意思疎通をなめらかにする言葉遣いの「心がけ」/しきたり65:頼み事をするときは、わきまえた頼み方をする

プロフィール写真

阿部 絢子

生活研究家。消費生活アドバイザー。

新潟県生まれ。 共立薬科大学卒業。 料理や家事など生活全般にわたる豊富な知識と合理的なア ドバイスで、出版・講演など幅広く活躍中。 著書に『「やさしくて小さな暮らし」を自分で作る』(家の光協会)『始末な暮らし』(幻冬舎)『快適に暮らす小掃除術』 『すぐにできるエコ家事』(ともに集英社be文庫)

気持ちよく暮らす「生活のしきたり」/65:頼み事をするときは、自分の都合のいいようにしたいのだからわきまえた頼み方をする

 

季節の行事のすごし方や、親戚・ご近所とのおつきあい、カジュアルな決まり事を覚えましょう!

各テーマごとに全部で84の「しきたり」をご紹介しています。

教えてくださるのは、生活研究家の阿部絢子さんです。

 

 

このパート【意思疎通をなめらかにする言葉遣いの「心がけ」】では、お互いの気持ちを通わせる言葉についてのしきたり62~67をご紹介します。

今回は、しきたり65:頼み事をするときは、自分の都合のいいようにしたいのだからわきまえた頼み方をする、についてです。

 

 

●意思疎通をなめらかにする言葉遣いの「心がけ」●

 

言葉のトーンひとつで、相手の気持ちもわかることがあるものです。メール通信が盛んになり、話しもせず、言葉もつかわないといった人が増えているようですが、言葉はお互いの意志を通わせる、最も手軽な手段。言葉で意思疎通をはかることは、より積極的に相手を理解する方法です。

 

 

しきたり65

頼み事をするときは、
自分の都合のいいようにしたいのだから
わきまえた頼み方をする

 

 

仕事で、「○○さん、これやっておいてよ、頼むわー」と言われたら、いくら部下でも「はいわかりました」とは素直に言えそうにありません。これではまるで、家族にモノを頼んでいるような言い方だからです。仕事上の頼みですから、しかるべき依頼の仕方や言い方があるはずです。

 

頼みとは、自分に都合のよいようにことを運ぶ、あるいは相手を頼りにしたりあてにしたりすることです。つまり自分にとって都合のいい方向にことを運ぶのですから、それをわきまえた頼み方をしなければなりません。「頼むわー」といった言い方はないのです。

 

特に、目上の人への頼み事は、きちんとすべきです。そこで使うのが「恐れ入りますが」「お手数をおかけいたしますが」「申し訳ございませんが」といった言葉です。

 

●恐れ入りますが 相手への迷惑や失礼を詫びる言葉です。相手に仕事を頼むと、相手が進めている仕事の手を止め、仕事に割り込んだりするので、迷惑だったり、失礼だったりします。それを詫びるわけです。

 

●お手数をおかけいたしますが 相手に頼むというのは、その人の時間や力を頼りにしますので、手数をかけたり、手をかけたりすることで、それは相手にとって迷惑になることかもしれないのです。

 

●申し訳ございませんが これも、恐れ入ると同じように、相手に対し迷惑をかけてすまない、詫びる気持ちを表す言葉です。

 

仕事を頼むだけではありません。就職を頼む、人の紹介を頼む、留守を頼む、ペットの面倒を頼むなどさまざまな頼み事は、自分の都合がいいようにことを運ぶわけですから、頼み事をお願いした人に、その結果について、経緯とともに、「ありがとう」の礼を言うのが当たり前です。頼むだけ頼んで、礼も言わないのは、大人ではありません。気安く頼まない、できることは自分でやるといった気がまえを持つことが、家庭のしきたりであってほしいものです。

 

 

いきたり65写真:頼み事の際のルール

 

次回は、しきたり66:相談されるときは、すでに出している結論を聞いてほしいだけだと思って、ついてご紹介します。

シェア ツイート LINEで送る
第65回
意思疎通をなめらかにする言葉遣いの「心がけ」/しきたり65:頼み事をするときは、わきまえた頼み方をする

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top