オオデマリと娘のお弁当

プロフィール写真

フードコーディネーター、フードアナリスト。
雑誌「LEE」の「100人隊」初代メンバーにして、その後トップブロガーとなり、10年間、人気を集める。2008年より自宅にて食と花を愉しむ「おもてなし会」を開催(会員数約500名)。身近な食材を使い、ちょっとした工夫でおもてなし風に見せることが得意。現在、様々な企業やメーカーのアンバサダーとしての活動やセミナー、レシピ開発、コラム執筆などで活躍中。

末森陽子 0515 P1020500

庭にオオデマリが咲きました。
一本の枝に数えきれないほどたくさんの花が咲き、様々な種類の植物で庭が賑わう少し前に、初夏を彩ってくれる可憐なオオデマリ。
花言葉は「優雅なたしなみ」「華やかな恋」。
女性らしい感じで素敵ですよね。

 

末森陽子 0515 P1020497

わが家では約8年ほど前に地植えにしたのですが、どんどん成長し、今はかなりのスペースを占めるようになりました。
極端に乾燥しなければ降雨だけでも大丈夫で、病害虫もほとんど心配なく、とても育てやすい花です。
ただ基本は庭での地植えがよく、屋内や鉢で育てるのは難しいようです。

 

末森陽子 0515 P1020499

剪定に関しては、場所があるようでしたらあまりせずに、自然のままの姿の方が花付きがよくなります。
咲き始めの淡いグリーンから日を経て真っ白に変化していく様は圧巻!
一日一日少しずつ色が変わっていく様子を見るのはとても楽しいです。

 

末森陽子 0515 DSC_341576

オオデマリとクリスマスローズをガラスベースに。
オオデマリは生き生きとした葉もきれいなので、一緒にあしらうとナチュラルな雰囲気が出て素敵ですよ。
枝がしっかりとしている場合には花ばさみで根元に十字に切り込みを入れ、たっぷりの水につけることをオススメします。
水をよく吸うので、毎日こまめに足してあげると花が長持ちします。

 

末森陽子 0515 P1020643

ワックスペーパーで包み、ラフィアできゅっと結び花好きの友人へおすそ分け。
この季節、手土産に持参するととても喜んでもらえます。

 

 

さて、4月より毎日、娘(高校生)のお弁当を作るようになりました。
とにかくできるだけ朝は楽をしたい派なので(笑)、週末ににつくりおきをせっせと準備。
主に野菜中心の常備菜が多いのですが、娘はそんなおかずが大好きなので助かっています。

 

末森陽子 0515 to01

(左上から)

紫きゃべつのマリネ、トマトソース、塩茹でオクラ、きのこソテー、ズッキーニとベーコンのビネガーソテー、パプリカのマリネ、三色にんじんラペ、味付け卵、キュウリナムル

 

この週の使用例がコチラ ↓

 

末森陽子 0515 P1020357

から揚げ
●紫きゃべつのマリネ
●パプリカソテー
●味付け卵
アイスプラント
雑穀米

 

末森陽子 0515 P1020381

ツナ
●きゅうりナムル
●ズッキーニ&ベーコン
揚げかぼちゃ
●オクラ
●パプリカソテー
うどん
めんつゆは小瓶に入れて別添え

 

末森陽子 0515 P1020373

豚肉のしょうが焼き
●味付け卵
揚げかぼちゃ、揚げじゃがいも
●三色にんじんラペ
雑穀米

 

お弁当作りから約1ヵ月が過ぎ、少しずつですが楽しめるようになってきました。
さあ、明日は何を作りましょうか。

 

 

末森陽子

ブログ 「la fleur ラ・フルール」 http://lafleury.exblog.jp/

インスタグラム yoko_suemori

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top