OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたします。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたします。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/life/lifestyle/227536/

空想のフィンランド旅を楽しもう!

新谷麻佐子

新谷麻佐子

あらたに・あさこ●イラストレーター&編集者。2014年にムーミンの作者トーベ・ヤンソンが暮らした島「クルーヴハル」に、友人でライターの内山さつきと1週間滞在したのをきっかけに、kukkameri(クッカメリ=フィンランド語で「花の海」の意) を結成。以後、フィンランドの小さな町や四季、暮らしと文化をテーマに取材を続けている。著書に『とっておきのフィンランド』(ダイヤモンド社)がある。http://kukkameri.com

忘れられない旅、スモークサウナ&アイススイミング

 

先月は「東京近郊でできる、秋の北欧散歩」を紹介しましたが、今月は「おうちで楽しめるフィンランド旅」を紹介したいと思います。

 

それは何かと言いますと、いつでも好きなときに、例えば、寝る前のほんのわずかな時間でも、本を開きさえすれば、あっという間にフィンランドにトリップできる一冊『フィンランドでかなえる100の夢』(ダイヤモンド社)です。

実はこの本、私が、ライター・編集者の内山さつきと、2014年から活動を続けている、ユニットkukkameriの新刊。(手前味噌ですみません!)

 

本書では、オーロラ観賞や、雪景色を駆け抜ける犬ぞりライドなど、いつかフィンランドで体験してみたいという、とっておきの旅から、ヘルシンキの隠れ家的な美術館、大統領御用達の老舗ベーカリーのような気軽に立ち寄れるお店まで、さまざまなジャンルのおすすめ体験&スポットを厳選して100個紹介しています。

 

本といっても、頭からしっかりと読んでいく必要はなく、「今日は美しいハーブ農園の世界へ」とか、「週末は時間があるので、小さな町めぐりでもしようかな?」など、気になるトピックからつまみ読みができます。どのページも写真とイラストをたっぷり掲載しているので、眺めているだけでも旅している気分になれますよ!

 

中身はこんな感じです(制作中の写真より)。

なかでも特に印象に残っているのは、2019年12月に、フィンランド北部ラップランド地方のクーサモで体験した、スモークサウナ&アイススイミング。

フィンランドのサウナは、薪サウナ、電気サウナ、スモークサウナと、数種類あって、各家庭にあるのは電気サウナが一般的です。伝統的なスモークサウナは、朝から薪をくべて、夕方になってようやく入れるというような、非常に手間のかかるもの。またサウナ室内が煤で汚れてしまうので、メンテナンスも大変です。

 

でもこうして手間ひまかけて温められた空気は、非常にまろやかで、これを一度経験すると、やみつきに!

 

熱々になった石に水をかけ、水蒸気が発生することをフィンランド語で「ロウリュ」といいますが、このロウリュによって、室内の温度が上昇。さらに、白樺の枝を束ねたヴィヒタで、体をたたくと血行がよくなります。

自分でバシバシとたたいても気持ちいいですが、横になって誰かに背中をたたいてもらうのは格別です。優しくパンパンではなく、けっこう強めにバシバシです。

 

10〜15分ほどじっくり温まったら、水着(もしくは裸!)のまま外へ。氷点下10℃を下回るキーンと冷えた外気にふれてクールダウンします。それを何度か繰り返すと体の芯からしっかりと温まり、「今だ!」という瞬間が訪れます。さあ、いよいよ氷の張った湖へゴー!

この写真を見ただけでも、寒さにふるえてしまいそうですが、諦めずに入るコツは、足を水につけたときに躊躇せずにぐんぐん入ること。

 

さすがに長くは入っていられないので、軽く犬かきのように泳いだら、湖からあがってもう一度サウナへ。でも2回、3回とサウナと湖を行き来しているうちに、血行がぐんぐんよくなっていくのがわかります。今日はこれで最後!と決めて湖に浸かった後は、もう全身ぽっかぽか。水着姿のまま、しばらくこの雪景色を眺めていられるくらいでした。

ちなみに、サウナから湖の穴へと向かうときは、素足だと足の裏が痛いので、用意されていた手編みのソックスを履いていきました。

白樺のカゴに無造作にソックスを入れているだけなのですが、うん、かわいい! こういう日常使いを見つけるたびに、白樺のカゴを買い足したくなります。

 

 

そして、さすがデザイン大国フィンランド。

バスグッズも抜かりありません。

 

これはとあるサウナのシャワールームに置かれていたシャンプー&コンディショナー。

かわいいな〜と思っていたら、それもそのはず、マリメッコの元CEO、キルスティ・パーッカネンがデザインしたものでした。

 

右の2つは、ブルーベリーの一種の「ビルベリー」入り。ベリーのシャンプーなんて、いかにもフィンランドらしいですよね。スーパーで売っているので、フィンランドに訪れたときには、おみやげにぜひ。ちょっと重いですけど。

 

 

日本でも熱烈な「サウナー」が増えていて、そういう方たちと比べると私たちはそこまで熱狂的ではないのですが、こうして気づけば、新刊『フィンランドでかなえる100の夢』では、100項目のうち9つも、フィンランド各地のお気に入りサウナプレイスをとりあげていました。それぐらい、フィンランドでの体験を語る上で、サウナは外せないものでした。

 

再びフィンランドを旅することができるようになるまで、フィンランドでサウナ&スイミング体験ができるようになるまで、まだもうしばらく待つ必要がありそうですが、いつか旅するまでの間、本で空想の旅を楽しんでいただけたらうれしいです。

 

また、日本国内にもフィンランド式サウナが増えているので、まずは日本で、フィンランド式サウナを楽しむのもありですね!

 

そして、日本で味わえるフィンランド体験といえば、ただいま、この本の発売記念の展覧会「フィンランドに行きたい気持ちを満たそう」を東京・谷中のひるねこBOOKS にて開催中です。

 

タイトルの通り、いまはフィンランドに行くことができないけど、写真とイラストでフィンランドの空気を感じてもらえたらと思い、企画しました。

 

ラップランドの樹氷、ヘルシンキのクリスマスマーケット、かわいいサンタクロースなどなど、写真もイラストも本の掲載サイズより大きいサイズで見られるので、よりフィンランドの空気を感じてもらえると思います。また、会期中の11月22日(日)、23日(月・祝)は、コラボイベントとして、フィンランドのクラフトビールや雑貨の販売もあります。ぜひこの機会にお立ち寄りください。

kukkameri展

フィンランドに行きたい気持ちを満たそう

[会期]11月14日(土)〜30日(月)*17日(火)、18日(水)、24日(火)は休み

[時間]平日12時〜20時、土日祝12時〜18時半 *21日(土)は17時まで

[会場]ひるねこBOOKS

●営業時間等、最新情報は、ひるねこBOOKSさんのTwitterをご覧ください。

https://twitter.com/hirunekobooks

 

 

新谷麻佐子さんの北欧旅連載

『今人気の田園ツーリズム。フィンランド、ラトビア、エストニアに行ってきました!』

 

 

 

 

<前の記事

<前の記事
第8回/スウェーデン菓子とノーベル賞晩餐会の紅茶を求めて…

次の記事>

次の記事>
第10回/手軽に北欧のクリスマスを取り入れよう!…

この連載の最新記事

贈りものに、北欧菓子はいかが?

第13回/贈りものに、北欧菓子はいかが?

新年は、フィンランドの花柄パターンで始めよう

第12回/新年は、フィンランドの花柄パターンで始めよう

北欧デザインのかわいい部屋に宿泊! サウナの「ロウリュ」も体験

第11回/北欧デザインのかわいい部屋に宿泊! サウナの「ロウリュ」も体験

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル