気持ちよい暮らしをするための、社会生活の「決まり」/しきたり74:歩道と車道の区別もない狭い道では、気持ちよく譲り合う

プロフィール写真

阿部 絢子

生活研究家。消費生活アドバイザー。

新潟県生まれ。 共立薬科大学卒業。 料理や家事など生活全般にわたる豊富な知識と合理的なア ドバイスで、出版・講演など幅広く活躍中。 著書に『「やさしくて小さな暮らし」を自分で作る』(家の光協会)『始末な暮らし』(幻冬舎)『快適に暮らす小掃除術』 『すぐにできるエコ家事』(ともに集英社be文庫)

気持ちよく暮らす「生活のしきたり」

しきたり74:歩道と車道の区別もない狭い道では、気持ちよく譲り合う

 

季節の行事のすごし方や、親戚・ご近所とのおつきあい。恥ずかしくなく普通に暮らすため、カジュアルな決まり事を覚えましょう!全部で84の「しきたり」を生活研究家の阿部絢子さんが教えてくださります。

このパート【気持ちよい暮らしをするための、社会生活の「決まり」】では、暮らしを快適にするためのしきたり68~77をご紹介します。

 

●気持ちよい暮らしをするための、社会生活の「決まり」●

気持ちよく、暮らしを快適にするための、社会を緩やかにかたちづくっているルールがあります。このルールは、誰が決めたわけでもないのですが、いわば長い歴史の常識がつくり上げてきたようなもの。それに逆らって暮らしても、きっと心地よさは得られないでしょう。少々はずれても、大きく添っていれば気持ちよく、暮らしていられるはずです。そんなルールを社会マナーとでも呼び、私たちはうまくルールに合わせてきました。

 

しきたり第6章イラスト

イラスト/みひらともこ

 

 

しきたり74

歩道と車道の区別もない狭い道では、
気持ちよく譲り合う

 

人間とは自分に都合よく解釈したり、勝手に判断したりする生き物です。自分が自転車、自動車に乗っているときは、歩行者は危険だ、自転車の気配にすら気がつかない、歩道でそんなに並んで歩いては迷惑だ、のんびり歩かれては自転車は進めない、自転車で車道を走っては自動車の邪魔など。

 

一方、歩行者になると、そんなスピードで突っ込んでは危ない、交差点でどっちに曲がるか手をあげてよ、混雑してるんだから自転車降りて歩いたらなど、お互いに、勝手な言い分を持っています。

 

自転車はあくまでも軽車両なので、法律上は車道を走るのが原則です。例外的に、車道の幅が狭いのに、交通量が多い、道路工事や縦列駐車がある、などの場合は歩道走行が認めらています。

 

確かに、歩道、自転車道、自動車道がハッキリと分かれている国と違い、狭い道が多いですから、歩行者、自転車、ベビーカーやキャリーカーまで加わり、狭い道がよけいに狭くなり、歩きづらい、走りにくいといったことが起こっています。そして、狭いからこそ起きている事故もあるのです。

 

歩道と車道の区別もない狭い道路を走るとき、自転車はなにより歩行者、キャリーカーやベビーカーなどに気をつけなければなりません。互いに譲る覚悟を持って、スピードは出さない、急がない、追い越しはしない、坂を急スピードで下りないなどに心がけ、ケガのないよう、通行者にもケガさせないようにします。

 

また、当然のことですが、特に夜の運転には注意します。黒っぽい衣類を着ている歩行者は見えにくいのでゆっくり走る、前を歩く人に注意を促すベルもできるだけゆっくりと鳴らす、交差点ではスピードを落とし、歩行者を確認するなどです。

 

自転車を利用するのは早く目的地に着くためではあるのですが、スピードを出して歩道を走るのは危険です。それは歩道には必ず歩行者がいるからです。もし、急いで目的地に到着したいなら、自動車道を走ることです。私は、人的な労力によるか、機械的労力によるかの違いだけで、動く道具としては、自転車も自動車と一緒という考え方をしています。

※法律上、自転車は軽車両。車道走行が原則、歩道走行は例外です。

 

何を使ったとしても、いえ、たとえ歩いたとしても、急いでスピードを出すのはよくないこと。気持ちよく道路を使うには、互いの存在を認め、狭い道を互いに譲り合って歩き、走りたいものです。

 

 

しきたり82写真:狭い道は譲り合う

 

 

 

次回は、しきたり75:公共トイレは次に使う人のことを考えて、始末する、についてご紹介します。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第74回
気持ちよい暮らしをするための、社会生活の「決まり」/しきたり74:歩道と車道の区別もない狭い道では、気持ちよく譲り合う

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top