OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

HAPPY PLUS

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/daily-tweets/266890/

「カステラ」にも感激!Xmasに見たい「ぐりとぐら しあわせの本」展&「柚木沙弥郎  life・LIFE」展

オチャリーナ

オチャリーナ

お茶好き、カフェ好きで、お茶のんで仲間とおしゃべりするのが至福。
コリ症、冷え性なので、鍼とかお灸で癒しています。
仕事で出会う専門家やセンパイ女性たちの美と健康の実践に刺激を受けつつ、つい「明日からやろう」とナマケがち(汗) 一番最近の担当は、翻訳の絵本『子どもを守る言葉「同意」って何?』(レイチェル・ブライアン著)

記事一覧を見る

気になっていた『PLAY! MUSEUM』の「ぐりとぐら」の展示に偶然出会って

 

今回来たのは「立川」。ずっとご近所ばかり歩いていたワタシですが、実は、コロナも落ち着いてきた先月、友人に誘われて初めて、立川の複合施設「GREEN SPRINGS」を訪れた流れで、約1ヶ月に2回も来ました。

初めて来たときに驚いたのは、行くまでの道や施設の雰囲気。モノレールの高架沿い、というと殺風景に思うかもですが、高架に負けじと高い木々が並ぶ舗道は、映画館やカフェも点在し、秋のお出かけに似合う洒落た感じです。

 

目的の施設も1階に飲食などのお店が並び、2階に上がるとなんと「パーク」と呼ばれる素敵なテラスガーデンが!

 

 

高い高架と並木、下は舗道。この抜け感、どこか海外の街のような雰囲気

 

 

左手が目的の建物。木の向こうの登り口から2階に上がると「パーク」が開けます!

 

 

ナチュラルで素敵なグリーンが広い場所を占める「パーク」。所々に水辺(ビオトープなど)があったり、東屋があったりで、外で過ごしたくなるスペース

 

そこでお茶を飲んでいた時に、目にとまったのが、「PLAY! MUSEUM(プレイミュージアム)」でした。

 

パークの随所にあるテーブルや椅子で、落ち葉を愛でながらお茶が飲めたりします

 

 

お茶を飲んでいたら、その目線の先にサインを発見!(写真は2度目に訪れたときのもの)

小さなひとたちの「夢中」を見守りながら、密かに童心に返り胸を熱くする「元子ども」たち(笑)

 

「あー、ここにあったんだ!」

と、嬉しい驚き。『ぐりとぐら』関連の展示が開催中だとメディアで目にしつつ、「長いからいつか行こう」と所在地もよく見ていなかったのが、ここで出会えるとは。かつ11月初旬のその日は、企画展示でワタシも大好きな絵本作家の酒井駒子さんの展示「みみをすますように 酒井駒子」が公開中で。「酒井さんの絵を生で見られるなんて!!!」とWの幸運に感謝して、即入館。

11月に訪れたときの入り口はこんな感じでした(以下、ミュージアム内の写真は許可を得て掲載しています)

今はもう酒井さんの展示の会期は終わってしまったのですが(*別の場所での巡回あり)、ひとつひとつ「うっとり」するほど繊細な原画が250点も展示されていて、その創作の環境やインスピレーションの源泉なども垣間見られる、贅沢な体験でした。

*12月11日〜の長島美術館(鹿児島)はじめ、各地数会場で巡回の予定とのこと!

 

そして、もうひとつの「お楽しみ」は、年間展示の「ぐりとぐら しあわせの本」展。ワタシも小学校の頃から大好きだった、あの「ぐりとぐら」の展示です!

 

なにせ事前情報無しなので、こちらも原画の展示かな、と思いきや。

大きな本を開いたページに開いた小さな入り口から入ってみると…! なーんと。誰でも「ぐり」や「ぐら」になれる、楽し〜いスペースがそこにありました!

 

 

まさに、絵本の中に潜り込むような入り口。これは小さいひと用で、ワタシ用ではないな、とはわかりつつ、やっぱりからだをかがめてくぐってしまいました

 

その中はもう、言葉では説明できない楽しさ。多分、体感しないと写真でも伝わりません。

中に入るともう、そこは「森」だったり「海」だったり

 

と言いながらも実は小学生以来「ぐりとぐら」のシリーズの先を読んでいなかったワタシ。「かいすいよく」や「えんそく」のコーナーでは「これはどのおはなし?」と頭にハテナも。でも、ちゃんと、展示の中には絵本も置いてあって、本を楽しむこともできました!

 

そんな私でも、これはすぐにわかりましたよ!

 

最初に読んだ『ぐりとぐら』に出てくるあれ、です。小さいひとが見たら、本当に「巨大」でしょうね!

 

あの「たまご」ですね。このお隣には、カステラやすべり台もあるスペースがあり、「ぐり」さん「ぐら」さんたちがそれぞれ夢中になって楽しんでいます。その空気を壊さないように「元・子ども」は、そっと観覧しよう、と思いました。

 

 

そして次のコーナーを曲がると…! あら? 大きな帽子! そして、小さなふたつの手袋と靴下も。

反対側の壁には、大きな白いマフラーもかかっていました。と、いうことは?

 

そう、『ぐりとぐらのおきゃくさま』ですよねー!

まさに今、この季節を舞台にしたおはなし。そう思うとますます、心が躍ります!

 

で、この先は、というと…!

 

 

……と、期待を持たせてすみませんが、実際に体感されたほうが楽しみがふくらむと、間違いなく思うので、ぜひ、現地でお楽しみください♪

 

この展示全体のスペースは決して大きくはないですが、小さいひとサイズには十分! 身長が半分になったつもりで見ると、ほんとに楽しい展示です。

 

で、その写真の代わり、ではないですが、ここに行かれたら絶対に食べたいものがあるので、ご紹介!

 

ご覧の通りのボリューム。食べきれないかと思いきや、ペロリ!  だって美味しいんです…(笑)

 

それは、子どものころ夢に見た、あの「カステラ」

館内の「PLAY! CAFE」には、この「カステラパンケーキ」をはじめ4種類のメニューが、この年間展示の期間限定であるのです!

 

もう大興奮。カステラパンケーキは数量限定(焼き上がり時間ごとの個数限定)のため「ぜひ食べたい」方は時間に余裕を持って平日に行かれると良いかも! 企画展示の限定メニューもあり、現在(〜1月31日)は柚木沙弥郎さんメニューが3種類登場。どれも素敵すぎて「反則」レベル(笑)です。

 

「沙弥郎さんパフェ」って…! と、超迷います(笑) 閉店間際のため焼き上がり時間掲示はなし

 

 

自由な形や発想、楽しさ!「くらし」と「人生」の先達、柚木沙弥郎さんに出会う

 

その柚木沙弥郎(ゆのき・さみろう)さんの企画展示「柚木沙弥郎 life・LIFE」展が現在開催中。再び来たのは、その展示を見るためです。

民藝の「型染め」に始まる斬新な表現が世界から注目を集め、長年活躍されている柚木さん。なんと先日99歳になられたとのこと。その多彩な作品を、絵本作品から始まり幅広く紹介する展示に、すうっと引き込まれました。

 

展示タイトルの「life・LIFE」は「くらし」と「人生」の意味だそう。

創作はとても厳しいものでしょうし、戦争のなかで青春を過ごされてもいる柚木さん。「くらし」も「人生」も、いろんな山谷があったと思うのですが、会場の作品は「生き生き」していました。

 

72歳から手がけ始めたという絵本の原画を展示する「絵のみち」や、形が躍動する染色の作品が並ぶ「布の森」などの作品ひとつひとつが、詩的でいて大胆。人生を貫く強い信念も、自在な表現とともに感じられて。素晴らしい作品ばかりでした。

 

大きくて絵柄も大胆な、布の作品の木立のような「布の森」。作品の年代を見ると、改めてその先進ぶりに感動

 

展示された蒐集品や、SHOPに置かれた写真集などから滲む、一貫する先進性や茶目っ気、知性、そしてこの世代の方には稀有?な「やわらか」さ…。素敵な大人に出会えたなあ! と、嬉しくなります。

「こんな大人に近づきたい!」と思えるこの展覧会、OurAge世代は必見です。各展示のオリジナルグッズがいっぱいのSHOPもぜひご堪能を。

 

 

SHOPに並ぶ、柚木沙弥郎展オリジナル・グッズや絵本(原画の展示があったものも)。関連書籍もたくさん。「ぐりとぐら」の本やグッズも、これまたやばい

 

柚木沙弥郎  life・LIFE」の展示は22年の1月30日まで(巡回なし)。「ぐりとぐら しあわせの本」の展示は、同4月10日まで。1チケット(企画展の記念品つき)で両展示が見られます。

 

上階の『PLAY!  PARK』では、ミュージアム展示と連動する子ども向けワークショップも日替わりで開催中。

 

◆新型コロナウィルス感染状況によっては開場時間、入場方法などの変更(予約制などへ)の可能性もありますので、お出かけ前にぜひHPでご確認下さい!

今すぐチェック!

日常の中で、資源を『もったいない』と思う意識が生んだ、化粧品ボトルの水平リサイクルって?

日常の中で、資源を『もったいない』と思う意識が生んだ、化粧品ボトルの水平リサイクルって?

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第339回/水晶玉子直伝!? 2022年開運色パープルの上手な取り入れ方とは? 毎日が開運な編集者の日常㊱…

次の記事>

次の記事>
第341回/ラ・メゾン・デュ・ショコラのアドベントカレンダーで大人なクリスマス…

この連載の最新記事

ダイエットには〇〇を使え!スイーツを食べつつ7ヶ月で体重が9㎏減、腹囲は8.5cm減った50代「独断と偏見のダイエット論」③

第394回/ダイエットには〇〇を使え!スイーツを食べつつ7ヶ月で体重が9㎏減、腹囲は8.5cm減った50代「独断と偏見のダイエット論」③

一周回って気がついた!50代のフレグランスは“爽やか”がベスト!

第393回/一周回って気がついた!50代のフレグランスは“爽やか”がベスト!

2022年の国内旅ならお勧め! むちゃ面白い瀬戸内国際芸術祭、楽しむコツをちょっとシェア!

第392回/2022年の国内旅ならお勧め! むちゃ面白い瀬戸内国際芸術祭、楽しむコツをちょっとシェア!

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル