OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/lifestyle/196672/

ホワイトブーケとおうちパフェ

末森陽子

末森陽子

フードコーディネーター、フードアナリスト。
雑誌「LEE」の「100人隊」初代メンバーにして、その後トップブロガーとなり、10年間、人気を集める。2008年より自宅にて食と花を愉しむ「おもてなし会」を開催(会員数約550名)。身近な食材を使い、ちょっとした工夫でおもてなし風に見せることが得意。現在、様々な企業やメーカーのアンバサダーとしての活動やセミナー、レシピ開発、コラム執筆などで活躍中。

記事一覧を見る

空気がきーんと張りつめる冬の季節にぴったりなホワイトブーケ。
大好きな白い花と鮮やかなグリーンを組み合わせ、シンプルで爽やかな雰囲気にまとめてみました。

メインはかすかに甘い香りが漂う大ぶりのバラ。

一本の茎に可憐な小花がたくさん咲くストックは、名脇役としてブーケにまとまりを出してくれます。

放射線状にふわりとした花が広がるレースフラワーは、可愛らしく立体感がでます。
が、時間がたつと細かな花びらが落ちてくるので、そうなったらフラワーベースから抜き、残った花たちを再度まとめなおすといいと思います。

サブにはナチュラルなハーブのミントとヒゲカヅラ、そこへポイントに松ぼっくりを合わせました。

松ぼっくりは根元にワイヤーをくるくると巻きつけ、他の花たちとバランスを合わせています。
こうすると様々な角度や好みの長さにアレンジできるのでオススメですよ。

寒さに年々弱くなってきている私ですが、この時期は花を長い期間楽しむことができるので、それはそれで嬉しかったり。
次回はどんな色のどんな花を選ぼうか・・・ぬくぬくと温かな部屋の中でそんなことを考える時間も楽しいものです。

 

さて、近頃色々なお店やカフェなどでおいしそうなパフェがあるので、おうちで作ってみました。
ちょうど娘が学校の社会科見学で訪れた合羽橋で買ってきた細長い器があったので、それを早速使ってみることに。

 

一番下にはぶどうゼリー、その上にナタデココ、生クリーム、グラノーラ、カスタードクリーム、グラスの側面にはスライスしたぶどうを貼り付け、見た目も可愛くしてみました。
クリーム類は全て手作りなので、甘さを控えめに仕上げ、食べきるまで飽きることなくいただけます。

一緒に添えたのはメレンゲの焼き菓子。
口金で絞った形が偶然犬のように見えたので、チョコペンで目と鼻を書いたらびっくりするくらい可愛く完成♪
食べるのにほんの少し躊躇しましたが、パフェと一緒においしくいただきました。

好きなものばかりをぎゅっと詰めて作るおうちパフェ、思った以上の出来上がりとなりました。

 

末森陽子

ブログ 「la fleur ラ・フルール」 http://lafleury.exblog.jp/

インスタグラム yoko_suemori

 

 

 

<前の記事

<前の記事
第67回/誕生日のブーケと12月のおもてなし…

次の記事>

次の記事>
第69回/スプレーバラの花束と週末ブランチ…

この連載の最新記事

家族からの花束と近頃の朝ごはん

第77回/家族からの花束と近頃の朝ごはん

贈りもののブーケと焼きたてパン

第76回/贈りもののブーケと焼きたてパン

オオデマリとバゲットサンド

第75回/オオデマリとバゲットサンド

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル