OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

HAPPY PLUS

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/daily-tweets/272257/

メルヴィータのオーガニック美容液「ネクターブラン  ウォーターオイル クリアデュオ」で肌の透明感を高める!

ノンコ

ノンコ

明るい肌をキープする、透明感をアップするのは、私の永遠のテーマ。加齢によってシワやたるみはどうしても進行してしまいますが、明るさや透明感があれば、肌の七難は隠せる(ごまかせる)。これからも透明感ケアに力を入れていきたいと思います。

記事一覧を見る

以前から、手軽に顔にシュッとかけられるスプレー式コスメが大好き。

 

今気に入って使っているのは、フランスのオーガニック認証コスメブランド「メルヴィータ」の化粧美容液「ネクターブラン  ウォーターオイル クリアデュオ」です!

 

透明感ある明るい潤い肌を目指す“ブライトケア”のシリーズから、今年2022年春に登場する新製品です。

 

メルヴィータの美容液「ネクターブラン ウォーターオイル クリアデュオ」で、清々しく爽やかな天然の香りに包まれながらシュッ! くすみを払って明るい透明肌に

 

くすみを払って明るい印象に導く白ゆりオイル、肌濁りをケアするホワイトシーリリーエキスに加えて、抗酸化力の高いジャパニーズビューティベリーを新配合しているそう。

日中の紫外線ダメージをケアしつつ、くすみ肌→透明感ある肌へと導いてくれます。

↑ これは50mlで税込み4,620円。2022年3月2日発売予定のものですが、ひと足お先に試させてもらいました。

 

 

メルヴィータが提案する使い方はいろいろ!(↓)

 

(1)【ブースターオイルとして使う】

朝と夜、洗顔後すぐの肌にこれをつけ、その後にいつもの化粧水をつける。

 

(2)【ふき取リケアとして使う】

週に1回、コットンに5~10プッシュ分を含ませて、クレンジングや洗顔をした後の肌をやさしくふき取って、古い角質や落としきれない汚れをオフする。

 

(3)【メイクの仕上げに使う】

メイクを全部仕上げた後、顔から20~30cmぐらい離したところからひと吹きシュッ。その後ハンドプレスして、顔全体になじませる。

 

 

──この美容液は、オイルとウォーターが1:3のバランスで配合され、ボトルの中も2層に分かれています。使うときは、良く振って混ぜてから使用。

 

ウォーターだけだと、乾燥対策としてやや物足りないな…と感じることがありませんか?

これはオイルが入っている美容液だから、モチッとした、しっかり“芯のある”潤いが肌に浸透&定着して、肌のハリが高まるし、潤いが長続きするのがうれしい!

 

私が好きなのは(1)と(3)の使い方。

(1)の洗顔後のブースターとして使うと、肌が芯からしっかり整って潤うのを感じるし、その後につける化粧水や乳液の肌への浸透度がグッと高まって、効果をより深く実感できます。

 

(3)のようにメイクした直後に使うと、肌にツヤ感も加わって、とても元気な印象に!

 

 

──それから私は、メイクした直後でなくても、日中、仕事中にも、気付いたらメイクした上からシュッと吹きかけています。

 

フレッシュで爽やかな天然の香りが吹きかけるたびに匂い立つので、実はこの瞬間が大好き! 疲れていた顔や心が一瞬でリフレッシュできます!

乾燥が進んだりストレスで疲れていた顔も、この美容液をシュッ、シュッとすると、潤いとツヤとハリ感が復活してきて明るい印象になるのが良いんですよね~。

↑  ボトルを振って、2層に分かれていたものを混ぜた状態。このように、オイルとウォーターを混ぜてから使います。

 

 

メルヴィータは、フランスのオーガニック認証コスメのブランドで、1983年に生物学者であり養蜂家でもあるベルナー・シュビリアが創業。

自然由来成分を95%以上使用し、ほぼ全ての製品が、オーガニックの国際的認証機関、ECOCERT(エコサート)認証を取得しています。

 

またメルヴィータは、地球環境に与える負荷を抑えるため、空き容器の回収やリサイクルにも熱心に取り組んでいます。

化粧品の空き容器をメルヴィータ直営店に持っていけば回収してくれて(毎月21~30日)、回収した空き容器はガラスやプラスチックなど種類ごとに分別、再生原料へのリサイクルや熱利用などに活用しているそうです。

 

オーガニックコスメならではの使い心地の良さ、安心感があって、容器の処分についてもエコな取り組みをしている。

そういう点でも、優しい気持ちで最後まで気分よく使える、素敵なコスメなんです。

 

今すぐチェック!

日常の中で、資源を『もったいない』と思う意識が生んだ、化粧品ボトルの水平リサイクルって?

日常の中で、資源を『もったいない』と思う意識が生んだ、化粧品ボトルの水平リサイクルって?

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第356回/ある日、突然体に異変が。そのとき医師に奨められたのは、これでした②…

次の記事>

次の記事>
第358回/大根おろすなら「鬼おろし」。栄養も食べごたえも断然お得と思うワケ…

この連載の最新記事

一周回って気がついた!50代のフレグランスは“爽やか”がベスト!

第393回/一周回って気がついた!50代のフレグランスは“爽やか”がベスト!

2022年の国内旅ならお勧め! むちゃ面白い瀬戸内国際芸術祭、楽しむコツをちょっとシェア!

第392回/2022年の国内旅ならお勧め! むちゃ面白い瀬戸内国際芸術祭、楽しむコツをちょっとシェア!

ミスチル求めて福岡遠征

第391回/ミスチル求めて福岡遠征

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル