母に贈った花と、友人が来た日のテーブル

プロフィール写真

フードコーディネーター、フードアナリスト。
雑誌「LEE」の「100人隊」初代メンバーにして、その後トップブロガーとなり、10年間、人気を集める。2008年より自宅にて食と花を愉しむ「おもてなし会」を開催(会員数約500名)。身近な食材を使い、ちょっとした工夫でおもてなし風に見せることが得意。現在、様々な企業やメーカーのアンバサダーとしての活動やセミナー、レシピ開発、コラム執筆などで活躍中。

気温の高い日が続き、めきめきと暖かくなってきましたね。

 

先日、母に春らしい花のアレンジメントを贈りました。


母の好きなカラーをメインに、バラ、ラナンキュラスなど優しい色合いの花を爽やかにまとめてみたのですが、私自身も好きな雰囲気になり、とても気に入りました。

 

カラーの花言葉は「乙女のしとやかさ」「清浄」。
柔らかなオフホワイトにぴったりの素敵な言葉ですね。
花に見える部分は実はガクで、色は赤、白、紫など様々。縁取りのように色がつく品種もあるそうです。
シンプルで、なおかつ大人っぽいアレンジメントに向いていると思います。


アレンジメント用のナチュラルなかごに、水をたっぷりと吸わせたフラワーフォームをセットし、まずは背の高いカラーを挿していくとバランスがとりやすいでしょう。

 

カラーは茎がとても太く、花持ちがいいのでアレンジに向いているのですが、あまり強く挿すと折れてしまう場合があるので、フラワーフォームには少し力を抜きながら優しく挿すことをオススメします。


グリーンのくしゅくしゅとカールした花びらが魅力的な、八重のラナンキュラスと、うっすらピンクの縁取りが愛らしいバラをそれぞれ種類別にまとめ(グルーピングといいます)、様々な方向に向けると自然な感じのアレンジが出来上がります。

 

仕上げに、紫色のドラセナの葉をくるりと丸めてホチキスで止めたものをリボンのようにあしらい、アクセントに庭のアイビーで動きを出しました。

 

くしゅっとまるめた生成りのワックスペーパーで、かご全体を包み、完成。


母は花を見た瞬間、「私、カラー大好きなの!」と弾けるような笑顔で喜んでくれました。
自分であしらう花を贈り、それを喜んでもらえる・・・とてもうれしいですね。

 

もうすぐ母の日。また季節の花を贈ろうかな、そんな風に思います。

シェア ツイート LINEで送る
第30回
母に贈った花と、友人が来た日のテーブル

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top