HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/life/lifestyle/266981/

私たちが片づけられない理由とは?/禅寺の住職が解く(前)

「片づけよう」という気持ちはあるし、ノウハウも知っているはずなのに、なかなか実行に移せないまま、月日だけが過ぎていく…。そんな私たちの背中を押してくれるのが、禅の教え。大人になった今だからこそ、心に染みる禅の教えに耳を傾け、今度こそ「片づけられる人」に! まずは読者アンケートで、実態を把握します。

 

部屋の乱れは心の乱れ
禅禅に学ぶ、片づけの極意

 

お話を伺ったのは

枡野俊明住職

枡野俊明住職
Shunmyo Masuno

1953年生まれ。曹洞宗徳雄山建功寺(とくゆうざんけんこうじ)住職。庭園デザイナーとして国内外で活躍し、多摩美術大学環境デザイン学科教授も務める。『片づける禅の作法』(河出文庫)、『限りなくシンプルに、豊かに暮らす』(PHP文庫)など著書多数

 

OurAgeアンケートより
終活としての片づけ、今後どうしたい?

2021年4月1日~5月6日実施のOurAgeアンケートに1184人が回答。「片づけ」への関心の高さがうかがえます。

終活としての片づけ、今後どうしたい? アンケート

  • A 今のうちに少しずつ整理処分を始めたい
  • B まだ整理できないがいつか始めたい
  • C やらねばと思うが、面倒でやりたくない
  • D すでに整理を始めている
  • E すでに片づいている

 

「いらないと感じる」のはどんなもの?

「いらないと感じる」のはどんなもの?

(回答者1184人の平均年齢は48.5歳。上の質問は複数回答)

 

 

私たちが片づけられない理由とは?

「思い出が詰まっているから」「もったいない」「面倒くさい」が片づけのブレーキになっていませんか?

曹洞宗徳雄山建功寺 枡野俊明住職

曹洞宗徳雄山建功寺 枡野俊明住職

 

●読者の声

 

思い出の品、好きだった服寂しくなってしまって捨てられません。(48歳・会社員)

 

親からの形見分け、自分の趣味のアイテムなど、とにかく物が多い。どこから手をつければいいか、途方に暮れています。(53歳・会社員)

 

3年前に片づけのプロの力を借りて、大片づけを決行。しかし、しっかりリバウンド。片づけの極意を学んだはずなのに(泣)。(50歳・自由業)

 

衣服や靴、アクセサリー…またいつか、はやるかもと思うと躊躇。(48歳・専業主婦)

 

亡夫の遺品の片づけがはかどりません。大事にしていたものを捨てたら、夫が悲しむと思うと捨てられなくて…。(58歳・会社員)

 

来客用の高価な食器…ほとんど出番がないのに「いつか必要になるかも」「高かったから」と捨てられません。思いきって処分できる、前向きなひと言をお願いします。(57歳・自由業)

 

「片づけなくちゃ」といつも思うけれど、「まとまった休みがとれたときに」とか「大掃除のついでに」と、あれこれ理由をつけて先延ばしに。それがもう数年続いている(汗)。(45歳・自営業)

 

 

曹洞宗徳雄山建功寺

曹洞宗徳雄山建功寺

神奈川県横浜市鶴見区馬場1-2-1

※毎週日曜7時~8時坐禅会を開催(現在休止中。再開についてはHPで確認を)

■ホームページはこちらから

 

 

撮影/福知彰子 グラフ作成/ビーワークス 取材・原文/村上早苗

 

 

今すぐチェック!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

PR
次の記事>

次の記事>
第2回/片づけの目的は「豊かな人生を築く」こと/禅寺の住職が説く(後)…

この連載の最新記事

無心で体を動かす。それが、修行になる/禅に学ぶ「片づけ」の心得

第9回/無心で体を動かす。それが、修行になる/禅に学ぶ「片づけ」の心得

片づけは自分で行わないと身につかない/禅に学ぶ「片づけ」の心得

第8回/片づけは自分で行わないと身につかない/禅に学ぶ「片づけ」の心得

ものを所有する「我欲」を捨てる/禅に学ぶ「片づけ」の心得

第7回/ものを所有する「我欲」を捨てる/禅に学ぶ「片づけ」の心得

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル