OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/daily-tweets/241017/

風邪にも!花粉症にも!「マイ漢方」があれば心が強くなれる件

ふみっちー

ふみっちー

ネコを愛するネコっ毛の50代。ツンデレ猫・リリララ姉妹に日々翻弄されてます。美と健康の情報は大好物です!

記事一覧を見る

各地から桜開花のニュースが入り、心ウキウキな春到来。ですが…花粉症持ちにはツラい季節でもありますね。何を隠そう、私も花粉症です。ここ数年は症状が落ち着いておりますが、とはいえ「明日は花粉が大量に飛散しそうです」というお天気ニュースを聞いた翌朝は、くしゃみ10連発で起床、という惨事もしばしば。

 

そんな私にとって、欠かせない漢方薬があります。今日は“私のお守り”、日ごろ、心から頼りにしている漢方薬2つについて語っちゃいます。

吉田つぶやき_photo_葛根湯、小青竜湯

 

 

 

【左】小青竜湯(しょうせいりゅうとう)

【右】葛根湯(かっこんとう)

 

です。

 

どちらもポピュラーな漢方薬で、飲んだことがある、という方もきっと多いですよね。私がこの2つを欠かさなくなったのは、「とにかく速攻で効く!」ということを身をもって体験したから。

 

「小青竜湯」との出会いは、かれこれ10年前。とにかくその日は花粉症で、どうしてもどうしても鼻水が止まらない日でした。市販薬を飲んでも、鼻うがいをしても、止まってくれる気配なし。文字通りティッシュを箱ごと持って仕事をし、一段落して早退。あわてて家の近所のかかりつけ医に駆け込みました。

 

その医院では西洋薬と共に、漢方薬も処方してくれるシステムで、その時処方されたのが小青竜湯だったのです。「漢方薬は長期で服用しなきゃ効果ないんでしょ」と思われがちですよね。まったく私もそうだったのですが、処方された小青竜湯を飲んで、1時間ほど経ったころ…

 

「あれ?うそー!?」

 

と思うほどピターーっ!と鼻水が止まったのです!

 

衝撃でした。漢方薬がこんなに効果があるなんて…。以来、なるべく家にきらさないようにし、花粉症の時季にはポーチに入れて持ち歩いています。

 

同様に、すぐに効くことを体感したのが「葛根湯」。ある日、会社で会議に出ようとしたら、いきなり寒気が…ストールを巻いて歩いていても悪寒がし、「ちょっとヤバいです、風邪かも」と上司に訴えたら、「すぐに葛根湯飲みなさい!飲んで!」と。

 

そしてすぐに飲んだら、本当に風邪の症状が収まったんです。これは私の印象なのですが、体に入ろうとした風邪が、葛根湯を飲んだらすーっと離れていった…というような。いや、オカルトみたいな表現ですみません。でもそういうイメージでした。

 

葛根湯も家にはきらしません、そして毎年のように、風邪を食い止めてもらっています。「マズい、風邪っぽい」と思ったときにすぐに飲むのがコツ。そして葛根湯も小青竜湯も「お湯に溶かして」飲むのがポイント。

 

吉田つぶやき_photo_漢方薬を飲むところ

 

OurAge連載「女性のための漢方救急箱」で、樫出恒代さんが何度も書いてらっしゃるように「体を温めて熱を産生し、症状を改善するための漢方薬なら、熱くして飲む」のが大切。そしてお湯に溶かして飲む、このひと手間がまた、いいんです。たとえるなら、おいしいお茶を自分だけのために淹れて、ゆっくり味わう、そんな感じ。

 

熱い飲み物だから一気に飲み干すことができず、ふうふうと熱さを和らげながら、自然とゆっくり飲むことになります。それぞれに独特の味や風味があって、錠剤を飲むような味気無さがありません。そしてゆっくり飲むことで心が落ち着いて、リラックスできます。心にも体にもいいことしてる、健康になれる、そんなイメトレもできる感じがします。

 

ただ、これはあくまでも私の体感や印象なので、症状や体質によって効果は違ってくると思います。また、今は新型コロナの流行もあるので、体調不良の場合は、医師に相談することが重要。今回の私の記事は、あくまで「個人の感想」として読んでいただければうれしいです。

 

“お守り漢方”に出会えたことは、私にとっては大きな出来事でした。大げさでなく、健康維持に自信が持てたし、頼れる2人の友人を得られたように思います。困ったときに頼れる友人がいる、と思うと心強いですよね。これからもおおいに私の健康に貢献してもらいます!そしてもっと、頼れる“マイ漢方”が増えればいいな、と思っています。

今すぐチェック!

衣類の「ワンランク上の清潔衛生」を目指すなら! 漂白剤を使わない手はありません

衣類の「ワンランク上の清潔衛生」を目指すなら! 漂白剤を使わない手はありません

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第234回/伊勢丹新宿店本館1階の『フェムテック』ポップアップショップ、どこが画期的?…

次の記事>

次の記事>
第236回/【50代からの明るい終活 私の場合①】〝最期のお別れ〟にたくさん使ったのはお金と………

この連載の最新記事

オリンピック馬術で名馬もびっくり!話題の「だるま」障害物見てきました

第307回/オリンピック馬術で名馬もびっくり!話題の「だるま」障害物見てきました

ガ~ン!マスク疲れの顔には16,000円より3,080円のかっさの方が効きました……

第306回/ガ~ン!マスク疲れの顔には16,000円より3,080円のかっさの方が効きました……

50代にして「オーラルケア」の重要性に目覚めた!私の「3大マストアイテム」は…

第305回/50代にして「オーラルケア」の重要性に目覚めた!私の「3大マストアイテム」は…

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル