第1章 巡礼旅は怖くない 7・荷物はとにかく軽く、コンパクトに

プロフィール写真

フードライター&エディター、ラジオコメンテーター。横浜生まれ。「Hanako」からスタートし、店取材を続けること20年。料理の基礎知識を身に付けたいと一念発起、27歳で渡仏。4年の滞在の間にパリ商工会議所運営のプロフェッショナル養成学校「フェランディ校」で料理を学び(…かなりの劣等生だったものの)、フランス国家調理師試験に合格。レストランはもちろん、ラーメンや丼メシ、スイーツの取材にも意欲を燃やし、身を削って(肥やして!?)食べ続ける毎日。

 

憧れは「キャンディ•キャンディ」のトランク

 

思い起こせば、テキ屋稼業で日本全国を渡り歩いた「寅さん」も、宇宙空間を走る銀河鉄道で旅したミステリアスな美女「メーテル」も、そして白馬に乗った王子様がいつか現れる幻想を私に植えつけた「キャンディ」も、手で提げられる(あまり重くなさそうな)トランクひとつで旅をしていました。とくに白地に四隅の赤い留め具が付いた「キャンディ」のトランクが欲しくて欲しくて、おもちゃ屋さんの店先で泣いてねだった記憶があるような、ないような…。リボンやフリル、ストライプの可愛いたくさんの洋服があのトランクに全部入るのかなと、子供ながら不思議に思ったものです。

 

王子様なんていないという現実(!?)を知ったいまも、旅の理想は「トランクひとつ」。世界中どこへ旅しようと、そして巡礼旅にはなおさら、荷物は軽いに越したことはありません。

 

出発前、私は真剣に持って行く荷物の選別と10グラム単位の軽量化に取り組みました。それは本当に必要なのか。紛失したり壊したりしても泣かないか。ゴールしたら捨てていいものか。何とか軽くすることはできないか。

 

普段の日常生活で、私が持ち歩くバッグ、これがまた重いんです…。パソコンや仕事の書類が入っている時はもちろんですが、まず、化粧ポーチが大きいのは否定できません。メイク道具、歯ブラシセット、裁縫道具、胃薬に整腸薬、ハンコ、口臭予防のガムに飴…。メイク直しもほぼしませんし、外出先で歯を磨くこともほぼないのですが、「いざという時に困らないように」という意識が強いせいか、小さめのかぼちゃレベルの塊がいつもバッグの中に投げ込まれています。「モテる女の鞄は小さい」なんて巷の噂は、私にとっては住む世界の違う話でして…。

 

 

防水加工の登山靴、人前で着られるギリギリの着古した服、旅館の名入りタオル、軽さで選んだ寝袋、安いビーチサンダル、芯を抜いたトイレットペーパー、日数ピッタリの常用薬、割り箸とフォーク、充電器に変換プラグなどなど。厳選しているつもりでも、みるみるバックパックが膨らんでいきます。

 

約1ヶ月にわたる旅なので、洗顔セットやコスメポーチも普通の感覚で用意すると、とんでもないことになります。いかに「持っていかない」決断をするか頭を悩ませていたところ、タイミングよく耳にしたのが、シャンプー&リンスを使わない「湯シャン」、そして化粧はもちろん、基礎化粧品も使わない「何もしないスキンケア」という美容の考え方。もちろんその正しい理論や方法があるのですが、すぼらな私はこれ幸いと、その文字面だけを都合良く解釈し、「持っていかない」決断の理由にすることにしました。

 

その結果、ポーチの中には洗髪と洗顔、ボディソープとしても使える多目的液体石鹸と化粧水、日焼け止め、そして毛抜きだけ(洗面台の鏡の位置が高すぎて使える機会がほぼなく、ムダ毛への意識はいつからかなくなるのですが…)。普段、それだけすれば外出用の顔になると思い込んでいる口紅が、一番、持っていかない勇気が必要だったものでしょうか。スカスカしたポーチを眺めていたら、リボンのついたお気に入りのポーチ自体がいらない気がしてきて、最後にはジッパー付きの保存袋に入れ直すことにしました。

 

巡礼の荷物準備のコンセプトは「虚栄心より安全&軽量化」。あれがないと困ってしまうのではという「イタズラな不安」と、他人からどう思われるかという「世間の目」をどれだけ置いていけるかという、内なる心の戦いでした。

 

 

「予備はいらない」を強く心がける

 

もうひとつ、心がけなければならなかったのは「予備はいらない」という意識でした。失くした時のための2本目のペンや、予備の乾電池はバックパックには入れませんでした。出番のないアイテムは持っていってはいけない、すべてが必ず使うものであれ。…そう呟きながら、目の前の、何年も着たことのない服や鞄で溢れかえる洋服ダンスの現状は見て見ないフリ(苦笑)。

その意識の攻防戦は歩き始めてからも続きました。歩いている途中でしばらく予備を手放せなかったもの、それは水です。

 

初日の山越えで、巡礼事務所でのアドバイス通り、1リットル入りの水のペットボトルを2本、バックパックに入れました。ちょっと大袈裟かなと思っていたのですが、私にとっては地獄のようだった山道ルート、なんと途中で水を飲み切ってしまいました。泉が渇水していた不運も手伝って、唇を湿らす程度にと気を付けていたのですが、まだまだゴールまで程遠い地点で2本のペットボトルは空っぽ…。水がないと思えば思うほど、喉や唇に意識がいってしまって、しんどい山道がさらにしんどくなりました。

 

それがトラウマになってしまい、巡礼路に村々が頻繁に現れるようになってからも、2リットルの水を背負って歩いていました。村に入ればバルで水が買えたり、教会や公園の泉で水を補充することができるので、1本で十分だと頭では解っていたのにもかかわらず、です。

 

経験から感じてしまった不安はしばらくの間、小心者の私のバックパックを重くしていましたが、旅に慣れるに連れ、ペットボトルのサイズも小さくなっていきました。そう、水の代わりに道中のバルで飲むようになったグラスワインの量と反比例するように(笑)。

 

 

巡礼路には、びっくりするような荷物を持った、たくさんのツワモノがおりました。ガスコンロ一式を持ってきていたロシア人の男の子のバックパックは驚愕の30キログラム。長髪&ヒゲのオーストラリア人男性が背負っていたのは趣味のギター。巡礼のゴールに近づくにつれ、段々にアルベルゲ(巡礼者向けの宿泊施設)の台所設備が貧弱になっていくので、途中で大きな中華鍋を買って交代でバックパックにくくりつけていた若者グループ。まだよちよち歩きの可愛い赤ちゃんをバギーに乗せて押して歩いていたママさん巡礼者…。

 

どれだけの荷物を背負うのか、背負わないのか、大切なものは家に置いてくるのか、一緒に連れて行くのか、それはその人次第。100人いれば100通りのカミーノ(巡礼)のスタイルがあるのです。

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top