OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/lifestyle/232849/

楽しく面白く。これからの人生を前向きに/笹川直子さんの毎日YOJO①

日々の小さな積み重ねが、健やかな心と体をつくる。

 

切実ではなく、楽しみながら続けたい自分のための小さな約束。少しずつ変わっていく体に「ありがとう」と言いたくなるYOJOライフとは。
今回のYOJOライフは株式会社クィーン代表で、ヘアケアブランド、uruotte(うるおって)の開発から立ち上げまでを担当された笹川直子さん。2回にわけてご紹介します。

 

笹川直子さん Naoko Sasagawa

株式会社クィーン代表 笹川直子さん

profile

1968年生まれ。株式会社クィーン代表。ヘアケアブランド、uruotte(うるおって)の開発から立ち上げまでを担当。2005年に発売したアミノ酸シャンプーが人気ロングセラーに。髪や肌に優しく、心地よい感触や天然精油の香り、忙しくても続けられるシンプルケアの商品は美容業界でも話題。自社運営のサロン「グルニエ」での食・美容・フードなどのイベントも評判。
uruotte(うるおって)のホームページはこちら
自社運営のサロン「グルニエ」のホームページはこちら

 

 

不調や病気があっても楽しく面白く。これからの人生を前向きに

 

子どもの頃は肌が弱く、母親の方針で自然食を食べ、石鹼で髪を洗っていたという笹川直子さん。大人になってからも石鹼洗髪を続ける一方、肌をなるべく刺激しない、より使い心地のよいシャンプーを探し続け、「では自分で作ってしまおう」と自社で開発を開始。2005年にアミノ酸シャンプーを発売。

 

オーガニックホホバオイルを配合し、コンディショナー不要で1本ですみ、髪や頭皮、肌が敏感な人にも優しく、家族全員が安心して使えます。笹川さんにとっても、肌に悩みを抱える人にとっても理想のシャンプーになりました。以来、笹川さんはこれ一筋。

 

仕事、家事、子育てと多忙な日々を送る笹川さんが、“なんとなく不調”を感じたのは50歳を過ぎた頃でした。また同じ頃、17歳の頃からの目の持病がもとで白内障になり、20年3月に手術。

 

その影響で、片方の目の視力がかなり低下し、左右の目の見え方のバランスが悪くなるという事態に。

 

「閉経を境に、疲れやすさや肩こりなどの不調を感じはじめ、気分も沈みがちに。また、白内障の手術のあとの視力の低下で、特別なメガネによる矯正が必要になったり。

 

でも、そこでクヨクヨしていたら何もできなくなってしまうので、なんでも楽しむ方向に気持ちを切り替えるようにしました」

 

 

現代アートの前に立つ笹川直子さん

 

そのひとつが、20歳の頃から趣味で買い集めてきた現代アートの存在。休日はお気に入りのギャラリーをはしごするのが、何よりの楽しみだとか。

 

「最近はそれが実を結び、アートが取り持つ縁でさまざまな人と出会い、作品を購入した作家さんと一緒にお仕事もできて。気持ちを前向きに立て直すきっかけになってくれました」

 

次回は、笹川直子さんの4つのYOJOをご紹介します。

 

 

撮影/フルフォード海 ヘア&メイク/今井友子 取材・原文/向井真樹

 

 

今すぐチェック!

衣類の「ワンランク上の清潔衛生」を目指すなら! 漂白剤を使わない手はありません

衣類の「ワンランク上の清潔衛生」を目指すなら! 漂白剤を使わない手はありません

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第45回/「生涯ツヤ髪」を目標にしたヘアケアや、ランニングもずっと継続中/岸山沙代子さんの毎日YOJO②…

次の記事>

次の記事>
第47回/よく歩き、しっかり食べるのが元気の源/笹川直子さんの毎日YOJO②…

この連載の最新記事

毎晩おつまみは3品以上、器で暮らしにアートを/緒方 環さんの毎日YOJO②

第51回/毎晩おつまみは3品以上、器で暮らしにアートを/緒方 環さんの毎日YOJO②

毎朝のルーティンとオン・オフの切り替えは25年間の決まりごと/緒方 環さんの毎日YOJO①

第50回/毎朝のルーティンとオン・オフの切り替えは25年間の決まりごと/緒方 環さんの毎日YOJO①

アロマセラピスト、木綿ゆかさんの毎日YOJO②好きな香りの精油を適材適所で使ってメリハリを

第49回/アロマセラピスト、木綿ゆかさんの毎日YOJO②好きな香りの精油を適材適所で使ってメリハリを

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル