OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/report/188701/

11月1日(金)オープンの渋谷スクランブルスクエアで、大人におすすめの場所は?

「出口を間違えると大変なことに」「まるで迷路」などと言われるようになった東京・渋谷駅。これは100年に1度(!)と言われる大規模な再開発が進められているためで、今はまだ「すごく便利」になるまでの途中経過の段階なんですよね。

11月1日(金)、そんな渋谷が大きく前進! いよいよ、駅直結・直上の新たなランドマーク「渋谷スクランブルスクエア」がオープンしました。ひと足お先に実施された内覧会で、特に気になったスポットをピックアップしてご紹介します。

日本初出店の美味に注目!

渋谷スクランブルスクエアは地上47階建ての大規模複合施設。まずは東横線や東京メトロ、渋谷ヒカリエと直結するB2Fから。B2F〜1Fまでの3フロアがフードフロアになっています。

渋谷スクランブルスクエア3

ハワイ発のヴィーガンカフェがDELI専門店「Peace Cafe Hawaii」として初上陸。日本人が選ぶハワイのカフェランキングで1位を獲得したりと、現地でも大人気のお店です。

写真は、メイン+サイド+サラダ+黒米orキヌアをお好みでチョイス出来る「カスタマイズ デリプレート」(¥1,059〜)。イチ押しのメイン「ヴィーガンロコモコ」の目玉焼きは豆腐が原料、食べ応えのあるベジバーグやデミグラスソースもコクがあって、ヴィーガンとは思えない味わいです。
※価格は税込み、以下同

渋谷スクランブルスクエア4

「キナコラテ」や「ミックスベリースムージー」などのドリンクも。

渋谷スクランブルスクエア5

こちらは、パリの2つ星レストランの総料理長が監修するベーカリー「ティエリー マルクス ラ ブーランジェリー」。上写真右側のロゴに描かれている横顔は、下写真のご本人、ティエリー・マルクス氏です。

渋谷スクランブルスクエア6

タイミング良く、ティエリー・マルクス氏によるデモンストレーションが始まりました!

渋谷スクランブルスクエア7

カットしていたのは「ブレッドマキ サンジェルマン」(¥1,026)。マルクス氏は親日家だそうで、日本の巻き寿司をヒントにしたロールサンドです。柔らかな食感のブレッドにチーズの芳香な香り、ハムの旨みがマッチしています。パリでも人気メニューだそうですよ。

渋谷スクランブルスクエア2

こちらは1Fで、パリ7区のパティスリー「MORI YOSHIDA PARIS」が初上陸。写真はドレープのように絞られたクレームモンブランが美しすぎる「モンブラン」(¥918)。すでに問い合わせが殺到しているとのことなので、争奪戦かもしれませんね。

集英社 FLAG SHOPが4階に!

2Fから9Fまで(6Fはビューティフロア)がファッションフロア。カジュアルからハイブランドまで多彩なお店が揃う中、4Fの「HAPPY PLUS」にもぜひ!

渋谷スクランブルスクエア8

集英社FLAG SHOPと連動したお店で、428-224(シブヤ224)内にブースを構えています。扱っているのはデザイナーズブランドに特化したECサイト「mirabella」と連動したセレクトアイテムが6割、集英社の雑誌、LEEやMarisol、éclatなどの企画と連動したアイテムが4割。

渋谷スクランブルスクエア9

FLAG SHOPで予約販売中の人気アイテムの試着用サンプルなども用意しています。また、店頭に在庫がないアイテムもこの売り場で決済・自宅へ配送する手続きを行うサービスも。

渋谷スクランブルスクエア10

店内に設置された55型の大型スクリーンではSPUR.JPの編集コンテンツやコーディネート情報などを配信。また、店舗奥には集英社の各ファッション誌の創刊号などを展示するブースもあります。ぜひ、立ち寄ってみてくださいね。

360°のパノラマビューも見逃せない!

10〜11Fはライフスタイル雑貨のフロアで、12〜13Fがレストランフロア。14Fには展示ギャラリー(11/24まではチコちゃんがシブヤをナビゲートするイベントを実施)などのほか、展望施設「SHIBUYA SKY」への入り口が!

渋谷スクランブルスクエア11

渋谷スクランブルスクエアは高さ約230mと渋谷最高峰。この屋上から、360°のパノラマビューが楽しめるんです。チケット(大人WEBチケット¥1,800/当日窓口チケット¥2,000)を購入したら、専用エレベーターで一気に45Fまで。エレベーター内も天面映像や音響で期待感を盛り上げてくれます。

渋谷スクランブルスクエア12

ジャ〜ン!  ルーフトップです。目の前には、代々木公園に東京スカイツリー®、東京タワー、遠くには富士山まで!

渋谷スクランブルスクエア13

絶景に圧倒されながら、さらにエスカレーターで上に。

渋谷スクランブルスクエア14

渋谷スクランブルスクエア15

解放感たっぷりの屋上展望空間にはこんなシートも用意されています。日没後には18台のサーチライトが天空を彩る「CROSSING LIGHT」の演出が実施され、昼とは全く違う景色が堪能できます。

また、46Fは雨の日でも絶景が楽しめる屋内展望回廊になっており、コーヒーやお酒、軽食を提供するレトロモダンなミュージックバー「Paradise Lounge」も。

 

生まれ変わりつつある渋谷からますます目が離せなくなりそうです。

「渋谷スクランブルスクエア」公式サイト

 

取材・文/佐藤素美

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル