HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/life/more/285492/

紫外線から目と肌を守り、しかもスタイリッシュ!「サイクリスト用サングラス」の優秀さを、ご存知ですか?

松浦まみ

松浦まみ

1964年生まれ。サイクリスト/ハチドリ運動家/知食講座「PHILOSOFOOD」主宰、フリーランスPR。大学卒業後に渡仏、映像制作の世界へ。結婚してパリと東京の二拠点生活となり、出産・育児を経たのち仕事に復帰。ラグジュアリーホテルの広報、ウェルネスプログラムの開発、食の教室、自転車イベントのプロデュース、選手のマネジメントなど「好きなことしか仕事にしない」をモットーに事に仕える。

ウェブサイトhttps://philosofood.jp

Instagramアカウントはmami matsuura

こんにちは! 自転車に恋する女、松浦まみです。

新緑の季節に入った時期から街には堰を切ったように人が溢れ、ようやく活気が戻ってきましたね。多くの人が2年間も閉じこもりっぱなしだったのですから、皆さん明るい表情をしています。

 

私も早速、自転車と一緒に、街に出ています!

 

意識しなくても、深呼吸したくなる! 梅雨空も多い季節だからこそ、晴れ間を存分に味わいたいもの

 

新鮮な空気と光は、健康にはとても大切なこと。

「そろそろ屋外ではマスクを外しましょう」という方向に潮目も変わりましたよね。正しい呼吸のためにはこれが本当に大切でした。適度な日光に当たること、肋骨が広がるくらい深い呼吸をすることは、健康でいるための基本中の基本です。

 

暑くなりすぎない今のうちに、ウォーキングでもテラスでランチでも何でもいいので、まずはアウトドアライフを思いきり楽しみましょう!

 

数あるスポーツ用サングラスの中でもイチオシ、それが実は、サイクリスト用!

でもこの時期、紫外線にはやはりご用心。今の時期も、紫外線量は年間のピークに近い多さです。

肌もですが、同時に目もしっかり守りましょう。帽子だけは紫外線は防げません、紫外線カット機能を備えたサングラスは必携。角膜にダメージを与えるのは勿論のこと、目から入った紫外線を脳が感知して体内のメラニン色素を増やすので肌の日焼けにもつながります。

 

今からサングラスを購入される方に私がイチオシするのが、スポーツ用サングラスです。

紫外線から目を守ることに加えて、どんな過酷な条件のもとでも目に負担をかけずクリアな視界を確保するため、最先端の技術が集約されているのがスポーツサングラスなのです。

 

でも、ただでさえ鼻にノーズパッドの跡が残るのが気になるお年頃の私達にとって、選ぶ際の重要なポイントは機能より軽さ。それに、普段使いにデザイン的にスポーツ用ははちょっと…

とお思いのそこのアナタ。

そんなアナタにこそぜひ、サイクリスト用のサングラスをお勧めしたい!

 

私が愛用しているサイクリング用のサングラスをご覧に入れましょう。

 

 

POC「ASPIRE Tortoise Brown」

 

これはPOCというスウェーデンのブランドのサングラス。

「最新の技術を使用し、全力を尽くして重大事故からアスリートを守ること」を最大のミッションとしてヘルメットやゴーグルなどの高品質な製品を開発しているブランドです。

 

ハイテクギアなのに、お洒落でしょう?

私はサイクリング時だけではなく、普段のお出かけにも、これ一辺倒です。

 

セレブご愛用のデカサングラスに引けを取らないビッグサイズ、控えめながらカーブがついているので横から入る光もしっかり遮断します。

直射日光下ではミラー仕様になりますが、日陰では薄いアンバーカラーで目が透けて見えるので怖い人になりません。

フレームとテンプルがべっ甲柄なのも洗練されていてポイント高し。

 

 

野球選手やマラソン選手がサングラスをしている姿をよく目にはしますが、競技中にアイウェアを必須とするスポーツは、スキーやスノボなどのウインタースポーツと、自転車などスピードを競う競技くらいなもの。

ウインタースポーツ用のごっついゴーグルはさすがに普段使いにはならないけれど、自転車用のサングラスはそれらとは逆の、華奢なルックス。競技の特性として培われた、軽量化の技術が生かされています。

 

かけていることを忘れるくらい気にならないこと、どんなに激しく動いてもズレないこと、落としても容易に壊れない頑丈な作りであること(以前はブランド物のサングラスを沢山持っていましたが、見事に全て壊れました…)、これら全てを備えているのが、自転車用のサングラスなのです。

 

 

 

日陰でのレンズの透け感。普段の服装でも全く違和感なし! 光が当たるとミラーレンズに。目をしっかり守ってくれます。

 

POCではスポーツライン以外にライフスタイルラインもあり、高品質はそのままに使いやすいデザインが揃っていてお勧めです。同じようにライフスタイルラインを発表しているアメリカのブランド「SMITH」もお勧めです。

 

 

最愛の自分ヴィンテージは、「サイクリスト用なのに女優サングラス!」な一本

 

そして、私が数年間愛してやまなかったサングラスは、こちら。サイクリングウェアの最高峰と言われるASSOS OF SWITZERLAND社のサングラスです。上のクリアレンズは夜間用で、下のゴールド×ブラックが日中用。

 

ASSOS OF SWITZERLAND「ZEGHO」シリーズ

 

この世のサングラスの中ではおそらく最軽量ではないでしょうか。レンズはカメラのレンズで有名なカール・ツァイス製、一点ずつハンドメイドのイタリア製。どうです、技術もデザインもパーフェクト。

 

あまりに好きすぎて合計4個も持っていましたが、2個はカフェのテーブルの上に置いていたら持っていかれました…それほど人を惹きつけるデザインということで自分を納得させました(泣)

残念ながらこのモデルは生産終了になってしまいましたが、これを超えるサングラスにいまだ出会っていません。

 

平たい顔族でもバカンス中のハリウッド女優に変身の図(言い過ぎか?笑)

 

なぜかサイクリングギアにはこのように突出して優れたアイテムが多いのです。特に、夏の日常の必需品でもあるサングラスは、サイクリストだけに占領させておくのはもったない! というわけで、お気に入りの快適サングラスを見つけて、これからの季節を健康的に屋外で過ごしましょう!

 

今すぐチェック!

【お悩み募集】高尾美穂先生が更年期のメンタル悩みに、MyAge秋冬号でお答えします!

【お悩み募集】高尾美穂先生が更年期のメンタル悩みに、MyAge秋冬号でお答えします!

<前の記事

<前の記事
第7回/コロナ時代もサイクリストはおうちで世界を走る!…

この連載の最新記事

紫外線から目と肌を守り、しかもスタイリッシュ!「サイクリスト用サングラス」の優秀さを、ご存知ですか?

第8回/紫外線から目と肌を守り、しかもスタイリッシュ!「サイクリスト用サングラス」の優秀さを、ご存知ですか?

コロナ時代もサイクリストはおうちで世界を走る!

第7回/コロナ時代もサイクリストはおうちで世界を走る!

憧れを現実に ——ツール・ド・フランスへ、再びの挑戦が気づかせてくれたこと

第6回/憧れを現実に ——ツール・ド・フランスへ、再びの挑戦が気づかせてくれたこと

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル