おいしく正しく食べるための「習慣」/しきたり37:食後のあと片づけは家族全員で手分けして行う

プロフィール写真

阿部 絢子

生活研究家。消費生活アドバイザー。

新潟県生まれ。 共立薬科大学卒業。 料理や家事など生活全般にわたる豊富な知識と合理的なア ドバイスで、出版・講演など幅広く活躍中。 著書に『「やさしくて小さな暮らし」を自分で作る』(家の光協会)『始末な暮らし』(幻冬舎)『快適に暮らす小掃除術』 『すぐにできるエコ家事』(ともに集英社be文庫)

気持ちよく暮らす「生活のしきたり」

 

季節の行事のすごし方や、親戚・ご近所とのおつきあい。恥ずかしくなく普通に暮らすため、カジュアルな決まり事を覚えましょう!

ここでは、各テーマごとに全部で84の「しきたり」をご紹介します。

教えてくださるのは、生活研究家の阿部絢子さんです。

 

このパート【おいしく正しく食べるための「習慣」】では、食べ物をしっかり、そして楽しく食べることに関するしきたり22~43をご紹介します。

今回は、しきたり37:食後のあと片づけは家族全員で手分けして行う、についてです。

 

 

●おいしく正しく食べるための「習慣」●

 

四季があることは、食材にも四季があるということです。四季は身体にも影響があり、身体をスムーズに動かすためにも、四季に合わせた食べ物を身体に取り入れることが必要です。食べられればなんでもいいのではなく、四季に合わせた食べ方、取り入れ方を考えなければなりません。

食べ物をおいしく、楽しく食べることも大切です。姿勢、箸の持ち方、食べる順序なども、昔から伝えられた習慣です。これらを守ってこそ、おいしく、そして楽しくいただくことができるのです。

 

 

しきたり37

食後のあと片づけは
家族全員で手分けして行う

 

北ヨーロッパでのホームスティで、よく見かけるのは、食事のあと片づけを家族全員で、一緒に行っている光景です。ヨーロッパは、皿の数も少なく、洗い物といってもそう多くはないのですが、それでも、家族一緒に片づけをしているのは、家庭の食習慣といえるのかもしれません。

 

日本ではほとんどの家庭で、食事が終わると、みんなはテレビを見たり、新聞を読んだり、やりたいことをしています。あと片づけも家庭の主婦一人で黙々と行っているのが普通です。

 

一緒に食事をしたのに、お母さんだけはあと片づけで、みんなは知らん顔、というのでは困ります。オランダでのホームスティでは、小学校1年生と3年生の子どものいる家庭でしたが、二人とも、食事の準備からあと片づけまで、しっかりとお手伝いをしていました。その手伝いも、嫌な顔ひとつせず、お皿やフォークとナイフのセットを配るテーブルセッティングまでこなしていたのです。これが家庭の食習慣ではないのでしょうか。

 

また、このオランダホストファミリーのブリンク家では、共働きの夫婦間での食事ルールも参考になるものでした。それは、どちらか先に帰れるほうが、食事を作り、遅く帰ったほうはあと片づけをする、という習慣でした。

 

こうした夫婦の習慣があったからこそ、家族でのあと片づけも習慣としていくことができたのでしょう。夫婦二人で暮らす、ドイツのロイポルツさん宅でも、食事作りは妻のウルズラさんがします、あと片づけは主に夫のウルフガングさんが主役です。このように、片づけは食事作りと違い、やっぱり面倒な家事の範囲になりますので、家族が一緒に行うことで、早く片づき、分担作業もでき、家族の一日の出来事の話しもでき、とても家族同士のコミュニケーションが深くなります。

イラスト/みひらともこ

イラスト/みひらともこ

 

次ページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る
第37回
おいしく正しく食べるための「習慣」/しきたり37:食後のあと片づけは家族全員で手分けして行う

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top