ボディワークプロデューサーkyoさんの毎日YOJO①骨盤を動かすことで不調のもとを改善させるメソッド


日々の小さな積み重ねが、
健やかな心と体をつくる。

 

切実ではなく、楽しみながら続けたい自分のための小さな約束。
少しずつ変わっていく体に「ありがとう」と言いたくなるYOJOライフとは。

 

 

 

kyo さん

1962年生まれ。ボディワークプロデューサー。幼児体操の指導を経て大手スポーツクラブの人材育成やプログラム開発を、2005年よりオリジナルの自己骨盤調整メソッドを開発。'15年にまったく新しいスタイルのスタジオ「b-i STYLE®(ビイスタイル)」を東京・外苑前にオープン。基本の"b-i® ペルヴィス®"をはじめ、筋膜ストレッチ、フローダンス、ウォーキング、整顔など骨盤調整ベースのクラスが話題を呼んでいる。http://www.b-i-style.com/

 

 

 

 

骨盤を動かすことで不調のもとを改善し、

すべてが整う心地よさを

感じることができます

 

学生時代は新体操やジャズダンス、その後、一躍ブームを巻き起こしたエアロビクスを体得し、20代前半からインストラクターを指導する仕事に携わったkyoさん。

 

 

「インストラクターは健康を売っているはずなのに、私をはじめ、教える立場でもある多くの女生徒が足腰や膝を悪くして、整体に通いながら続けていることに気がつきました。オーバーワークに加えて、トレーニングとなると外国人男性が考案したものがほとんど。ヨガももともとは男性のための修行ですから、女性が真面目に取り組めば取り組むほど、体には負担がかかってしまい、不調を招いていたんですね」

 

 

そこから一念発起。仕事の合間に通った整体の先生がよく口にしていた、骨盤というキーワードに着目したメソッド“ビューティ・ペルヴィス”(現b︲iⓇペルヴィスⓇペルヴィスとは骨盤という意味)を開発。整体は岡島瑞徳氏や片山克之氏に師事し、安心して長く続けられるメソッドを確立したといいます。

 

 

「さまざまな不調の原因は、骨盤がスムーズに動かなくなってしまったから。日本の女性が着物で生活していた頃は、骨盤を立てて正座をする文化。この頃の女性は誰に教わらなくても骨盤底筋のコントロールができていたんですね。近頃では骨盤と頭が連動していることがわかってきたそうです。骨盤の乱れは頭の働きにも影響するということ。“緩めて、正して、調律する”という3つの構成からなるメソッドを自宅でも就寝前に行いますが、私自身の体調もとてもよくなりました。簡単なので無理せず続けていけるのも、私向きなんです」

 

 

 

次回は、kyoさんが実践している4つのYOJOについてご紹介します。

 

 

撮影/フルフォード海
取材・原文/向井真樹

シェア ツイート LINEで送る
第30回
ボディワークプロデューサーkyoさんの毎日YOJO①骨盤を動かすことで不調のもとを改善させるメソッド

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top