OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

秋の花しつらいと庭でBBQ

末森陽子

末森陽子

フードコーディネーター、フードアナリスト。
雑誌「LEE」の「100人隊」初代メンバーにして、その後トップブロガーとなり、10年間、人気を集める。2008年より自宅にて食と花を愉しむ「おもてなし会」を開催(会員数約550名)。身近な食材を使い、ちょっとした工夫でおもてなし風に見せることが得意。現在、様々な企業やメーカーのアンバサダーとしての活動やセミナー、レシピ開発、コラム執筆などで活躍中。

記事一覧を見る

花屋で秋の花を選びました。

 


メインは秋のバラ、オールフォーハート。
やさしいベビーピンクが愛らしい、カップ咲きのバラです。

香りはそれほどないのですが、存在感ある大輪の姿はとても見ごたえがあり、花持ちがいいのでこれからの季節にオススメです。

 


ケイトウのローズクイーンは、秋らしく深い赤をチョイス。
ニワトリのとさかに似ていることから、この名前がついたそう。
柔らかい毛がびっしりと生えていて、なめらかなフエルト生地のような個性的な花です。
赤色以外には鮮やかなオレンジや黄色もあるので、お花に合わせて選ぶ楽しさもあります。

 


こちらはアフリカンブルーバジル。
イタリアンでお馴染み、バジルの花です。
香りがとてもよく、しつらえるときにも、ふわり・・・と爽やかな香りが鼻を通り抜けます。

バジルはよく料理に使いますが、こんな風に花を咲かせてみるのも楽しそうですよね。
今度ポット苗を購入してみようかな、と思います。

 

アクセントに選んだ黒い実は、コニカルブラウン。
最初は黒色をしていて実が熟してくるとブラウンに変わるそう。

写真を見ると、ちょうど色が変化しいる途中のようですね。
艶があり、ころん・・・とした形が可愛らしい実です。

 


あたたかみのある、ぽってりとした陶器のベースを用意したので、まずはメインのバラの位置を決め、次に色がポイントとなるケイトウ、実もののコニカルブラウン、すき間にバジルとユーカリ(庭から調達)を動きが出るよう挿しました。

全体的に三角形をイメージしながら花をまとめていくと、バランスのよいしつらいになると思います。

 

今回花を購入したSHOP

青山フラワーマーケット
http://www.aoyamaflowermarket.com/pc/index.php5

<前の記事

<前の記事
第16回/アーティフィシャルフラワーリースと秋のおもてなし…

次の記事>

次の記事>
第18回/大人のハロウィン向けアレンジとテーブル…

この連載の最新記事

実りのしつらいと秋のおもてなし

第61回/実りのしつらいと秋のおもてなし

夏のミニブーケと冷たいデザート

第60回/夏のミニブーケと冷たいデザート

ピラミッド紫陽花と夏の作りおき

第59回/ピラミッド紫陽花と夏の作りおき

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル