OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/life/daily-tweets/243136/

自分に贈るオーダーメイドの花束

すぎ

すぎ

趣味は好きなバンドのライブ追っかけをしながら、全国のおいしいものを食べること。
摂生のストレスよりも心の健康を一番に、楽しい! 幸せ! と思える毎日を送りたいと思っています。(ただ自分に甘いだけ……かも?)

記事一覧を見る

こんにちは。新型コロナの影響で延期・中止になっていた、森高千里さんの「この街」ツアーが5月25日から再開されるというお知らせが届き、とても嬉しいライブ大好き編集者のすぎです。

キャパシティ半分、着席での観覧、1ステージ約80分、1日2回公演と、今までとは違った形になろうとも、ライブのある日常が少しずつ戻ってきていることに幸せを感じます。

 

さて、コロナ禍でライブも旅行も行けなくなった昨年、せめてもの楽しみをと、自分に贅沢な花を贈ることを始めました。

 

普段から安い花屋さんで季節の花を買ったり、ベランダのプランターに植えたハーブやビオラなどを切って小瓶に挿したりと、なんらかの花は飾っているのですが、5月の自分の誕生日をきっかけに初オーダー。それも

フラワーアーティスト・東信(あずま まこと)さんによるオートクチュールの花屋さん『JARDINS des FLEURS (ジャルダン・デ・フルール)』で。

東信『JARDINS des FLEURS (ジャルダン・デ・フルール)』ビタミンカラーのフラワーアレンジメント

東さんは、蜷川実花さんの映画や一流ブランドとのコラボ、植物を使ったアートパフォーマンスや作品づくり、無償で花を配る活動など、世界中で活躍されているフラワーアーティスト。

『情熱大陸』や『プロフェッショナル 仕事の流儀』でも取材されていて、そのパンクでアーティスティックな作品世界に、ずっと憧れていたのです。

 

2002年に、花を廃棄することが嫌で始めたという「花のない花屋」は、オーダーを受けてデザインを考え、必要な花だけを仕入れているそう。

銀座から移転して、現在、南青山にある店舗は花の状態が外気に左右されない地下にあり、花以外の色が目に入らないコンクリートとステンレスとガラスの店内は、まるで実験室のようです。

 

オーダーした文言をはっきりとは覚えていないのですが、「コロナで落ち込みがちな今、元気になれるような、ビタミンカラーのアレンジメントを予算16500円(税込)で」とお願いしたのが、こちら。

東信『JARDINS des FLEURS (ジャルダン・デ・フルール)』ビタミンカラーのフラワーアレンジメント

直径20センチ×高さ8センチのガラスの器に活けられたアレンジメントは本当に素敵だったし、器自体は再利用してもらえるとのことでしたが、花が終わった後、結構な量のオアシスの処分に悩み、次回からは予算も5500円に下げてブーケに変更。

 

ちょうど、洗いやすさを優先して買ったはいいけれど、今イチうまく花が活けられずに眠っていた口径15センチ×深さ14センチの椀状の花器があったので、それに合わせてもらうことに。

 

「赤~ピンクをメインに華やかに」(6月)。

東信『JARDINS des FLEURS (ジャルダン・デ・フルール)』赤~ピンクのブーケ

7月は暑くて花がすぐに傷みがちなので、「持ちのいいものを」と書いたような・・。

東信『JARDINS des FLEURS (ジャルダン・デ・フルール)』ブルーのブーケ

東さんは「花が枯れていくさまも美しい」と、生命の移り変わりを意識して、ひとつのブーケの中に寿命の違う花をあえて組み合わせたりするとのこと。

確かに、上のブルーとグリーンのブーケが、5日後には白い花がこんなに咲いて、ずいぶん違う印象になりました。

東信『JARDINS des FLEURS (ジャルダン・デ・フルール)』5日後、青から白へ変化したブーケ

 

 

オーダーメイドゆえに最低でも3日前、できれば1週間前には注文してほしいとのことで、気づくと週末直前になり(別に翌週末を指定すればいいだけなのですが、何か予定が入るかも?と思って直前まで決めない性格で・・)、2カ月空いてしまった10月。「白とグリーンの大人っぽいブーケ」をオーダー。

東信『JARDINS des FLEURS (ジャルダン・デ・フルール)』白と緑のブーケ

ここにきて、「華やかでメリハリのある、6月のような組み合わせのほうが好きかも」と自分の好みに気づき、またしても2カ月空いた今年の1月。「ダリアとか、大ぶりな花でカラフルなブーケ」をオーダー。

東信『JARDINS des FLEURS (ジャルダン・デ・フルール)』大ぶりな花のカラフルなブーケ

これ、超気に入りました。

 

花を密に組み合わせて、ガーベラの花びらを半分だけ見せるとか、今まで見たことのないまとめ方に感動。

しかもチューリップはどんどん伸びて開いていくので、ブーケの形が日ごとに変わっていくのです。

東信『JARDINS des FLEURS (ジャルダン・デ・フルール)』変化していくブーケ

枯れた花は抜きつつ、最初に買った日から大体4日ごとの変化がこれ。寒い時期だったこともあり、なんと20日間ほど花を楽しむことができました。

 

前回のチューリップの変化が面白かったので、2月は「珍しい形のチューリップをメインにしたブーケで、色はおまかせします」。

東信『JARDINS des FLEURS (ジャルダン・デ・フルール)』黄色いチューリップとミモザ

東信『JARDINS des FLEURS (ジャルダン・デ・フルール)』黄色いチューリップとミモザ

これも今までにないフォルムで、とても素敵でした。

東信『JARDINS des FLEURS (ジャルダン・デ・フルール)』8日後の黄色いチューリップとミモザ

8日後、散る寸前のチューリップは丸みを帯び、ミモザはドライになったので別々の花瓶に。ミモザは今も部屋に飾ってあります。

 

 

そして3月は「大ぶりな花で、春を感じさせるピンク系統のブーケ」。

東信『JARDINS des FLEURS (ジャルダン・デ・フルール)』ピンクのシャクヤクとスイートピー

東信『JARDINS des FLEURS (ジャルダン・デ・フルール)』ピンクのシャクヤクとスイートピー

「この時季に、もうシャクヤクが?」と、これも予想外。出たばかりだったそうです。スイートピーもたっぷり使われていて、とても幸せな気分になりました。

東信『JARDINS des FLEURS (ジャルダン・デ・フルール)』5日後のシャクヤクとスイートピー

しかもシャクヤクは花が咲き進むにつれ、ずいぶん色が変わっていくんですね。5日でこの変化なので、持ちがいいとは言えませんが、楽しませてもらいました。

東信『JARDINS des FLEURS (ジャルダン・デ・フルール)』5日後のシャクヤク

毎回楽しみなオーダーメイドブーケ。とても素敵な物語や思いを添えて注文する方も多いそうですが、結局、私はそのとき旬なオススメの花を、あまり見たことのない形や組み合わせで作ってもらえる「おまかせ」が、いちばん好きなような気がします。

 

JARDINS des FLEURS (ジャルダン・デ・フルール)  

注文はHPのオーダーフォームから。ちなみに「ご予算」欄、以前は金額を任意で打ち込めたのですが、今はプルダウン形式で11000円からになっているようです。

 

 

 

今すぐチェック!

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

PR
<前の記事

<前の記事
第242回/新しい趣味を開拓するために「ヴィフアール 水彩画スターターキット」を手に入れたら、野村重存先生に絵を見てもらえることになった話<前編>…

次の記事>

次の記事>
第244回/ここに行ったらぐっすり眠れる?! チームラボのアート&サウナの新感覚体験で、自律神経はどう「ととのう」?…

この連載の最新記事

55歳、「夕方になると文字が見えない…」の原因は“隠れ遠視”だった!?

第251回/55歳、「夕方になると文字が見えない…」の原因は“隠れ遠視”だった!?

50代のデリケートゾーン悩みにこたえる、心強い本が登場!

第250回/50代のデリケートゾーン悩みにこたえる、心強い本が登場!

睡眠カウンセリング受けてみた!! トイレに何度も起きるのは体内時計の狂い!?  毎日が開運な編集者の日常㉖

第249回/睡眠カウンセリング受けてみた!! トイレに何度も起きるのは体内時計の狂い!?  毎日が開運な編集者の日常㉖

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル