OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/travel/191356/

若さを保つ大豆の魅力を凝縮した多彩な「ゆば」料理 「京ゆば処 静家 西陣店」

小原誉子

小原誉子

「京都観光おもてなし大使」&旅ライター
アナウンサー、テレビ番組プロデューサーなどを
経て、集英社「エクラ」などのライターに。
2011年より京都在住。
京都など、日本の文化・観光情報を伝える
人気ブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」を
毎日更新中

記事一覧を見る

京ゆば処 静家 西陣店

 

若さを保つ食材として注目される大豆。納豆、豆腐、きなこ、豆乳など、さまざまな料理で積極的に食生活に取り入れたいもの。さて京都では、昔からよく食べられているものに「ゆば」があります。これは大豆を圧搾して作られた豆乳をじっくり熱し、その表面にできた薄い膜を引き上げて作ります。大豆以外のものが一切含まれていない、まさに大豆の美味しさとパワーを堪能できる食材です。

 

でも、東京に暮らしていた私は、乾燥したゆばを使った料理しか食べたことがありませんでした。「京都では、生のゆばがあるんですね~」と、初めて醤油をかけてお造りでいただいた生ゆばの美味しさは、私の知るゆばのイメージを払拭する感激をもたらしました。豆腐や納豆よりも繊細な生ゆばは、鮮度が命。冷蔵運搬ができなかった時代には、東京で口にする機会が少なかったよう。忘れられない生ゆばの美味しさを求め、京都の町を歩きました。

そこで訪れたのが、西陣の今出川通から大宮通を南に少し進んだところにある、ゆば料理の専門店「京ゆば処 静家(せいけ) 西陣店」です。明治初期に糸問屋として建てられた本格京町家は「京都を彩る建物や庭園」に認定され、その当時の面影を今に伝えるりっぱな構え。

通された座敷は、奥の庭に面し、品格漂う床の間など、趣向を凝らした設えにも、この家の繁栄が読み取れます。こんな素敵な雰囲気で過ごせるだけでも、感激。

座敷の大きなテーブルに運ばれる品々は、すべて京ゆばを使った料理。まさにゆば三昧のご膳です。そもそもこの店は、京都の北、美山に本店があり、そこで作られたゆばが、毎日届けられます。

西陣店の女将である中田智子さんは、創業者のお嬢様。「はじめは京都市内で作っていたんですが、より空気と水が美味しい自然豊かな美山で作るようになりました」と。ティーンエイジのお子さんがいらっしゃるとは思えない若々しさ。スベスベなお肌に見惚れてしまいます。やはり大豆の効果かも…と思わずにはいられない美しさです。

 

 

こちらの品々は、すべて国産の厳選された大豆のみを使用。さらに季節の移り変わりなどにより、大豆を独自にブレンドなさり、ゆばの元になる豆乳を作ります。「ゆばは、本当にデリケートな食材で、豆乳の具合や汲み上げ方で食感や味わいが異なります」とのこと。ここでは、美山の工房で熟練した職人さんが、1枚1枚丁寧に汲み上げるゆばが食膳を彩ります。

テーブルに並ぶさまざまなゆば料理は、それぞれの料理にふさわしいゆばが選ばれているのだそう。からし醤油やごまだれなどを付けたり、またお造りやステーキなどと、味わい方もいろいろで飽きることがありません。

 

特に幅広い年齢層に人気なのは、「ゆばステーキ」。バターと米油でこんがりと香ばしく焼きあげるゆばは、表面がこんがりと・・・胡麻味噌だれか醤油だれでいただきます。

あたりに漂う香ばしい匂い…焼き上がるのが待ち遠しい一品。

 

お昼は、全9品の「ゆば尽くし膳」4598円をはじめ、数量限定の「京ゆば御膳」3500円など、京ゆばの魅力が堪能できるもの。店内には、おみやげにもなる品々も種類豊富に揃っています。

また、店の一角には、ゆばの品々や豆乳プリンなどが並び、持ち帰りや冷蔵宅配などで、上質のゆばの味わいを自宅でも楽しめます。

贈答品としても人気の品々です。

 

 

体にやさしく、若々しさを導くゆば料理。京都に旅したからこそ味わえるものといえます。「もっとゆばを食べて、若々しいお肌を手に入れたい…」と、女将の肌を見ては、思わずにはいられません。

 

 

 

京ゆば処 静家 西陣店

京都市上京区大宮通今出川下ル薬師町234

☎ 075‐468‐8487 11:00~19:00LO

定休日:水曜

http://www.seike-yuba.com

 

 

小原誉子

ブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」

http://blog.goo.ne.jp/mimoron/

<前の記事

<前の記事
第110回/有職雛人形司がつくるお誂えの雛人形 「京ひな人形  西陣たくみ人形」…

次の記事>

次の記事>
第112回/京美人が好む滋養豊富な鰻、地元に愛される「うなぎのおぜき」…

この連載の最新記事

自然の甘味に舌鼓。昔ながらの芋屋さんの焼き芋  「いなりのいもや こにしいも」

第113回/自然の甘味に舌鼓。昔ながらの芋屋さんの焼き芋 「いなりのいもや こにしいも」

京美人が好む滋養豊富な鰻、地元に愛される「うなぎのおぜき」

第112回/京美人が好む滋養豊富な鰻、地元に愛される「うなぎのおぜき」

若さを保つ大豆の魅力を凝縮した多彩な「ゆば」料理 「京ゆば処 静家 西陣店」

第111回/若さを保つ大豆の魅力を凝縮した多彩な「ゆば」料理 「京ゆば処 静家 西陣店」

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル