HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/life/daily-tweets/285965/

【ホタル動画あり】季節の風物詩・ホタル狩りへ。婚活デートをのぞき見!? 毎日が開運な編集者の日常㊸

かーや

かーや

占いと温泉ならおまかせ。「水晶玉子のオリエンタル占星術 開運暦」シリーズも担当し、水晶先生に「水晶温泉玉子」と命名される。
体調に合わせて、効く泉質とPH、プラス吉方位の温泉へ。都内の銭湯にも詳しい。趣味は空中ヨガ。

記事一覧を見る

かーやです。前回のひとりっPさんとの世界&日本の温泉旅トークでもちらと出ましたが、私は大分県国東(くにさき)半島生まれです。

実家からはすぐ海に歩いていけますし、山にもまあまあ近いです。川もあるし、田んぼもある…。夜は真っ暗になるような田舎です。

そんな田舎で育ったのに、ホタルが飛んでいるのを見たことがなかった…。

丘の上にある小学校からの帰り道、男子たちが道端の雑草についたいくつかの白いアワアワを指して「コレ、ホタルの卵じゃ!」と興奮。

「へえ~、コレがそうなん?」と思って、じーっとキラキラ輝く白いアワを見た記憶はあります。

その白いアワアワの中にホタルの幼虫がいたらしいんですね。ただ、なぜかホタルの季節に飛んでいる姿を見た記憶がない。

子供たち同士、「ゆうべ、ホタル見た!?」って話題になったこともない。今思えば不思議です。

 

子供時代は見たことなかったホタルにハマる♥

 

そして、数十年たち、じゅうぶん大人になってから、ホタル狩りというものを初めてした時の感動といったら!!

九州のとある温泉宿に泊まった時に、ホタルウォッチングを夜やるというので参加したのです。

山の中のホタルの名所。温泉から少し山に入った小さなダム湖のほとりでした。

夜8時前くらいにスタンバイ。真っ暗です。名所なので見に来ている人も多くいましたが、みんな静かに見守っています。

すると水辺の草の間で小さな灯りが点滅し始め…。木の上にとまって光っているのもいて。

そのうち、それらがふわふわと飛び始めます。

わああ、と驚いていると、あたり一帯がピカピカと光ってきて、さらに、ふわふわにも勢いが出てきて、上下左右縦横無尽に激しく飛び始め…。

こちらはボーゼンと光を目で追って立ち尽くすのみ。

まるで自分がふわふわキラキラした無数の光に囲まれてしまったかのような不思議な感覚でした。

 

 

ホタル

有名な種類は大きめのゲンジボタル、少し小さいヘイケボタル、さらに小さいヒメボタル。

おなかの後ろが光ります。これはたまたま手にとまったホタルをあわてて撮影。

 

ホタルが飛ぶ最適条件がある!?

 

それからは、その感動が忘れられず、5月中旬から6月末くらいにホタルがいそうな場所に旅した時は、名所を調べて見に行くように。

何回か行ってわかったのは、よくホタルが飛ぶ条件があるらしく…。(かーや調べ)

・梅雨の時期の、雨が降りそうなムシムシした日(雨や寒い日はダメらしい)。

・20時から21時30分頃 (19:30くらいからスタンバイ。20~21時がピーク)

・川や田んぼ、きれいでゆるやかな水辺があり、周りに草や木があるところ。(そういうところにはホタルのえさになるカワニナが棲んでいるからだそう)

たとえば別府は川の水にも温泉が混じっているので温度や水の成分的にホタルはあまり出ないとか(場所によっては出るみたいですが)。

いろいろと条件を満たさないと育たないし、飛ばないらしいのです。

 

というわけで、今年は先日、帰省した時に、ホタルがよく出るという場所に行ってみました。

素人のスマホ写真ではうまく撮影できない小ささですので、動画撮影にチャレンジ!

実際は小さい川の両端の草の茂みから、ふわふわと出てきて、たくさん見えていたのですが、一匹の動きを追うのが精いっぱい。

ぬかるみにはまりそうになりながら激写した中からのいくつかをご紹介。せせらぎの音や、カエルの声、途中から雨が降ったので雨音、見に来ていた家族連れの声も入っていますw

では、ホタルの光をお楽しみください♪

 

★ホタル動画★

このホタルさん、よく光って、激しく飛んでいます。大人になったホタルは二週間ほどが恋のシーズン。こうやって光って飛んでアピールしているらしいのです。
ってことは、ホタル狩りとは、婚活会場をのぞいているってことか…。静かにあたたかく見守らなくては。
ふわ~っと癒される動きのホタルさん。白くて優しく光っています。オスは強く光って飛び、メスは静かに光るという説も。これはメスなのかな。
光り方や、飛び方も個性がある気がします。あまりに早く激しく上下左右斜めに動くので撮影できないホタルたちも多かったです。
この子もリズミカルに飛んでいて楽しいです♪ あっちにもこっちにも自由に光ってダンスしているホタルがいて、飽きません。
こちらは、気が合ったのか、カップルに? ペアで飛んでいます。最初のところだけですが、ちらっと撮影できました。
あとは楽しくどこかに行ってしまい、追いきれませんでした…。
というわけで、ホタル狩りの感動、おすそわけ。機会がありましたら、見に行ってみてください。ホタルの名所は全国あちこちに。見られる時期は地域や気象条件でも違うので確認してくださいね。
さて、いまもホタルの名所があるような田舎育ち、昭和40年代に子供だった私が、当時ホタルを見たことがなかったわけ。
「8時には寝なさい!!」と親に厳しく言われて、だいたい8時には寝ていたから!!
土曜夜だけは「8時だよ、全員集合!!」を見るのを許されていましたが、それでも9時すぎ就寝。
つまり、近くの水辺でホタルがデートし始める頃には、寝ていたからでした…。チーン!!

今すぐチェック!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

PR
<前の記事

<前の記事
第403回/カネボウの人気限定「ミラノコレクション  フェースアップパウダー」で最高の美肌を目指します!…

次の記事>

次の記事>
第405回/今、本も続々出てきて、子どもから大人まで、みんなが「更新」しないと、な新常識=「同意」って知ってますか?…

この連載の最新記事

ミスチルもありがとう! SAI 2022は最高のロックフェスでした

第447回/ミスチルもありがとう! SAI 2022は最高のロックフェスでした

マスクストラップを購入して呼吸の大切さに気づく。冬の夜空の下、深呼吸のすすめ

第446回/マスクストラップを購入して呼吸の大切さに気づく。冬の夜空の下、深呼吸のすすめ

「今まで一度もクリスマス・プレゼントをあげられなかったから……」そんな親子の思いに応えるチャリティ「ブックサンタ2022」で、大好きな1冊を届けたい!

第445回/「今まで一度もクリスマス・プレゼントをあげられなかったから……」そんな親子の思いに応えるチャリティ「ブックサンタ2022」で、大好きな1冊を届けたい!

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

メイクアップ化粧品をアップサイクル絵具に。「KANEBO」の世界こどもの日に向けたアートイベントを体験してきました

敏感ケアもエイジングケア(※)もしたい! 大人の肌悩みに寄り添うスキンケアって?

PR

時を戻そう。ほうれい線をドラマティックにメイクアップ! 肌をひっぱるアプローチって何?

親の尿もれ事情って? 旅行を楽しんで欲しいから、娘からの提案

マスクをはずしたときの“見た目年齢ギャップ"を減らす「ほうれい線対策メイク」教えます。

冷えてくると「あっ! ちょいもれ!」。冬は尿もれの「ハイシーズン」なんです

今週の新着記事【ランキングトップ10】【50歳からの断捨離®道 】服を処分できない人の言い訳は「痩せたらまた着るかも」「(値段が)高かった」。関係の終わった服は昔のカレみたいなもの。新しい自分になりたければ潔く手放すべし。/他、今週の新着記事ランキング/他、今週の新着記事ランキング

大人髪のトリセツ~白髪からスタイリングまで! ヘアケアお役立ち情報まとめ~

PR

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル