芍薬と初夏のおもてなし

プロフィール写真

フードコーディネーター、フードアナリスト。
雑誌「LEE」の「100人隊」初代メンバーにして、その後トップブロガーとなり、10年間、人気を集める。2008年より自宅にて食と花を愉しむ「おもてなし会」を開催(会員数約500名)。身近な食材を使い、ちょっとした工夫でおもてなし風に見せることが得意。現在、様々な企業やメーカーのアンバサダーとしての活動やセミナー、レシピ開発、コラム執筆などで活躍中。

末森陽子 0628 P1040119

大きなものだと直径15cmほど大輪の花が咲く芍薬。
幾重にも重なった花びら、色も香りもとにかく大好きな花で、この時期、花屋で見かけると、つい家に持ち帰らずにはいられません。
バラのような甘さとグリーンが混ざりあった爽やかな香りがするので、部屋に飾っておくとふんわり・・・いい香りに包まれます。

末森陽子 0628 P1040133
芍薬をあしらう際には茎を斜めにカットし、水腐れを防ぐために、できるだけ下葉を取り除き、たっぷりの水にいけることをおすすめします。
水は必ず毎日取り換え、フラワーベースを中性洗剤でよく洗いましょう。

蒸し暑い日が続くこの季節には、水が腐らないように花の栄養剤を入れ、涼しい場所に置くと長持ちしますよ。

末森陽子 0628 P1040150
つぼみから開き始めるとあっという間に咲ききってしまうイメージの芍薬ですが、まれになかなか花が開かない時があります。
そんな時はつぼみに蜜がついている場合があるので、水で濡らした布などで、やさしく蜜をふきとってあげると咲きやすくなります。

末森陽子 0628 P1040157
一輪でも数本でも特別な存在感をはなってくれる芍薬。
私は他の花と合わせるより、単体でシンプルに飾ることが多いです。

 

末森陽子 0628 DSC_342123
白い陶器のピッチャーに芍薬をあしらい、初夏のおもてなし。
ピンクのクロスに濃紺のペーパーナプキンを合わせました。
こんな風にアクセントになる色を入れると、テーブルのコーディネートがキリッとしまるような気がします。

末森陽子 0628 DSC_342139
タコの柚子胡椒ドレッシング

 

末森陽子 0628 DSC_342152
牛肉とピクルスのトマトソース

 

末森陽子 0628 DSC_342745
帆立とアスパラガスのジェノベーゼパスタ
末森陽子 0628 DSC_342159
オレンジババロア

 

おいしくたのしくいただきました。
ごちそうさま。

 

末森陽子

ブログ 「la fleur ラ・フルール」 http://lafleury.exblog.jp/

インスタグラム yoko_suemori

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top