私が「ホルモン補充療法—HRT」を、する、薦める、5つの理由

4)温かな人生を歩むためにーカップルライフのために

欧米の女性たちがHRTを選ぶ理由の一つには、欧米のカップル文化があります。

女性はいつまでも女性ですし、お相手がいてよいわけですが、

乾燥して、ひりつく膣では困ります。

困るどころではなくて地獄!ですから。

日本でも50歳のはじめて婚が増えているなどと聞いたこともありますし。

更年期の夫妻にはセカンドワイフが必要!?なんて悲しいじゃない。

日本女性、もっとHRTを使ってよいのではないでしょうか。

「そんな〜話、私には関係ないわ!」という人もいるかもしれませんが、

デリケートゾーンが乾くということは、ひどくなれば、

カップルライフだけでなく「股ずれ」が起こり、血まみれになり、

歩行も困難になるということ。日常生活にも支障がでてきます。

欧米ではHRTは量を極少なくして、70、80代女性のQOL(生活の質)にも役立てていますよ。

老人ホームでも、朝はシャワーをして、HRTを使って、自分のために考えて生きていると聞いておりますよ!

 

 

ホノルルマラソン10キロも無事フィニッシュ。同じ年の従姉妹と。HRTだけじゃない!運動も必須ね。

 

 

5)女性ホルモンでないとケアできない肌状態がある

私の専門は美容です。

化粧品ですべてケアできます、と言いたいところですが、

それを言ったらうそ、という肌状態があります。

治らないニキビや酷いかぶれに肌あれ。ボコボコと首や背中、頭の中にでる吹き出物。

美容の場合、女性には年齢を聞け!と言われますが、更年期、ホルモン世代の肌あれは、

女性ホルモンの変化や減少が大きく関わっています。

HRTで内側から女性ホルモンを補って、ストレートにスキンケアをするのは、

正しいこと、と私は思います。

もちろん、そこに肌を健やかにする良質で誠実なスキンケアも必要になってくるのです。

HRTは処方薬。

「わたしHRTやってみたいのです!」と婦人科の先生にそうお伝えください。

 

 

今日はHRTのことについて書きました。

HRTは保険の効く処方薬です。

私はジェルタイプを使っていますが、パッチや飲み薬などいろいろタイプがあります。

婦人科の先生と相談しながら自分にあったタイプを探してください。

そうやって、婦人科に通う習慣がつくこと自体が、病気を未然に防ぐ一番の習慣になります。

自分の人生を安全に豊かに、それが一番の「お得!」と私は思っています。

みなさま、この一年もお世話になりました。

どうぞよいお年をお迎えください。

 

写真は大好きな別府柳屋で。科学的かつ自然体に生きられたらいいな。

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第43回
私が「ホルモン補充療法—HRT」を、する、薦める、5つの理由

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top