OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

HAPPY PLUS

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/lifestyle/269922/

今年もめぐみいっぱいの畑で

加藤紀子

加藤紀子

1973年1月30日、三重県鈴鹿市生まれ。

92年に歌手としてデビュー。幅広いメディアで大活躍するさなか、2000年より芸能界を休業し、パリへ語学留学。2002年に帰国し、芸能活動を再開。以降、テレビ、ラジオ、エッセイ執筆など多方面で活躍。2013年にTOKYO No.1 SOUL SETの川辺ヒロシ氏と結婚。

現在、TBS『ふるさとの未来』(水曜深夜0時58分~)、NHK-FM『トーキング ウィズ 松尾堂』(日曜12時15分~13 時55分)にレギュラー出演中。YouTube「加藤紀子畑チャンネル」https://www.youtube.com/c/katonorikoも配信中。

記事一覧を見る

「やっぱり菊っぽいお花を咲かせるんだねー!」と、菊芋のお花を見て喜んだ9月中旬。

枯れた枝が横たわっているのも、美しくないね・・と取材直前に目印となる一本の枝だけ残した、菊芋エリア。
(今年はテレビや雑誌など、”野菜作り”や“持続可能な物作り”に関した取材を沢山していただきました)

 

血糖値の上昇を抑制したり、またはダイエットにもその成分の効果があるといわれる菊芋は、生でもチップスでもスープにしても美味しく、
(結局「おいしい!」といっぱい食べるので、ダイエットにつながるかどうかは謎・・)
今年も楽しみに育み、いよいよ収穫だ!と張り切った12月の初め。

 

この日は鹿児島に住むお友達が遊びにきてくれ、畑メイトさんと三人、力を合わせ、まずは目印の枝を撤収。

そこから芋を傷つけないよう、ゆっくりとスコップを土の中に入れて掘り起こし・・掘り起こし・・・掘り起こすも菊芋、姿現さず。

 

「無いはずはないよ、だって今、根っこと繋がっていた目印の下を掘ってるし!」

 

辺りを掘るも、姿見えず。
根から離れたところに実がなってるのかも?
もっと深いところに眠っているのかも?
どこだどこだと、掘り起こしてもどこにも確認出来ず、見つからず・・・。

 

とはいえ、この謎が解決しないまま新年は迎えたくないので、明日行く畑で、今一度しっかり探し当て、手伝ってくれた鹿児島のお友達にもプレゼントできたら・・と思います。

 

(こちらは去年採れたフランス菊芋。これが採れるはずだったのになあ・・)

 

その後の畑にて改めて掘り直し、見つけ出せなかった結果、少し前に枝が枯れた時、「芋に十分な水分が届いた」と認識していたのが、実は土の中の芋がなんらかの原因で腐り、枝が枯れてしまったのでは・・ということに。

生き物を育てるというのは、時に予想だにしない結果にたどり着く場合もあるという事実、久しぶりに思い出しました。

次回はこの経験を生かし、無事の収穫を願いたいと思います。

 

 

変化や我慢が目まぐるしく訪れた2021年も、驚いたり馴染んだりしているうちに、終わりを迎えました。

 

これまで私にとって「好きでやってます、畑!」と、楽しいばかりを感じていた畑への意識が、この一年の様々なことによって「行かなくてはならない場所」と思うほど、土に触れる時間、野菜を愛でる時間、「畑がある事」に心が何度も救われたように思います。

 

「次来たときに、ヨボヨボになっていたら辛いから、その前に撤収しちゃおう」なんて、自分のスケジュールの都合で優先することが多かった作業に対し、
「まだ実が付いてるし、さよならするのもねえ・・・」
焦ることなくじっくり向き合えたのも、この期間だからこそ出来た事。

 

夏前に苗付けをしたトマトは、露地栽培ながら11月の終わりまで赤く実をつけ驚かせてくれました。
(温暖化の影響じゃないことを願います)

 

まもなく始まる2022年には、心配なニュースが減り、誰にとっても、ひたすらに穏やかで明るい時間が沢山流れますよう、心から願います。

 

この一年も「「畑からこんにちは」にお付き合いいただき、本当にありがとうございました。

どなた様も良き年末、そして実りある素晴らしき新年をお迎えくださいませ!

(夫撮影による、収穫したインゲンを手に嬉しさが溢れる2021、秋)

 

 

加藤紀子

YouTube 「加藤紀子畑チャンネル」 https://www.youtube.com/c/katonoriko

公式ブログ 「加藤によだれ」 https://ameblo.jp/katonoriko/

「加藤紀子のエスプリ カフェ プラス」 http://www.ellebeau.com/electore-journal/n_kato/

 

今すぐチェック!

日常の中で、資源を『もったいない』と思う意識が生んだ、化粧品ボトルの水平リサイクルって?

日常の中で、資源を『もったいない』と思う意識が生んだ、化粧品ボトルの水平リサイクルって?

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第62回/畑の真ん中で、触れて食べたのは!…

次の記事>

次の記事>
第64回/白菜鍋までの道…

この連載の最新記事

春の畑で大根の種を

第66回/春の畑で大根の種を

新たな年齢、目指す先は

第65回/新たな年齢、目指す先は

白菜鍋までの道

第64回/白菜鍋までの道

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル