OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

芍薬と初夏のおもてなし

末森陽子

末森陽子

フードコーディネーター、フードアナリスト。
雑誌「LEE」の「100人隊」初代メンバーにして、その後トップブロガーとなり、10年間、人気を集める。2008年より自宅にて食と花を愉しむ「おもてなし会」を開催(会員数約550名)。身近な食材を使い、ちょっとした工夫でおもてなし風に見せることが得意。現在、様々な企業やメーカーのアンバサダーとしての活動やセミナー、レシピ開発、コラム執筆などで活躍中。

記事一覧を見る

末森陽子 0628 P1040119

大きなものだと直径15cmほど大輪の花が咲く芍薬。
幾重にも重なった花びら、色も香りもとにかく大好きな花で、この時期、花屋で見かけると、つい家に持ち帰らずにはいられません。
バラのような甘さとグリーンが混ざりあった爽やかな香りがするので、部屋に飾っておくとふんわり・・・いい香りに包まれます。

末森陽子 0628 P1040133
芍薬をあしらう際には茎を斜めにカットし、水腐れを防ぐために、できるだけ下葉を取り除き、たっぷりの水にいけることをおすすめします。
水は必ず毎日取り換え、フラワーベースを中性洗剤でよく洗いましょう。

蒸し暑い日が続くこの季節には、水が腐らないように花の栄養剤を入れ、涼しい場所に置くと長持ちしますよ。

末森陽子 0628 P1040150
つぼみから開き始めるとあっという間に咲ききってしまうイメージの芍薬ですが、まれになかなか花が開かない時があります。
そんな時はつぼみに蜜がついている場合があるので、水で濡らした布などで、やさしく蜜をふきとってあげると咲きやすくなります。

末森陽子 0628 P1040157
一輪でも数本でも特別な存在感をはなってくれる芍薬。
私は他の花と合わせるより、単体でシンプルに飾ることが多いです。

<前の記事

<前の記事
第10回/ピエール・ドゥ・ロンサールとバラの食卓…

次の記事>

次の記事>
第12回/紫陽花と紫色のテーブル…

この連載の最新記事

実りのしつらいと秋のおもてなし

第61回/実りのしつらいと秋のおもてなし

夏のミニブーケと冷たいデザート

第60回/夏のミニブーケと冷たいデザート

ピラミッド紫陽花と夏の作りおき

第59回/ピラミッド紫陽花と夏の作りおき

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル