OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/mainichi_yojo/125807/

クリスマスリースと冬のおもてなし

末森陽子

末森陽子

フードコーディネーター、フードアナリスト。
雑誌「LEE」の「100人隊」初代メンバーにして、その後トップブロガーとなり、10年間、人気を集める。2008年より自宅にて食と花を愉しむ「おもてなし会」を開催(会員数約550名)。身近な食材を使い、ちょっとした工夫でおもてなし風に見せることが得意。現在、様々な企業やメーカーのアンバサダーとしての活動やセミナー、レシピ開発、コラム執筆などで活躍中。

記事一覧を見る


先日、自宅でフレッシュな花材を使ったクリスマスリースのワークショップを開催しました。


初心者でも作りやすいリング型のフローラルフォームを準備し、たっぷりの水を吸わせておきます。

ドアや壁にかけられるよう、あらかじめ中心にワイヤーを丸めたフックをつけておくと便利なのですが、その際、フォームにワイヤーが食い込まないよう、マスキングテープを巻いてからつけるとよいでしょう。

用意した花材はヒムロスギ、実付きのヒノキ、ユーカリポプラスベリー。

まずはこれらの葉もので土台を作っていきます。

茎を斜めにハサミでカットし、下葉を取り除くとフォームに挿しやすくなります。
時計回りに葉先が向くよう意識し、ぐるりと一周埋めていき、足りないところやすき間を小さめの葉で埋めていきます。
その際、葉を縦気味に挿すと立体感が出るので、数種類織り交ぜて高さを出しつつ、バランスを見ながら進めてください。

真上からだけではなく、時々リースを持ち上げて正面から見たり、壁にあててみると、足りないところやボリュームが出すぎているところなどが分かります。

葉の清々しい香りに癒され、深呼吸をしながら手仕事を進めていきます。

土台がしっかりと出来上がったら、次は季節の実ものを飾っていきます。

ふわふわとした丸い実がかわいらしいバーゼリア、ころんとしたグレーの実のユーカリトレリアーナ、ブロンズ色のペッパーベリー。

小さな実を散りばめるとかわいらしく、大きくまとめてつければ上品な雰囲気になるので、あとはお好みで仕上げていきます。

茎が繊細な場合は、グルーガンなどの接着剤を使うと、しっかりと土台に付きます。

作った人の人柄や雰囲気をそのまま表すリース。

同じ花材を使っても形、大きさ、デザイン・・・ひとつとして同じものは出来ないのが楽しいところでもあります。

個性的で素敵なリースがたくさん完成しました。

花材はこのまま自然とドライになっていくものばかりなので、その変化を楽しむのも良いのですが、2、3日おきに霧吹きで水を吹きかければ、フレッシュな状態を一か月ほど楽しめます。

ふだんは壁やドアにかけておき、クリスマス当日にはテーブルの中心にキャンドルと一緒に置いても素敵です。

クリスマスにもオススメな、冬のおもてなし料理を紹介します。

たっぷりの野菜にカリカリに焼いたチキン、レーズン、そして乾煎りしたアーモンドをトッピングした、ボリュームのあるサラダ。
ビネガー、粒マスタード、はちみつを合わせたドレッシングとよく合います。

ほうぼうのアクアパッツァ。
お鍋ひとつで手軽に作れるアクアパッツァは、白身魚、アサリ、オリーブ、プチトマト、アンチョビ、ケッパーなどを白ワインと煮込むだけ。


旨みがたっぷりのスープは、翌日パスタと和えてもおいしいのですよ!

きのこいろいろクリームパスタ。
ポルチーニ茸、しいたけ、しめじなど、きのこをたっぷり、生クリームとチーズで仕上げたこっくり味のパスタです。

アップルクランブル。
スライスした林檎にクランブルをのせオーブンで焼き上げたデザート。
あつあつにアイスクリームを添えて食べると、ほっぺたが落ちるおいしさです♪

 

末森陽子

ブログ 「la fleur ラ・フルール」 http://lafleury.exblog.jp/

インスタグラム yoko_suemori

<前の記事

<前の記事
第20回/クリスマスキャンドルアレンジと焼き菓子いろいろ…

次の記事>

次の記事>
第22回/スワッグとクリスマスのテーブル…

この連載の最新記事

クリスマススワッグと女子会パーティー

第65回/クリスマススワッグと女子会パーティー

娘へ贈ったブーケと11月のつくりおき

第64回/娘へ贈ったブーケと11月のつくりおき

オレンジブーケとハグ オー ワー20周年パーティー

第63回/オレンジブーケとハグ オー ワー20周年パーティー

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル