OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/life/lifestyle/191439/

ムシとの遭遇

加藤紀子

加藤紀子

1973年1月30日、三重県鈴鹿市生まれ。

92年に歌手としてデビュー。幅広いメディアで大活躍するさなか、2000年より芸能界を休業し、パリへ語学留学。2002年に帰国し、芸能活動を再開。以降、テレビ、ラジオ、エッセイ執筆など多方面で活躍。2013年にTOKYO No.1 SOUL SETの川辺ヒロシ氏と結婚。

現在、TBS『ふるさとの未来』(水曜深夜0時58分~)、NHK-FM『トーキング ウィズ 松尾堂』(日曜12時15分~13 時55分)にレギュラー出演中。YouTube「加藤紀子畑チャンネル」https://www.youtube.com/c/katonorikoも配信中。

記事一覧を見る

最近、「畑で野菜を育てている」というと、近しいジェネレーションの女性から「実は私もやってみたくて!」という声を聞くことが増えてきました。

自分で育てたほうが安心して食べられたり、自分が好きな野菜を好きなだけ育てられたり(私で言うところのキャベツと白菜)、普段なかなか得られない、土を踏む感触で和めるのも魅力なのかなあ??なんて。

半年かけてじっくり見守ってきた新生姜、抜いた瞬間にショウガ独特の爽やかでツンとした香りが鼻先にふわりと漂い、絶対に美味しい!と確信!

こんなことが楽しめるのも畑ならでは。

 

収穫の喜びを味わって欲しいので「良かったらいつでも遊びに来てください!」とお相手の方にお伝えするものの、畑をするならば・・畑に来ていただくならば・・畑をやるまで気がつかなかった世界があることを言うか・・言うまいか・・。

私がお借りしている農園は、近くの競馬場から運ばれてくるワラや馬糞、落ち葉などを堆肥(たいひ)にして野菜を栽培しています。

その堆肥とは野菜を育てるために必要な栄養を土に含ませるもので、土がしっかりし、しっかりするからこそ元気な野菜となり、元気な野菜だから私たちが食べて「美味しい!」と感じることができ、私たちが美味しいと感じるのならその周りに暮らしているモノたちも食べたくなってしまうわけで・・。

 

オフィス街などでは見かけない虫がいます。様々な種類、様々なデザインの虫と出会ってしまいます。

葉の上にちょこんと可愛く乗っかる虫もいれば、葉の裏にビシーと団体で暮らす虫もいれば、葉と葉の間からヌメ〜っと出てくる虫もいて、いきなりの登場すぎて「うわあ!」と声が出たり、あまりのびっくりに逆に声を失ったり。

(ここから虫の写真が出てきますが、極力可愛いデザインの虫の写真を選んだので怖がらずおつき合いください!)

空芯菜と同じ色だからバレないでしょう!なのか、葉の上に乗っかる三匹のバッタファミリー。

アバンギャルドなデザインに目を奪われ、まじまじと眺めている最中にも順調にニンジンの葉っぱがかじられています(涙)。

うりずん豆の近くで「うりずん豆」っぽく佇んでいた青虫は“蛾”の幼虫。うりずん豆を食べているからこんな色になるのかなあ??

(こちらがそのうりずん豆。決定的にあのボディはどう見たってうりずん色)

 

畑の帰り道、車のフロントガラスを右往左往する小さな虫がいるなあ・・と手でつかんで窓から放り出したのはカメムシ!

水菜周りにいっぱいいるぞ・・と散々払ってから収穫したのに、早く外に出したくて思わず手づかみしてしまった結果、しばしの時間カメムシ臭のする指先に泣いたり、キャベツの千切りを・・と採れたてキャベツの葉を1枚づつ剥がしていくと、ミミズのようなミミズじゃないような赤く長いヌメっとしたヒモみたいな虫におののいたり(畑での遭遇時は土に返す方法で、家での遭遇時はキッチンの窓からお外へ出してさよならします)。

 

お薬を極力使わない方法で栽培しているから、時にこうした虫たちと出会ってしまうこともあり、「虫とか嫌いじゃない?怖くない?」この一言を言うべきか・・感じてもらうべきか・・・毎度迷う小さな悩み。

でも、虫との遭遇なんて一瞬のびっくりだし、それよりもやっぱり自分で育てるお野菜の魅力を共感したいので、どんどん畑女子が増えるくれると嬉しい!なんて。

青々ツヤツヤ盛り上がりをみせる冬野菜の王様、白菜。

(眺めながら虫によるかじられ箇所を確認、摘虫も忘れずに)

どんどん寒さは厳しくなるけど、冬には冬の畑の楽しみがあるのもまた♡

 

加藤紀子

公式ブログ 「加藤によだれ」 https://ameblo.jp/katonoriko/

「加藤紀子のエスプリ カフェ プラス」 http://www.ellebeau.com/electore-journal/n_kato/

 

 

 

今すぐチェック!

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

PR
<前の記事

<前の記事
第38回/私の畑作業着…

次の記事>

次の記事>
第40回/お雑煮用に蒔いた一粒の種…

この連載の最新記事

カトノリ農園、9年目の春に

第56回/カトノリ農園、9年目の春に

畑は冷蔵庫と似てる?

第55回/畑は冷蔵庫と似てる?

寒起こし(かんおこし)から始まる  畑の春

第54回/寒起こし(かんおこし)から始まる 畑の春

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル