息子からの花と春のおもてなし

プロフィール写真

フードコーディネーター、フードアナリスト。
雑誌「LEE」の「100人隊」初代メンバーにして、その後トップブロガーとなり、10年間、人気を集める。2008年より自宅にて食と花を愉しむ「おもてなし会」を開催(会員数約500名)。身近な食材を使い、ちょっとした工夫でおもてなし風に見せることが得意。現在、様々な企業やメーカーのアンバサダーとしての活動やセミナー、レシピ開発、コラム執筆などで活躍中。

バレンタインデーのお返しに・・・と、先日、中学生の息子から花をもらいました。
思春期真っただ中の息子ですが、こんな風に優しい一面を時々のぞかせてくれる時があり、母はうれしい限りです。


白とグリーンのラナンキュラスをメインに、紫系のスカビオサを選んでくれたのですが、それだけでは少し寂しかったので(笑)、私がピンクのバラを2輪付け足しました。

 

「メインの花をもう一種類くらい足してあげると、より華やかになるよ」とアドバスしたところ、「ほほーなるほどねー」と素直に受け入れてくれ、これまた母うれし。
いつの日か付き合う彼女にさらりと花を贈れるくらい、スマートな男性になってほしいな・・・なんて思います。


ラナンキュラスは春を代表する花で、白、ピンク、黄、オレンジ、紫、赤、緑など様々な色があり、花びらも一重咲き、八重咲き・・・と種類が豊富。
大ぶりのものから小ぶりのものまでサイズもいろいろなので、単体でシンプルに飾るもよし、他の花や葉ものと組み合わせるのもオススメです。
個人的にはバラ、カーネーション、素朴な姿が可愛らしいスカビオサやパンジー、そこに葉もののユーカリやアイビーを差し色として合わせるのが好みです。


ラナンキュラスの茎は細く繊細なため、水に浸かっている部分が傷みやすいので、浅めの水に生けて、こまめに水替えするとよいでしょう。
また、花が開いてきたら重さで茎が折れてしまうことがあるので、茎を少しずつ短めにカットすれば、長い時間楽しむことができます。

「ラナンキュラス」の花言葉は「とても魅力的」「華やかな魅力」だそう。
幾重にも重なる花びらにぴったりの魅力的な花言葉ですね。


スカビオサはボルドー、ピンク、黄色、グリーン、ラベンダーなど色が豊富で、大ぶりの花と一緒に生けるとその可憐な魅力が倍増します。
ラナンキュラス同様、茎が細く折れやすいので、優しく取り扱うといいでしょう。
湿気や蒸れに弱いので、細かい葉はできるだけカットしてからフラワーベースに生けることをオススメします。

シェア ツイート LINEで送る
第29回
息子からの花と春のおもてなし

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top