OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/lifestyle/189981/

あなたをラグビーロスから救いたい!「にわかファン」もとい「つぼみさん」ありがとう! 

谷口真由美

谷口真由美

日本ラグビーフットボール協会理事・法学者・大阪大学非常勤講師・全日本おばちゃん党代表代行。TBS系「サンデーモーニング」などにレギュラー出演中。花園ラグビー場育ちで、幼少期よりラグビーに親しむ。
2012年に“庶民目線の政治”を訴えるため、Facebook上で「全日本おばちゃん党」を立ち上げる。おばちゃん目線でオッサン政治をチェックしながら、愛とシャレでツッコミを入れつつ問題提起を続けている。
一般社団法人アザレア・スポーツクラブの理事も務め、女性アスリートの環境改善、子供のスポーツ応援にも力を注ぐ。

記事一覧を見る

OurAgeのステキ女性のみなさまのなかには、ラグビーに少しご興味を、または遠くて淡い記憶がよみがえってこられた方もおられるでしょうか?ご無沙汰しております、谷口真由美です。

ラグビーワールドカップ前には、このままいってホンマに盛り上がるんかいな?という不安が巷には広がっておりましたが(谷口調べ)、おかげさまで私自身もビックリするくらいの盛り上がりとなりました。関係者の皆さま、ご興味を持ってくださったすべての皆さまお一人お一人に、お礼参りしたいくらいです。が、そんなんできるわけないので、ここでお礼を申し上げたいと思います。本当にありがとうございます!

それもこれも、日本代表の大躍進によるものが大きいですね。日本のワールドカップ史上初の予選トーナメントの全勝、そして決勝トーナメント(ベスト8)に進んだことで、今までご興味のなかった方たちも、「にわかファン」としてラグビーに目を向けてくださるようになりました。個人的には、「にわか」って「にわか」の人が自称でいうのはいいですが、それ以外の人が使うと上から目線にも聞こえるかと思うので、「つぼみさん」と呼んでいます。日本協会のマークが桜の花びらで、日本代表男子の愛称も「Brave Brossoms(ブレイブ・ブロッサムズ:勇敢な桜戦士)」で、女子代表愛称は「サクラフィフティーン」なんですよ。

各地で盛り上がったワールドカップの様子は、追ってレポートしたいと思いますが、「つぼみさん」たちから届くお声で一番多いのが、「このあとどこでラグビーが観られるの?」というものですので、今日はそのお知らせをまず。来年1月12日から、全国各地でジャパントップリーグというのが始まります。日本代表の選手だけでなく、ワールドカップで活躍する他の代表選手たちもたくさんプレーするので、それは面白くなること間違いないです。

チケットなどの購入情報は、トップリーグのサイトから知ることができます!

https://www.top-league.jp/

トップリーグの下には、トップチャレンジというリーグもあります。日程は下記のサイトでご確認ください。こちらは、無料の試合などもありますよ!

http://rugby-kansai.or.jp/topchallengeleague2019_2020

あとは、そろそろ各地で年末年始の全国高校ラグビー、通称「花園」の予選が各地ではじまっています。覚えておられますか?私の実家ですよ(笑)

いろんなところで、ラグビーもやっております。あ、そうそう、お子さんがラグビーしたいよ!ってせがまれていたり、お子さんにラグビーをさせたいわ!というママさんたちは、是非各地のラグビースクールなども覗いてみてください!

https://rugby-navi.jp/

やだー、なんかラグビーのまわしもんみたいな感じになってきた(笑)ではまた!

イラスト/村上テツヤ

<前の記事

<前の記事
第4回/「情熱がない!」ラグビーの試合で反則をとられたプレイとは?…

この連載の最新記事

あなたをラグビーロスから救いたい!「にわかファン」もとい「つぼみさん」ありがとう! 

第5回/あなたをラグビーロスから救いたい!「にわかファン」もとい「つぼみさん」ありがとう! 

「情熱がない!」ラグビーの試合で反則をとられたプレイとは?

第4回/「情熱がない!」ラグビーの試合で反則をとられたプレイとは?

ラグビー都市伝説「ウェブ・エリス」って誰やねん?

第3回/ラグビー都市伝説「ウェブ・エリス」って誰やねん?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル