HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/life/lifestyle/267609/

柔軟な発想で物の命を大事にする/禅に学ぶ「片づけ」の心得

固定観念に縛られず、柔らかく、しなやかな心で生きるという禅の教え「柔軟心(にゅうなんしん)」という言葉から、物の命を大事にする心得を、曹洞宗徳雄山建功寺(とくゆうざんけんこうじ)住職の枡野俊明さんに教えていただきました。

 

部屋の乱れは心の乱れ
禅禅に学ぶ、片づけの極意

 

柔軟心

禅の教え 柔軟心
こうでなければいけないという固定観念に縛られず、柔らかく、しなやかな心で生きる。それが、豊かに生きることにつながります。

 

<心得>
柔軟な発想で物の命を大事にする

手放そうと決めたものの、いざとなると、「とても気に入っていたのに」とか「思い出深い品だから」などと、躊躇してしまう場合もあるでしょう。

 

すべての物は、縁あってやってきた物。ですから、「大切にしたい」という気持ち自体は、すばらしいと思います。

 

ただし、クローゼットや押し入れの奥底に眠らせたまま、何年も使っていないとしたら、それは、“物の命”を生かしていないということ。それこそ、もったいないと思いませんか?

曹洞宗徳雄山建功寺 枡野俊明住職

曹洞宗徳雄山建功寺 枡野俊明住職

 

手放す=捨てることではありません。まずは、本来の用途では使わない物を、別の用途で活用できないかを考えてみましょう。客用にとしまい込んでいたグラスを花瓶として使ったり、古い服をリメイクしてバッグにしたり。柔軟な発想で、他の物に見立ててみるのです。

 

それが難しければ、必要な人に譲るのも一案です。リサイクルショップやフリマアプリなど、便利なシステムがいろいろあるでしょうから、上手に活用してください。

 

そうやって、物に新たな命を吹き込んでやることが、縁あってやってきた物を大切にすることだと思います。ゴミとして捨てるのは、最後の手段です。

 

 

教えていただいたのは

枡野俊明住職

枡野俊明住職
Shunmyo Masuno

1953年生まれ。曹洞宗徳雄山建功寺(とくゆうざんけんこうじ)住職。庭園デザイナーとして国内外で活躍し、多摩美術大学環境デザイン学科教授も務める。『片づける禅の作法』(河出文庫)、『限りなくシンプルに、豊かに暮らす』(PHP文庫)など著書多数

 

曹洞宗徳雄山建功寺

曹洞宗徳雄山建功寺

神奈川県横浜市鶴見区馬場1-2-1

※毎週日曜7時~8時坐禅会を開催(現在休止中。再開についてはHPで確認を)

■ホームページはこちらから

 

 

撮影/福知彰子 取材・原文/村上早苗

 

 

今すぐチェック!

40、50代女性の美容と健康に欠かせないビタミンC。噂の医師監修サプリメントが頼れる理由

40、50代女性の美容と健康に欠かせないビタミンC。噂の医師監修サプリメントが頼れる理由

PR
<前の記事

<前の記事
第5回/ひとつ手放すことで、心に変化が生まれる/禅に学ぶ「片づけ」の心得…

次の記事>

次の記事>
第7回/ものを所有する「我欲」を捨てる/禅に学ぶ「片づけ」の心得…

この連載の最新記事

無心で体を動かす。それが、修行になる/禅に学ぶ「片づけ」の心得

第9回/無心で体を動かす。それが、修行になる/禅に学ぶ「片づけ」の心得

片づけは自分で行わないと身につかない/禅に学ぶ「片づけ」の心得

第8回/片づけは自分で行わないと身につかない/禅に学ぶ「片づけ」の心得

ものを所有する「我欲」を捨てる/禅に学ぶ「片づけ」の心得

第7回/ものを所有する「我欲」を捨てる/禅に学ぶ「片づけ」の心得

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル