第1章 巡礼旅は怖くない 2・ヘタレの私がなぜ歩き始めたか(後編)

プロフィール写真

フードライター&エディター、ラジオコメンテーター。横浜生まれ。「Hanako」からスタートし、店取材を続けること20年。料理の基礎知識を身に付けたいと一念発起、27歳で渡仏。4年の滞在の間にパリ商工会議所運営のプロフェッショナル養成学校「フェランディ校」で料理を学び(…かなりの劣等生だったものの)、フランス国家調理師試験に合格。レストランはもちろん、ラーメンや丼メシ、スイーツの取材にも意欲を燃やし、身を削って(肥やして!?)食べ続ける毎日。

10年以上かかって最初の1歩を歩きだすまで

20代後半でパリに移り住んだ時、貯金を切り崩しながらの貧乏学生生活でしたが、休みになるとフランス中を旅していました。安いTGVのチケットを見つけては地方に出かけ、10代の学生に混ざってユースホテルの大部屋に泊まり…。貪欲にフランスを知ろうとする私に、フランス人の誰かがいいました。「シュマン ド サンジャック(Le chemin de Saint-Jacque/フランス語の「スペイン巡礼」の呼び名)に行ってみたら?」と。

 

何日間もかけて何百キロをも「步く」巡礼旅だと聞き、時間をかけてわざわざ步くなんてありえない、聖地を尋ねる旅なんて何が面白いんだろう、信者でもないのに…と、さらっと受け流したと記憶しています。あの頃の私は「ボルドーのワイナリーでワインを飲む」「アルザスのショコラトリーでショコラを食べる」「南仏のレストランでブイヤベースを満喫する」などなど、時間とお金の限られた留学生活の中で、食への好奇心を満たすことに全身全霊をかけていました。

はるか彼方のゴールを目指してひたすら歩く巡礼者たち。車道脇の細道や険しい山道を歩くこともあるけれど、大半は緩やかな隆起の続く平原に伸びる真っ白な道。何百年もの間、何万人もが踏みしめた道は、整備されていて歩きやすい。道中、携帯カメラで撮った写真の主役はほとんどが「道」。

 

 

ある程度のフランス語が話せるようになり、CAP(フランス国家調理師資格)も取得し、4年のフランス滞在から帰国したある日。たまたま手にしたのが、あの巡礼について書かれた本でした。スペイン語では「カミーノ デ サンティアゴ(Camino de Santiago)」。それによると、宗教的な理由でキリスト教信者だけが步く道ではないこと、老いも若きも步いていること、そして、辛い苦行なのではなく、どうやら楽しい経験らしきこと…。

 

日本に戻ってフランスでの経験を生かすべく、少し虚勢を張りながら仕事をこなしていた私にとって、その旅はもう自分には手の届かないものに思えました。今はやるべきことがある、もう現実を見なくちゃダメ、仕事をしてお金を稼ぐべし、それに歩いて旅するなんて無理。

 

それからの日々、フランス地図の「ピレネー山脈」や「バスク料理」という店の看板の文字を目にすると、いつも胸の奥がちょっぴり疼いていました。あの巡礼の道にはどんな景色が待っているんだろう…。

巡礼路「フランス人の道」のスタートは、ピレネー山脈のフランス側の小さな村、サン=ジャン=ピエ=ド=ポー。観光地としても訪れる人が多いバスク地方の村で、目抜き通りの両側にはカフェやビストロ、バスク織りやエスパドリーユなどの可愛い雑貨を扱う店が立ち並ぶ。けれど、巡礼者である私は荷物が増えるのを恐れて、「見るだけ、見るだけ」と必死に購買欲と戦っていた。

 

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top