OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたします。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたします。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/life/more/221767/

今週の新着記事【ランキングトップ10】<インタビュー>風吹ジュンさんがニノとブッキーの素敵なお母さんに!

10月1週目に公開された記事をランキング形式でご紹介します!40~50代の気になる“美と健康”のトピックスがここに。読み逃していた方も、読んだ方も、ぜひチェックしてみてくださいね。

■1位 風吹ジュンさんがニノとブッキーの素敵なお母さんに!(インタビュー/前編)

 

風吹ジュンさんが、とびきりチャーミングでカッコイイ母親役を演じているのが、10月2日に公開される注目の映画『浅田家!』。

 

風吹ジュンさんがニノとブッキーの素敵なお母さんに!(インタビュー/前編)

 

■2位 実は強い!風吹ジュンさんの、筋力と食生活(インタビュー/後編)

小柄で華奢な体型に、スイートな笑顔。風吹ジュンさんはデビュー以来ずっと、いくつになっても「かわいい」という形容詞が似合う女優さんだ。

 

実は強い!風吹ジュンさんの、筋力と食生活(インタビュー/後編)

 

 

■3位 疲れが取れないのは細胞が息切れしてるせい!?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

Dr.negoro_ill

「呼吸」でみなさんがイメージするのは、息によって肺の中の空気を出し入れする「肺呼吸」だと思いますが、細胞レベルでも呼吸が行われています。

 

疲れが取れないのは細胞が息切れしてるせい!?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

 

「ハーバード大学Dr.根来の体内向上プロジェクト」の連載一覧はこちら

 

■4位 両親に教えたい!部分入れ歯が5分で洗浄できる画期的な商品が出ましたよ

実家に帰ると、洗面所のコップの中に部分入れ歯が。母が寝る前に入れ歯を洗浄しているお馴染みの光景です。

 

両親に教えたい!部分入れ歯が5分で洗浄できる画期的な商品が出ましたよ

 

「新製品発表会リポート」の連載一覧はこちら

 

■5位 マスク刺激に悩む人気料理家が始めた「新習慣」は?

明治TU_photo

マスクによる摩擦や蒸れの刺激に悩まされている料理研究家の野口真紀さんが始めた、マスクストレスを解消する“新ルーティン”とは?

 

マスク刺激に悩む人気料理家が始めた「新習慣」は?

 

■6位 黒田知永子さんの心地よいおしゃれと暮らしを拝見!

お嬢さんと猫2匹(ごま、むぎ)、犬1匹(とろろ)と暮らす黒田さん。ステイホーム中は“涅槃像(ねはんぞう)のように”ソファで映画三昧の日々を過ごしたそう。

 

黒田知永子さんの心地よいおしゃれと暮らしを拝見!

 

「黒田知永子さん 今、心地よいスタイル」の連載一覧はこちら

 

■7位 自分の才能があるところをみつけられた人は幸せ/ 一条ゆかり

一条連載_ill

マンガ家の萩尾望都さんとは、ともに1949年生まれで同じ年なんですけれど、私、デビューした頃、萩尾さんの作品が大好きだったんですね。漫画のすべてから文学の香りがしてくるでしょう?

 

自分の才能があるところをみつけられた人は幸せ/ 一条ゆかり

 

「一条ゆかりの今週を乗り切る一言」の連載一覧はこちら

 

■8位 40~50代、“マスク枯れ”した秋の肌に、今こそ必要な栄養素って?

美容の達人TU_photo

“例年にはない夏”を経験し、新しい季節を迎えた今、“秋バテ肌”を感じる女性、多数!?OurAge世代がこの時季を乗り切って、イキイキした肌を作るには、どうすればいい?

 

40~50代、“マスク枯れ”した秋の肌に、今こそ必要な栄養素って?

 

■9位 調査で発覚!「大人のうねり髪」から年齢を推測されていた!?/ 俵 紀子(たわら のりこ)

先日、30~50代の女性400名を対象に「女性の見た目に関する調査」を行った結果、「他人のどこをみて年齢を想像しますか」という質問に、「髪」と回答した人が72.5%も!

 

調査で発覚!「大人のうねり髪」から年齢を推測されていた!?

 

「簡単! おでかけ前の女史美容 by 花王」の連載一覧はこちら

 

■10位 の視線が集まりがちなそばかすや肝斑は、リキッドタイプでつるんとさせて/タイプ別コンシーラーテクニック②

小鼻から目尻にかけ、頰に広範囲に広がるそばかすや肝斑。人の視線が集まりがちな部位だけに、実は美肌印象もここで決まってしまうそうです。

人の視線が集まりがちなそばかすや肝斑は、リキッドタイプでつるんとさせて/タイプ別コンシーラーテクニック②

 

「「しみ予防・改善」で目指せ−10歳!」の連載一覧はこちら

 

今週のトップ10記事、いかがでしたか?

OurAgeでは新しい記事を毎日更新中!どんな記事があるのか、ぜひ見てみてくださいね!

<前の記事

<前の記事
第14回/今週の新着記事【ランキングトップ10】“家が散らかっているのに片づける気になれない”、そんなときはコレ!…

次の記事>

次の記事>
第16回/今週の新着記事【ランキングトップ10】2021年の水晶玉子先生推し開運色はあの色!…

この連載の最新記事

今週の新着記事【ランキングトップ10】新型コロナにかかりやすく&重症化しやすい人の共通点って?

第33回/今週の新着記事【ランキングトップ10】新型コロナにかかりやすく&重症化しやすい人の共通点って?

今週の新着記事【ランキングトップ10】ダイエットをスタートして2カ月。ある日体が変わっていた

第32回/今週の新着記事【ランキングトップ10】ダイエットをスタートして2カ月。ある日体が変わっていた

今週の新着記事【ランキングトップ10】「サラダ」より「スープ」が100倍強力なワケは?

第31回/今週の新着記事【ランキングトップ10】「サラダ」より「スープ」が100倍強力なワケは?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル