第1章 巡礼旅は怖くない 3・そもそもカミーノって? 聖ヤコブ巡礼の道

プロフィール写真

フードライター&エディター、ラジオコメンテーター。横浜生まれ。「Hanako」からスタートし、店取材を続けること20年。料理の基礎知識を身に付けたいと一念発起、27歳で渡仏。4年の滞在の間にパリ商工会議所運営のプロフェッショナル養成学校「フェランディ校」で料理を学び(…かなりの劣等生だったものの)、フランス国家調理師試験に合格。レストランはもちろん、ラーメンや丼メシ、スイーツの取材にも意欲を燃やし、身を削って(肥やして!?)食べ続ける毎日。

夜空にきらめく星に導かれて生まれた巡礼路

「カミーノ デ サンティアゴ(Camino de Santiago)」とは、キリスト教の三大聖地のひとつであるスペイン・ガリシア州のサンティアゴ デ コンポステーラ(Santiago de Compostela)を参詣する巡礼旅のこと。街の中心にそびえる大聖堂には、イエス・キリストの十二使徒のひとりである聖ヤコブの遺骸が埋葬されています。

 

この聖ヤコブという名前、英語ではサンジェームス(Saint-james)、フランス語ではサンジャック(Saint-jacques)。そして、スペイン語ではもともとのラテン語が微妙に変化して、そう、サンティアゴ(Santiago)になりました。

 

西暦44年頃、聖ヤコブはエルサレムで殉教し、弟子たちによって亡骸が運ばれたのが現在のスペイン・ガリシア地方。9世紀になって羊飼いが星の光に導かれて墓を見つけ、当時、このあたりを治めていたアルフォンソ2世が遺骨を祀った教会を建立しました。その場所は「星の野原」という意味の「コンポステーラ」と名付けられたといわれています。

 

赤い線が私の歩いたルート「フランス人の道」。薄い茶色の線はスペイン・ポルトガルの他のメジャーな巡礼路を指す。すべての道はサンティアゴ デ コンポステーラに通じ、どこから歩き始めてもよい。フランス国内のパリやル・ピュイ・アン・ヴレー、ヴェズレーなどからスタートするルートも存在する。知り合った中には、中世にならってイタリア・パルマの自宅から約1750km(!)を歩き通した若者も。

 

 

到着までの最後の100kmを徒歩で歩けば巡礼は達成

 

最盛期の12世紀にはなんと年間50万人の巡礼者を数えたといわれるカミーノ デ サンティアゴ。現在でもその人気は衰えることなく、ここ数年は年間20万人を超える人々が巡礼を行っています。実際、私がゴールした2017年5月には1ヶ月で約3万5000人が巡礼を終えました。

 

そのうちの半分以上の人がたどったのが「フランス人の道」と呼ばれるルート。フランスのサン=ジャン=ピエ=ド=ポーから始まる約800kmの道です。カミーノ デ サンティアゴにはフランスのイルンから海岸線沿いを進む「北の道」(約854km)、アンダルシアの州都であるセビージャが出発点の「銀の道」(約705km) 、ポルトガルのリスボンから北上する「ポルトガルの道」(約615km)、など、名前の付いたメジャーなルートが幾つかあります。その中でも一番、整備されていて歩きやすいのが「フランス人の道」。1993年には世界遺産に登録され、ますます注目が集まっています。

 

巡礼は聖地を参詣するのが目的ですから、こうしなければならないという決まりはありません。サンティアゴ デ コンポステーラに到着する最後の100kを歩けば巡礼をしたことになります。なので「フランス人の道」上でも一番スタートする人が多いのは、ゴールから113km地点の街・サリア(Sarria)。中には全距離を数日間ずつ分けて歩いて、何年かかけて踏破する人も。

 

ラテン語で書かれた巡礼証明書には「スペインの保護者であるサンティアゴの墓に誓願を立てるために訪れた巡礼者に対して、サンティアゴ大聖堂の大司教はこの文書を持って大聖堂訪問を証明する」と書かれている。中世のカトリック教会では、犯した罪を軽くしてもらえる免罪符の一種だったとか。

 

 

多くの人々のモチベーションのひとつになっているのが、到着後に巡礼事務所でもらえる巡礼証明書。サンティアゴ デ コンポステーラまで徒歩や騎馬(本当に馬や車椅子で巡礼をする人もいます)で100km、自転車で200kmを完遂したという証明ができればもらうことができます。

 

 

 

何世紀もの間、聖なるものに近づこうと人々が歩いてきた道を、現代に生きる私が今日、踏みしめているという事実。クリスチャンではない私でも、この事実に感慨深いものを感じます。それは日本の四国のお遍路も同じですね。私にとってカミーノは「信じる」ということについて、考える時間でもありました。

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top