HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/life/travel/206481/

STAY HOME のセルフケアのヒント :メディカルリゾート「ザ・ファーム」からの便り

小野アムスデン道子

小野アムスデン道子

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、旅の楽しみ方を中心としたフリーランス・ライターへ。
旅と食や文化、アートなどライフスタイルについての執筆や編集、翻訳多数。
日本旅行作家協会会員。
OurAgeインタビュー/人生がちょっと変わるような「気づきの旅」を届けたいはこちら

記事一覧を見る

STAY HOME の今こそ実践したい、

セルフケアのヒント
メディカルリゾート「ザ・ファーム」からの便り

 

私のOurAge連載第1回でご紹介した「ザ・ファーム(・アット・サンベニート)。フィリピンのマニラ郊外にある緑に囲まれたメディカルリゾートで、医師による血液診断をふまえ、スパやヨガなどホリスティックプログラム、そして栄養士と*リビングフードのシェフによる体によい食事の提供でトータルに健康の改善を目指すリゾートです。
*オーガニック、グルテンフリーのベジタリンフード

2020年4月20日現在、新型コロナの感染拡大防止のため、フィリピンは日本も含むビザ免除対象国からの入国を停止していますが、「ザ・ファーム」のマリアン・アロンゾ医学博士よりeメールで生活アドバイスが送られてきました。

自宅でもできるセルフケアのヒントがいっぱいあるので、抄訳してシェアしたいと思います。

 

【寝る前と起きた時】

■夜寝る前に、自分が理想とする生活や人生をイメージしてみてください。
そこから得られる感覚が、寝ている間の自分の波動につながります。

■ 朝起きたら、夜寝る前の感覚を思い出してみてください。
そしてシーツやベッド、枕の心地よさを感じながらゆっくりと身体を伸ばします。気持ちのよさをネックレスのように首周りにまとい、細胞に伝える感じで。

■温かい塩水でうがいをしてみましょう。

■温かい水を飲みましょう。

一緒に乳酸菌やビフィズス菌(ヨーグルトやケフィアなどに含まれる)といったプロバイオティクス(善玉菌)をとるのもお勧めです。

■祈りや瞑想、気功や太極拳などに取り組みましょう。
瞑想や祈りは、オンラインで視聴できるガイダンスなどを利用するとよいでしょう。ウジャイ呼吸(鼻から吸って、喉の奥から音を出して息を吐く胸式呼吸)を最低3~5分行うだけでも、喉だけでなく身体全体にエネルギーがゆきわたります。
気功や太極拳もネットでやり方を見ることができます。これらの流れるような動きは癒しになり、身体に生物学的なリズムを取り戻すことができます。
さらに声帯エクササイズが出来れば、鼻やのどの通りを良くしてくれます。
また、歌うことでより波動を高めることができます。

 

 

【お昼間に】

■ヨガ・エクササイズまたは有酸素運動など、30~45分程度の軽い運動または適度な運動を習慣にしましょう。

体内の循環を促し、ストレスを緩和してくれます。子供の頃や学生時代のヒット曲に合わせてダンスするのもお勧めです。運動をしばらくしていない人は、ゆっくり始めてください。

ヨガも、オンラインのクラスがいくつもあります。

■本を読みましょう。

心配や怖れによる低い波動に影響されないように、自分の世界を作る手助けになります。希望を失い、絶望的になる前に、外の世界から自分を切り離せるようになります。

■楽しみながら家の掃除、整理整頓、庭の手入れをしてみましょう。

■スクリーンを見る時間を減らしましょう。
スマホなどのブルーライトはメラトニンを抑制してしまうので質の良い睡眠がとれません。
また、現代人のビタミンD不足はスマホやパソコンの使用が増えたために、太陽の光をあまり浴びなくなってことが原因なのかもしれません。日光浴をしましょう。外出せずに、窓辺に立つだけでよいのです。

■新しいことを学びましょう
例えばピアノなどの楽器や絵画、陶芸、編み物などもあります。全て、オンラインで始められます。

 

【食事について】

■ヘルシーな料理を作りましょう。
抗菌作用が期待できて、免疫力を高めるのによいニンニクや生姜などのハーブを使ったカレーや砂糖なしのジンジャーティーなどもおすすめです。
抗酸化作用の高い食品をとりましょう。体内のフリーラジカル化を抑制できます。ビタミンCだけでなく抗酸化作用のあるビタミンA、ビタミンE、亜鉛をとることで身体の抗炎症作用と免疫力向上につながります。植物ベースの食材のであればナッツ、豆類、タネ類(パンプキンシード、チアシード、ヒマワリの種など)です。また、善玉菌が含まれる食品や発酵食品もとりましょう。

 

■とにかく水分をしっかり摂ってください。

1日当たり8~10杯ほどが目安です。

 

 

全てベーシックな生活指針ですが、私が「ザ・ファーム」に滞在していた時は、これらを守って過ごしていて、体調が生き生きと生き返ったように感じられました。「ザ・ファーム」では、ゲスト一人一人にドクターの診断に基づく改善プログラムや食事のアドバイスをしてくれますが、この生活指針はウェルネスの基本です。
この時期には、Stay Homeで健康的に過ごして免疫力を下げないことが基本。大切なことが散りばめられているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

※英語になりますが、ヨガや瞑想、呼吸法のやり方は、The Farm の Facebookでも紹介されています。

 

取材協力/
ザ・ファーム(・アット・サンベニート) The Farm (at San Benito)
https://www.je-web.net/thefarm/

今すぐチェック!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

PR
<前の記事

<前の記事
第116回/STAY HOME な今、思いをはせたいホテルの香りストーリー…

次の記事>

次の記事>
第118回/世界一幸福な国からも学ぶ、STAY HOME 自粛生活の楽しみ方…

この連載の最新記事

大人になった娘と母子でゆとり旅@「ハレクラニ沖縄」で三線体験♪

第145回/大人になった娘と母子でゆとり旅@「ハレクラニ沖縄」で三線体験♪

大人になった娘と母子でゆとり旅@「 ザ・リッツ・カールトン沖縄 」のビーチピクニック♪

第144回/大人になった娘と母子でゆとり旅@「 ザ・リッツ・カールトン沖縄 」のビーチピクニック♪

大人になった娘と母子でゆとり旅@「星のや沖縄 」♪

第143回/大人になった娘と母子でゆとり旅@「星のや沖縄 」♪

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

時を戻そう。ほうれい線をドラマティックにメイクアップ! 肌をひっぱるアプローチって何?

親の尿もれ事情って? 旅行を楽しんで欲しいから、娘からの提案

マスクをはずしたときの“見た目年齢ギャップ"を減らす「ほうれい線対策メイク」教えます。

敏感ケアもエイジングケア(※)もしたい! 大人の肌悩みに寄り添うスキンケアって?

PR

脂肪とお腹が気になってきたら! これだけ! 5カ条プログラム

PR

冷えてくると「あっ! ちょいもれ!」。冬は尿もれの「ハイシーズン」なんです

【動画】身近な事からSDGsに貢献しませんか? 今、「つめかえ」が進化しています。

歩く習慣がミトコンドリアを増やして免疫機能を高めます/根来秀行教授「免疫機能は歩いて高める①」

根来秀行根来秀行

今週の新着記事【ランキングトップ10】更年期、疲れがとれない、太る、眠れないなら「甲状腺」を疑って/他、今週の新着記事ランキング/他、今週の新着記事ランキング

大人髪のトリセツ~白髪からスタイリングまで! ヘアケアお役立ち情報まとめ~

PR

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル