OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/lifestyle/196827/

スプレーバラの花束と週末ブランチ

末森陽子

末森陽子

フードコーディネーター、フードアナリスト。
雑誌「LEE」の「100人隊」初代メンバーにして、その後トップブロガーとなり、10年間、人気を集める。2008年より自宅にて食と花を愉しむ「おもてなし会」を開催(会員数約550名)。身近な食材を使い、ちょっとした工夫でおもてなし風に見せることが得意。現在、様々な企業やメーカーのアンバサダーとしての活動やセミナー、レシピ開発、コラム執筆などで活躍中。

記事一覧を見る

スプレーバラの花束をいただきました。
一本の枝にたくさんの小ぶりな花が咲くとても可愛らしい印象で、サイズは小さいながらしっかりと幾重にも重なる花が咲き、吸い込まれるほど美しいバラ。

茎が丈夫で花持ちがよく、寒い時期なら2週間ほど楽しむことができます。

花びらの斑点が鮮やかなアルストロメリアはユリズイセン属の花で、色の種類がとても豊富。
華やかな存在ですが他の様々な花との相性がよく、ブーケやフラワーアレンジに多く利用され、これからの季節はコサージュにもよく使われます。

真っ白な八重のトルコキキョウは、ひらひらとフリルのような花びらが目を引きます。
単体で飾るのも好きですが、たくさんの花の中で抜群の存在感を醸し出してくれる優秀な面も持ち合わせています。

ボリュームたっぷりの花たちはアンティーク風のブリキ缶に飾りました。
普段なかなか自分では選ばない種類の花をいただくのは嬉しいものですね。
淡いピンク色の花たちが冬の寒さを吹き飛ばすように部屋の中を彩ってくれ、温かな気持ちになりました。

さて時間に余裕のある週末、ことこと煮込んだブランチを用意しました。
鶏もも肉とキャベツをオリーブオイルでさっと炒め、豆乳、生クリーム、ハーブのディルを加え弱火で煮込みます。

塩こしょうで味を整え、ドライフルーツたっぷりのパンを添えて出来上がり。
カレー粉を少々入れてもとてもおいしいのですよ。

デザートはまんまるのチーズケーキを作りました。
市販のココアクッキーを砕いて混ぜ込んだので食感もざくざく楽しい。
こちらホットプレート付属の丸いプレート型を使って焼き上げたので、失敗なくキレイなケーキが完成します。

仕上げに粉糖をふりかけミントを飾り、今日はコーヒーを豆から挽いて煎れてみよう。
ゆったりのんびりとした週末ブランチとなりました。

 

末森陽子

ブログ 「la fleur ラ・フルール」 http://lafleury.exblog.jp/

インスタグラム yoko_suemori

 

 

今すぐチェック!

【薬用歯みがきプレゼント】歯のエネメル質を大切にすべき理由とは?

【薬用歯みがきプレゼント】歯のエネメル質を大切にすべき理由とは?

PR
<前の記事

<前の記事
第68回/ホワイトブーケとおうちパフェ…

次の記事>

次の記事>
第70回/プロテアと2月のつくりおき…

この連載の最新記事

クリスマススワッグと手作りフルーツタルト

第89回/クリスマススワッグと手作りフルーツタルト

ミッドナイトスターと11月のつくりおき

第88回/ミッドナイトスターと11月のつくりおき

贈りものの秋ブーケとスズキ料理

第87回/贈りものの秋ブーケとスズキ料理

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル