ラナンキュラスと筍料理

プロフィール写真

フードコーディネーター、フードアナリスト。
雑誌「LEE」の「100人隊」初代メンバーにして、その後トップブロガーとなり、10年間、人気を集める。2008年より自宅にて食と花を愉しむ「おもてなし会」を開催(会員数約500名)。身近な食材を使い、ちょっとした工夫でおもてなし風に見せることが得意。現在、様々な企業やメーカーのアンバサダーとしての活動やセミナー、レシピ開発、コラム執筆などで活躍中。

末森陽子 0413 (22786

4~5月が最盛期のラナンキュラス。
花びらが幾重にも重なり、つぼみから満開に変わる様を存分に楽しめ色も豊富なのでこの季節よく手にとる花です。
葉の形がカエルの足に似ていることからラテン語の「rana (カエル)」 を取って名づけれられたそうですよ。
とてもかわいらしい花なのになんだか名前の由来が面白いですよね。

末森陽子 0413 (16991
お祝い事が多い春、贈りものとして花をアレンジする機会が増えます。

バラ、オオニソガラムなどと合わせアレンジしワックスペーパーでくしゅっと包み、知人へ贈りました。
白い花とグリーンの葉もの、そしてオレンジと緑が混ざり合ったようなラナンキュラスが爽やかな印象になったかな・・・と思います。

末森陽子 0413 (16941

末森陽子 0413 (16952

赤紫のラナンキュラスをガーベラ、カーネーションと合わせたアレンジ。
ところどころに葉ものを取り入れ、可愛らしくナチュラルな雰囲気にまとめてみました。
アレンジメントの魅力は切り花よりも長い期間楽しめるところ。
給水スポンジを使ったアレンジ方法はおいおいコラムで紹介しますね。

末森陽子 0413 (23116

末森陽子 0413 (18219

ラナンキュラスは茎が細くとてもデリケートな花なので、もし折れてしまうことがあれば思い切って短くカットして飾るのもいいかもしれません。
ジャムの空き瓶や小瓶にコンパクトに生けたり、一輪挿しにさしたり。
花びらにボリュームがあるので数本でも素敵な存在感をかもしだしてくれます。

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top