尿もれに関する10のこと

プロフィール写真

1959年生まれ

美容家、オーガニックスペシャリスト

自然や植物の力に着目し、オーガニックコスメをはじめ、スパ、漢方、食にいたるまで、ナチュラルで美しいライフスタイルを提案

オーガニックビューティの第一人者として知られる

尿もれに関する10のこと

 

寒くなってきましたね。

「冬の着物」かなんか、美しいテーマで書きたいところですが、

今日は、「尿もれ」に関することを書こうと思います。

勝手に10項書こうと決めて!

ぜ〜んぜん、エレガントじゃないですけれど、

ミドルエイジには大事なこと。

オープンに語られるようになりましたが、

ちょっとここで整理したいと思います。

 

 

①尿漏れには2種類あります。私のタイプは「過活動膀胱」

「千明さん、あなた出てよ〜」

横浜元町女性医療クリニックLUNA代表で泌尿器科の関口由紀先生のご依頼で、

NHK!の「尿もれ特集」で、私の「尿もれ」が紹介されたことがあります。

全国に知れ渡り、困ったことですが、みんなの参考になるなら仕方がない!

尿もれのタイプは大きく分けて2種類。

一つは「くしゃん!」とくしゃみをした時に尿が漏れてしまう「腹圧性尿失禁」。

更年期だけでなく、出産後も起こります。

筋肉低下による膀胱下垂がお腹にかかった圧を支えきれずに起こります。

そして私のタイプは「過活動膀胱・切迫性尿失禁」。

まだ膀胱はいっぱいになっていないのに、

尿意を感じてちょこちょことトイレに行きたくなり、

その途中で間に合わなくなるというものです。

ちゃんと溜まっていないのに『溜まっている。』と感じる。

まだ排尿する瞬間じゃないのに、漏れてしまう。

神経伝達と骨盤底筋の弱さがミックスされている状態です。

 

 

②尿もれを感じたのは44、45歳。「冷え」だけが原因と勘違い

もともとかなりの冷え性。

寒がりでしたから、この尿もれは、「冷え」が原因と思っていました。

単に冷え、寒さ対策をしておりました。

それでもよくならない。

バーに飲みに行っても、飲む前から、トイレへ2度3度。

忙しい!(笑)でしょ。アルコールも飲んでないのにね。

 

③尿もれには、ストレス、女性ホルモンも関係しています

トイレに行っても尿は溜まっていませんし、

おかしいなとやっと気がついて関口先生の診察を受けると、

「千明さんは過活動膀胱」との診断。

抗コリン剤を処方していただきました。

尿意、便意、排尿、排便も神経がコントロールしています。

体だけでなく、神経の働きも老化しますし、ストレスの影響も受けます。

女性ホルモンも自律神経の働きにダイレクトに影響を与えます。

「冷え」はもちろんよくありませんが、

それだけでは解決しないこともわかりました。

 

 

④ストレス、季節によって変化

尿もれの状況や具合も変化します。

お薬を飲んでいても効きが悪いこともありますし、

夏になって温かくなれば、お薬なしでトイレの数が減ることもあります。

心配事やストレスがなくなって、

気がついたらお薬が必要なくなったなどということもあります。

ストレスはいつもよくない!ですね。

 

 

⑤これは抗コリン剤。お薬は生活の質を上げます

お薬を嫌う人もいますが、

心配してどこにも出かけないなんてつまらないじゃないですか。

どんな時に、自分の調子が良いか悪いか観察しながら、

自分の持ち手としてお薬を活用すると良いと思います。

写真は、私が婦人科や泌尿器の先生に処方していただいいる

抗コリン剤のお薬です。

 

次ページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る
第42回
尿もれに関する10のこと

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top