OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/travel/211139/

【レシピ付き】 免疫力を高める3つのハーブ&スパイス/トップリゾートのウェルネス専門家がおすすめ!②

板倉由未子(いたくらゆみこ)

板倉由未子(いたくらゆみこ)

トラベル&スパジャーナリスト

出版社の編集者を経て現職に。世界を巡り、ライフスタイル誌、ウェブなどラグジュアリーメディアを中心に、各地に息づく文化、美、食、健康をテーマに、五感に響く企画を手掛ける。世界中のウェルネスの専門家との交流も広い。また、イタリアと料理をこよなく愛し、イタリア各州の人々と食を取材した『イタリアマンマのレシピ』(世界文化社刊)を構成&執筆。旅、癒し、健康、イタリアなどをテーマにしたイベントのナビゲーターや各プロジェクトのアドバイザーも務める。https://www.yumikoitakura.com/

世界中がコロナと共存しながら生きる道を模索する昨今。ウェルネスやサスティナビリティにこだわりのあるサービスを提供する「シックスセンシズ」の専門家たちに、今、日々の生活の中で心がけたいことを、世界中のウェルネスリトリートを体験取材し続けている、トラベル&スパジャーナリストの板倉由未子さんがリモート取材しました。

 

こんにちは。トラベル&スパジャーナリストの板倉由未子です。“ウィズコロナ”で過ごす新しい生活が始まりましたが、みなさん、お元気ですか? 前回に引き続き、「シックスセンシズ」のウェルネスの専門家に、今、美と健康のために行いたいことを、リモート取材しました。近い将来、リゾートを訪れる日を心待ちにしながら、心身をケアしていきましょう!

 

 

 

第2回目は、「シックスセンシズ」の飲食哲学である「Eat with Six Senses」を立ち上げたディレクター、セリア・ラムさんに、この時期積極的に取り入れたいハーブ&スパイスについて伺いました。

 

古来、アーユルヴェーダ、ネイティブアメリカンの儀式、伝統的な中国医学を始め、人間はハーブやスパイスを食事などに取り入れながら、心身を治療してきました。

「抗炎症作用があるハーブやスパイスを毎日の食事に加えることは、臓器を保護し、エネルギーを高め、防御システムを低下させるフリーラジカルを排除するのをサポートしてくれます。これから挙げる3つは特に大切なので、活用アイデアレシピとともにご紹介します。

できればフレッシュかつオーガニックなものを使用するのがベストです。ひとつ注意することは、ハーブやスパイスは薬と相互作用したり、特定の健康状態では禁忌であったりするので、持病を抱えている方は、事前にかかりつけ医などに相談してください」とセリアさん。

 

 

ローズマリー

前日の疲れが残っている朝に、ローズマリーの香りを嗅ぐと、すっきり目覚めることができます。 ローズマリーには筋肉を緩める効果があり、血行を促進してくれるのです。 また、脳の働きの向上をサポートし、記憶力もアップ。さらに、気分を爽快にしてくれます。

 

 

【レシピ】

ローストパイナップル

材料:

パイナップル 1個

ローズマリー 3~5枝(1本15cmくらいのもの5cmくらいに切っておく)

オリーブオイル 適量

海塩 適量

 

作り方:

1 パイナップルの皮をむき、3 cm四方くらいの食べやすい大きさに切ります。

2 中央に竹串を使って穴をあけ、 そこにローズマリーを串のように通します。

3  天板にクッキングペーパーかホイルを敷いて2を並べ、オリーブオイルを全体にさっとかけて、海塩をふりかけます。

4 約220度で予熱しておいたオーブンに3を入れ、15〜20分間、カラメル色になるまでローストして完成。途中で裏返して、両面の色を揃えます。

 

 

その他アイデア(材料の分量はお好みで):

ローズマリーソルト 塩とローズマリーをブレンドし、さつまいものハッシュドポテト、ポーチドエッグ、アボカドのスライスなどにかけます。

ローズマリーオイル オリーブオイルにローズマリーを入れて漬けておき、ローストした野菜や魚、マッシュルームのソテーにかけます。

 

 

 

セージ

ミントの仲間であるセージの香りは、古来、室内に漂うマイナスのエネルギーを取り除くのに使用されてきました。衰弱した脳や意識回復を促す効果があります。また、セージのエッセンシャルオイルは、記憶力と認知機能を高めるといわれています。

 

 

【レシピ】

セージウォーター

材料:

ろ過した水 2リットル

ブラックベリー(ブルーベリーやラズベリーでも可) 1カップ

セージ 3枝

 

作り方:

1 ブラックベリーとセージを洗います。

2 ピッチャーに1を入れ、水を入れて混ぜて。

3  ピッチャーに蓋をして、冷蔵庫で10〜12時間冷やして出来上がり。

 

 

その他アイデア(材料の分量はお好みで):

セージ風味のロースト 魚またはやチキンにセージをふりかけ、オーブンでロースト。

セージドレッシング 酢にセージを入れて漬けておき、サラダにかけます。

セージペースト ハチミツにセージを入れて漬けておき、パンなどに塗ります。

 

 

ターメリック(秋ウコン)

植物の世界で、最も強力な抗炎症性食品のひとつ。ターメリックの根にはクルクミンと呼ばれる化合物が含まれていて、アルツハイマー病につながる可能性のある脳内の炎症や歯垢の蓄積を防いでくれます。黒胡椒も一緒に使うと、クルクミンの体内への吸収を助けてくれるといわれています。

 

 

【レシピ】

ターメリックラッシー 

材料:

全脂肪のヨーグルト125 g

冷凍バナナ(ブツ切) 75 g

秋ウコンのすりおろし(なければオーガニックな秋ウコンパウダー)2.5g

ショウガのすりおろし1.5g

レモンの絞り汁15 ml

生蜂蜜5ml

バニラエッセンス 小さじ1/8

海塩 適量

氷 4個

 

作り方:

1 氷以外の材料をブレンダーに入れ、滑らかになるまでブレンドします。

2  1に氷を加え、さらに攪拌して出来上がり。

 

 

その他アイデア(材料の分量はお好みで):

ターメリックカリフラワー 食べやすい大きさにカリフラワーを切り、オイルをフライパンに入れ、ターメリック、塩、黒コショウで炒めながら風味付けします。

 

 

 

 

Eat with Six Senses、「シックスセンシズ」の食に対する考え方は、よりよい食哲学をもつことから、スタートしています。食材がどこから来たのかを知ること、食品ラベルを読むこと、信頼できるオーガニック農園の産物を利用すること、そして、実際にその食材で料理をしてみることです。

提供する料理は、地元で持続可能な方法で栽培された、新鮮かつオーガニックな食材を使用するのが原則。シックスセンシズは生産者と協力して、プラスチック製の食品包装をなくすことに重点を置いています。

また、多くの施設には、リゾートの敷地内に、オーガニックガーデンやフリーレンジの養鶏場があります。ゲストは、その活動の様子を見学することができるので安心です。

 

 

 

私も、「シックスセンシズ ヤオノイ」の養鶏場で、オーガニックの餌を食べ、運動し、ジャズを聴きながらストレスフリーで過ごす鶏たちが生んだばかりの卵を採りに行きました。それをレストランへ持っていって、「ホワイトオムレツ」を作ってもらったのです。そのふわふわで弾力のある食感とハーブの元気になるパワフルな香りは、今も忘れられません!

 

 

 

次回は、引き続き、セリア・ラムさんに、免疫力を高めるのに必要な睡眠をサポートする3大栄養素について伺います。お楽しみに!

 

 

 

DATA

Six Senses

シックスセンシズ

HP(英語)

日本での問い合わせ先/シックスセンシズ 宿泊予約 ℡0120-92-1324

それ以外のお問合せjapan@sixsenses.com

 

<前の記事

<前の記事
第1回/【ビューティレシピ付き】効果的な髪と肌のホームケア/トップリゾートのウェルネス専門家がおすすめ!① …

次の記事>

次の記事>
第3回/「睡眠を促す」3大栄養素/トップリゾートのウェルネス専門家がおすすめ!③…

この連載の最新記事

「睡眠を促す」3大栄養素/トップリゾートのウェルネス専門家がおすすめ!③

第3回/「睡眠を促す」3大栄養素/トップリゾートのウェルネス専門家がおすすめ!③

【レシピ付き】 免疫力を高める3つのハーブ&スパイス/トップリゾートのウェルネス専門家がおすすめ!②

第2回/【レシピ付き】 免疫力を高める3つのハーブ&スパイス/トップリゾートのウェルネス専門家がおすすめ!②

【ビューティレシピ付き】効果的な髪と肌のホームケア/トップリゾートのウェルネス専門家がおすすめ!① 

第1回/【ビューティレシピ付き】効果的な髪と肌のホームケア/トップリゾートのウェルネス専門家がおすすめ!① 

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル