OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/travel/198762/

半年島をクローズして蘇った海が美しい、スパと食が充実のサスティナブルリゾート、シャングリ・ラ ボラカイ

くみくみ

くみくみ

OurAge姉妹メディア、美と健康に特化した季刊誌myAgeで、スパ、ホテル、温泉、旅なども担当。

プライベートでも隙あらば国内外を旅していて、スパ、温泉、リゾートとともに、美味しい食とお酒を求めてどこでも行く派。

記事一覧を見る

実はリゾートや温泉、飲食の旅も、大好きですが、海のきれいなリゾートのサンセットのマジックアワーが大好物。そんな私が、聞きつけたのは

「ドゥテルテ大統領の一声で、半年間完全に島をクローズ、リゾートも閉めて海を蘇らせたボラカイ島が美しい!」 というお話。

世界屈指の白砂が長く続くことで有名な、あのボラカイが! それは行かねば!!

ということでひとっ飛びしてきました。

マニラまでは、4時間、沖縄とさほど変わりません。そこから小さな飛行機で1時間弱。着いた隣の島から船で島に渡ります。

 

 

噂に違わぬ美しい海! 光で刻々と色を変えていくのがまた素敵です!

ここは、シャングリ・ラ ボラカイ リゾート&スパ。長く続くホワイトサンドビーチの先端にある、プライベートビーチに面したリゾートです。

フィリピンでは、シャングリ・ラのステイタスが高いのですが、その中でも最高峰とされているこちら。ボラカイに泊まるなら、ここがお勧めです。

 

なぜなら。

島に渡るのに、他のリゾートだと乗り合い船で南端の港に着くので、一番きれいな白砂浜の北、ブロック1のリゾートまでは、けっこうな時間、バスで揺られて行くことになるそう。

でも、シャングリ・ラであれば、空港にお迎えが来て、専用車でホテルのラウンジに行き、そこからホテルのスピードボートでものの15分で白浜の北端にあるホテル桟橋に到着。もろもろ含めると、移動にかなり差がつくとのこと。

 

 

 

これは部屋からの風景ですが、右の丸い屋根のある桟橋にボートが泊まっているのがわかりますか? ここにスピードボートが着くのです。

 

 

ゴージャスなヴィラもいいけど、海と空、マジックアワーを部屋から眺めるなら、メイン棟の最上階、630番台後半のシービューのお部屋も最高にいい感じです。ベランダには、テーブルとチェアが2脚に、ペアカウチもあって、ここでゴロゴロしながら、というのも気持ちいいのです。

 

目の前は、ヤシと空と海と砂浜だけ! しかもプライベートビーチには、ほとんど人がいなくて静か!!

 

 

お散歩すると、インフィニティプールが! これは先の方が深くなっているので、小さな子供は来ません。

先端まで泳いでいくと、見えるのは青い海だけ。

ひとりでプールに浮いて、ぼーーっとしてしまいます。左奥にはジャグジーと、オープンエアのトリートメントベッドが、カップル仕様で2台あり。

 

 

もちろん広いプールも。プールの周りには、芝生と砂浜があり、カウチや、デッキチェア、ガゼボなどがいろいろ置かれていて、思い思いの場所で寛げます。

 

そして、プライベート感あふれるインフィニティプールの脇を上っていくと。。。

 

 

Sirenaシーフードレストランと向かいのbarの脇に、人気のソファーバーが。

サンセットをここで見る人たちも多いとか。

 

 

もちろん、誰もいない浜辺でのサンセットのマジックアワーも素敵です!

 

そして、気になるレストランはというと。

 

これは、Rima メディテラニアン ツリートップ ダイニング。

ここにはレストランが3つと、プールサイドに、ピザ窯やアイスクリームバーがある軽めのレストラン&バーが。

先ほど書いたシーフードレストランには、awardを取ったシェフがいるそうですが、各レストランが、どこもはずれなく、クオリティが高くてびっくり!

朝食の場所でもある、Vintana アジアンカフェがまた、タイ、フィリピン、インド、ちょっと和な要素もあったりして、セレクションが楽しいメニューでした。朝食もとても充実しているけれど、ランチに通って、各国料理を制覇したほど、一品一品がいい塩梅の仕上がりなのです。

 

Vintanaのタイ料理。海老もぷりぷり。どの国の料理も品よく、味付けもそれぞれに決まっていて、いろんな国のシェフがいるのかしらと思ったほど。

 

シーフードレストランは、例えばマッドクラブなども、実がしっかり入っていて火入れもぴったり、チリの甘辛の効かせ方も絶妙で、恐れ入りました。

向かいにあるbarにはクラフトラムがたくさん、スパイスを使ったラムカクテルのレシピが絶妙で、飲んだことのない美味しさに、もう1種類、試してしまったり。

 

島の上の方にあるツリートップダイニングも、リゾットはばっちりアルデンテ、他のお料理も、魚介の味わいなどもバランスよくて、好感度大です。

 

 

そんな中で、実はきゅうりのジントニックが、すごく美味しすぎて驚き!!

すっきりと軽やかで澄んでいて、喉越し抜群! 珍しく何度もオーダーしたほど。

 

もちろんストローは、ペーパー。お部屋の水もガラス瓶を使用。

プラスチックの使用の削減と共に、自然保護も徹底、観光客の数も制限し、ウォータースポーツも場所や人数をコントロールしているのだそう。

環境に気を遣うことに対して、サスティナビリティリゾートとして、地域のリーダーシップをとる意識で行っているとのこと。

 

で、スパはというと!

スパの正面に回る前に、ちらりと建物が。

左の緑から橋が延びているのが正面ドアへの入口。

 

プールとジャグジーを囲むように、トリートメントルームのヴィラが建っています。

とてもゆったりした造り。

ベテランのセラピストがいたりして、ほんとにトリートメントを受けると、この国にはマッサージが向いている手の人が多いと実感します。

けっこう習得が大変なビオロジックルシュルシュから、地元のハーブとオイルまで、扱っているコスメティクスも多彩。これだけでも実力派が揃っているのがわかります。

 

本館に戻って、こんなバーバーやネイルサロンがあるシックさもなんか素敵です。

 

あとは少し、ゆったりヴィラを最後にご紹介。

これは高台にあるツリーハウスヴィラ。

他にも、プールヴィラ、部屋にインフィニティプールのあるオーシャンヴィラなど、ベッドルームが2~3室ある部屋は、ファミリーや仲間で泊まるのもよさそう。

 

時々刻々と移る海と空の色がほんとうに美しく、白砂がサラサラのプライベートビーチが独占状態だったりする、ボラカイ シャングリ・ラ。

心も体もほぐれていく気持ちになれます。

 

 

Shangri-la’s Boracay Resort&Spa

Barangay Yapak, Boracay Island, Malay, Aklan 5608 Philippines

 

 

 

 

<前の記事

<前の記事
第6回/フーディー注目!宮古島の新ぬちぐすいレストラン「エタデスプリ」の『琉球ガストロノミー』とは??…

次の記事>

次の記事>
第8回/三ツ星ながら密やかな、京都の隠れ家ホテル「MOGANA」でスタイリッシュ ステイ!…

この連載の最新記事

三ツ星ながら密やかな、京都の隠れ家ホテル「MOGANA」でスタイリッシュ ステイ!

第8回/三ツ星ながら密やかな、京都の隠れ家ホテル「MOGANA」でスタイリッシュ ステイ!

半年島をクローズして蘇った海が美しい、スパと食が充実のサスティナブルリゾート、シャングリ・ラ ボラカイ

第7回/半年島をクローズして蘇った海が美しい、スパと食が充実のサスティナブルリゾート、シャングリ・ラ ボラカイ

フーディー注目!宮古島の新ぬちぐすいレストラン「エタデスプリ」の『琉球ガストロノミー』とは??

第6回/フーディー注目!宮古島の新ぬちぐすいレストラン「エタデスプリ」の『琉球ガストロノミー』とは??

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル