストラップを購入して呼吸の大切さに気づく。冬の夜空の下、深呼吸のすすめ

第446回/マスクストラップを購入して呼吸の大切さに気づく。冬の夜空の下、深呼吸のすすめ

「今まで一度もクリスマス・プレゼントをあげられなかったから……」そんな親子の思いに応えるチャリティ「ブックサンタ2022」で、大好きな1冊を届けたい!

第445回/「今まで一度もクリスマス・プレゼントをあげられなかったから……」そんな親子の思いに応えるチャリティ「ブックサンタ2022」で、大好きな1冊を届けたい!

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

メイクアップ化粧品をアップサイクル絵具に。「KANEBO」の世界こどもの日に向けたアートイベントを体験してきました

時を戻そう。ほうれい線をドラマティックにメイクアップ! 肌をひっぱるアプローチって何?

親の尿もれ事情って? 旅行を楽しんで欲しいから、娘からの提案

敏感ケアもエイジングケア(※)もしたい! 大人の肌悩みに寄り添うスキンケアって?

PR

マスクをはずしたときの“見た目年齢ギャップ"を減らす「ほうれい線対策メイク」教えます。

冷えてくると「あっ! ちょいもれ!」。冬は尿もれの「ハイシーズン」なんです

今週の新着記事【ランキングトップ10】【50歳からの断捨離®道 】服を処分できない人の言い訳は「痩せたらまた着るかも」「(値段が)高かった」。関係の終わった服は昔のカレみたいなもの。新しい自分になりたければ潔く手放すべし。/他、今週の新着記事ランキング/他、今週の新着記事ランキング

大人髪のトリセツ~白髪からスタイリングまで! ヘアケアお役立ち情報まとめ~

PR

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル