OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/lifestyle/241431/

息子からの花束と夜更けのパウンドケーキ

末森陽子

末森陽子

フードコーディネーター、フードアナリスト。
雑誌「LEE」の「100人隊」初代メンバーにして、その後トップブロガーとなり、10年間、人気を集める。2008年より自宅にて食と花を愉しむ「おもてなし会」を開催(会員数約550名)。身近な食材を使い、ちょっとした工夫でおもてなし風に見せることが得意。現在、様々な企業やメーカーのアンバサダーとしての活動やセミナー、レシピ開発、コラム執筆などで活躍中。

記事一覧を見る

ガーベラのブーケ

ホワイトデーに息子から花束をもらいました。

ここ数年、私がバレンタインデーに息子にチョコレートをあげ、そのお返しに息子が私に花をくれる・・・という流れが続いています。

 

今年はピンク系でまとめた華やかなブーケを贈ってくれました。

八重のガーベラ

中心にいくほど濃いピンク色になる鮮やかな八重のガーベラは、一輪にたっぷりの花びらが幾重にもついていて、とても豪華。

ボリュームもあり存在感抜群の主役です。

 

花言葉は「感謝」。

息子は、そんなことはつゆ知らずプレゼントしてくれたと思いますが・・・(笑)、素直に嬉しいですね。

 

ガーベラは茎がそれほど丈夫ではなく、しおれやすいので、毎日水を取り替える際に少しつずつ花ばさみでカットしてあげると、フレッシュな状態を保つことが出来ます。

ガーベラと赤いミニバラ

そんなガーベラにそっと寄り添っているのは、真っ赤なミニバラ。

普段自分では選ばないような色が新鮮で、贈られる嬉しさを存分に感じます。

ピンクのアルストロメリア

アルストロメリアは品種が50種類ほどあると言われ、このパステルピンク以外にも、赤、白、黄色、紫など様々な色があるそう。

フラワーアレンジには欠かせない名脇役ですね。

ガーベラとアルストロメリア

立派な花束だったので、メインに飾るものとは別に小分けにしたものを空き瓶に生けました。

こんな風に、こじんまりとした雰囲気もとても好きです。

 

 

花瓶に活けたガーベラとアルストロメリア

息子よありがとう。

来年もぜひ! 楽しみにしています。

そしていつか、まだ見ぬ素敵な彼女にも花束をさらりとプレゼントしてあげてね。

 

パウンドケーキ

さて先日、夜更けに甘いものが食べたくなり、パウンドケーキを焼きました。

 

常備している材料で手軽に作れるパウンドケーキは、わが家によく登場するスイーツメニューで、つぶしたバナナやほうじ茶パウダー、ドライフルーツなどを混ぜて作ることもあります。

 

この日は家にあった板チョコをざくざくと砕き、くるみと混ぜ合わせてみました。

板チョコとくるみのパウンドケーキ

部屋中に焼き上がりの甘い香りが広がり、幸せな気分♪

 

アツアツをカットして一切れだけ食べ、んー最高!

夜更けに食べるお菓子って、どうしてこんなにたまらなくおいしいのでしょう。

なんとか一切れで我慢し、残りはキッチンの片隅に置いて就寝しました。

 

するとなんということ。翌朝、楽しみに起きると、不思議なことにパウンドケーキは半分以上減っていました・・・ガーン!

食いしん坊の娘か、食べ盛りの息子か、はたまた甘いもの好きの夫が深夜にこっそり食べたのか・・・真相は未だ藪の中です(笑)。

 

末森陽子

ブログ 「la fleur ラ・フルール」 http://lafleury.exblog.jp/

インスタグラム yoko_suemori

 

 

今すぐチェック!

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

PR
<前の記事

<前の記事
第96回/わが家の庭ミモザと3月のつくりおき…

次の記事>

次の記事>
第98回/クリスマスローズの花束と春のテーブル…

この連載の最新記事

家族からの花束とわが家のバターチキンカレー

第101回/家族からの花束とわが家のバターチキンカレー

ユニクロフラワーと、いただきものの夕飯

第100回/ユニクロフラワーと、いただきものの夕飯

満開のオオデマリと春の朝食プレート

第99回/満開のオオデマリと春の朝食プレート

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル