OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/weekly-encouragement/201976/

人は成長するためには「先生」が必要です/一条ゆかり

一条ゆかり

一条ゆかり

いちじょう・ゆかり 漫画家。「デザイナー」「有閑倶楽部」「プライド」など、OurAge世代なら誰もが夢中になったヒット作多数。大酒豪、愛煙家など破天荒な伝説あまたあれど、現在は家庭菜園でトマトを育てるなど、いたって健康的な日々。この連載では先生の数多くの名言から、特にOurAge世代向けの言葉をピックアップ。込められた”愛とムチ”の意味を、解説いただきます!

記事一覧を見る

「遠目」と「近目」と、私はよく言ったりしますけど、遠目というのは、人生の目標のようなもの。近目というのは、半年とか1年とか、わりと近々の目標のこと。人生で成功するには、この二つを持っていることが大事です。

 

遠くばかり見て、夢ばかり語っているようでは進歩がないから、近場の目標が大事だし、近くばかり見ていると、今日、明日の生活に追われて、目標がどんどんずれていったりします。

 

それをちゃんと修正できるかどうかが成功する鍵になるのですが、このとき、将来、あんなふうになりたいと思っている「先生」や自分の先を行く優秀な「先輩」がいると、ブレた軌道を修正しやすいんですね。

 

私の場合、水野英子先生ですね。私より10歳くらい上ですけど、女性マンガ家の草分け的存在で、作品が大好きでした。あんなふうになりたい、あんな作品が描きたいって、子どもの頃からの憧れでした。

 

ちなみに手塚治虫先生は、先生というより、大学の学長。寺子屋からマンガの大学を作ってくれて、ありがとうございます!! みたいな感じかしら(笑)。

 

「先生」の存在は、若いときだけでなく、年をとっても必要です。まだ人生の可能性を信じて、右往左往している人をよくみかけますが、「あんな風に年をとりたい」とか、「俳句の先生のような句を作りたい」という目標となる「先生」がいることで、人生のライフプランニングはより具体化するし、ブレずに済みます。ぜひあなたの「先生」を探してみてください!!

一条連載_ill

 

 

 

プライド」文庫1巻P308

 

取材・文/佐藤裕美

今すぐチェック!

衣類の「ワンランク上の清潔衛生」を目指すなら! 漂白剤を使わない手はありません

衣類の「ワンランク上の清潔衛生」を目指すなら! 漂白剤を使わない手はありません

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第30回/人は幸せになる道具は貸してくれるけれど、幸せにはしてくれない。幸せは自分でなるしかないんです/一条ゆかり…

次の記事>

次の記事>
第32回/不倫男の「妻と別れる」は、「妻と別れたいくらいキミが好き」という意味です/一条ゆかり…

この連載の最新記事

腐った鯛はイヤ!!腐った鯛なら、新鮮なサンマがいい/一条ゆかり

第104回/腐った鯛はイヤ!!腐った鯛なら、新鮮なサンマがいい/一条ゆかり

一生、不良をやるには、一に健康!二に健康!!/一条ゆかり

第103回/一生、不良をやるには、一に健康!二に健康!!/一条ゆかり

恋愛の土壇場で踏ん張れるかどうかは、相手が尊敬出来るモノを 持っているかどうかで決まる。 尊敬のない恋愛関係は、簡単に捨てられる/一条ゆかり

第102回/恋愛の土壇場で踏ん張れるかどうかは、相手が尊敬出来るモノを 持っているかどうかで決まる。 尊敬のない恋愛関係は、簡単に捨てられる/一条ゆかり

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル