OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/lifestyle/247710/

家族からの花束とわが家のバターチキンカレー

末森陽子

末森陽子

フードコーディネーター、フードアナリスト。
雑誌「LEE」の「100人隊」初代メンバーにして、その後トップブロガーとなり、10年間、人気を集める。2008年より自宅にて食と花を愉しむ「おもてなし会」を開催(会員数約550名)。身近な食材を使い、ちょっとした工夫でおもてなし風に見せることが得意。現在、様々な企業やメーカーのアンバサダーとしての活動やセミナー、レシピ開発、コラム執筆などで活躍中。

記事一覧を見る

バラの花束

先日、家族から「日頃の感謝を込めて」と花束をもらいました。

娘が一本一本時間をかけて選んでくれたそうで、私の好きな花がたくさん!

とても好きな雰囲気にまとまっていて、さすが母親の趣味を知り尽くしているなぁ、と感心しました。

バラの花束 マフィーユほか

淡いクリーム色のバラはマフィーユという種類で、しっかりとした花びらが特徴。

大輪の花がこの上なく美しく、うっとり。一体何枚の花びらが重なっているのだろう…と、思わずじっくり覗き込んでしまいます。

バラの花束 アヴニールほか

ピンクと紫が混ざり合うアンティークカラーのバラは、アヴニール。

ロゼット咲きの花びらが可憐で、とてもいい香りを放ちます。

 

こんなに綺麗で、いい香りまでさせてくれるバラって本当に素晴らしい。きっとこれからもずっと好きな花なのだろうなあ…と確信できます。

ガーベラ ボレロディヴィディヴィ

ぽってりとしたガーベラはボレロディヴィディヴィ。

舌がもつれてしまいそうな名前ですが(笑)、八重の花びらがボリューミーで可愛い!

ホワイトから中心にいくほどグリーンがかった花は、爽やかさの中にキュートな印象もあり、とても気に入りました。

バラとガーベラのアレンジメント

他にもクリスマスローズやグリーンの葉物などを上手に組み合わせてくれ、今年も素敵な花束をありがとう。

これからも仕事に家事に…色々がんばりまーす♪

バターチキンカレーの食卓

さてわが家で人気のメニュー、バターチキンカレーを作りました。

前日から鶏肉をカレー粉とヨーグルトに漬け込み、柔らかくしておくのがポイント。そして翌日、じっくり炒めた飴色玉ねぎと合わせ、コトコト煮込みます。

 

スパイスはその時の気分にもよりますが、クミン、コリアンダー、ターメリック、パプリカパウダー、シナモンなどを加え、そのつど味見! 仕上げに生クリームとバターを入れて完成です。

 

毎回決して同じ味には仕上がらないのですが(笑)、そんなところも、おうちカレーの魅力。

バターチキンカレー

自家製のピクルスや紫キャベツラペと一緒に盛り付ければ、見た目にも華やかで、おいしそうな色が食欲をそそります。

手作りのラッシーと一緒にいただきました。

インディアンカレーパウダー

愛用しているインディアンカレーパウダーはそれほど辛くなく、スパイシーな香りが楽しめ、おすすめ。

 

お鍋いっぱいに作ったバターチキンカレー、たくさんの「おかわり!」をもらい、あっという間に売り切れとなりました。

 

ごちそうさま。

 

末森陽子

ブログ 「la fleur ラ・フルール」 http://lafleury.exblog.jp/

インスタグラム yoko_suemori

 

 

 

今すぐチェック!

筋トレしても効果が出ない!50代の「筋肉育て」に必要な“Eルチン”とは?

筋トレしても効果が出ない!50代の「筋肉育て」に必要な“Eルチン”とは?

PR
<前の記事

<前の記事
第100回/ユニクロフラワーと、いただきものの夕飯…

次の記事>

次の記事>
第102回/カシワバアジサイと自家製アイスクリーム…

この連載の最新記事

満開の紫陽花と今年の梅仕事

第103回/満開の紫陽花と今年の梅仕事

カシワバアジサイと自家製アイスクリーム

第102回/カシワバアジサイと自家製アイスクリーム

家族からの花束とわが家のバターチキンカレー

第101回/家族からの花束とわが家のバターチキンカレー

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル