ハーバリウムと庭BBQ

プロフィール写真

フードコーディネーター、フードアナリスト。
雑誌「LEE」の「100人隊」初代メンバーにして、その後トップブロガーとなり、10年間、人気を集める。2008年より自宅にて食と花を愉しむ「おもてなし会」を開催(会員数約500名)。身近な食材を使い、ちょっとした工夫でおもてなし風に見せることが得意。現在、様々な企業やメーカーのアンバサダーとしての活動やセミナー、レシピ開発、コラム執筆などで活躍中。

ハーバリウムとは、ガラスのボトルにプリザーブドフラワーやドライフラワーを入れ、専用のオイルを用いて作る「植物標本」のこと。水やりなどの手間がいらないことから、最近インテリアとして、とても人気を集めています。

材料が揃えば自分で手軽に作ることができるので、贈り物にもいいですね。

まず必要なものは、ガラス製のボトル。細長いものから丸いもの、電球型など様々な形があるので、使う花材との相性など考えて、好みのものを選ぶといいでしょう。

ボトルは乾燥していることが大事で、水滴などが残っていると、そこからバイ菌が繁殖しカビが生えるそうなので、必ずよく乾かしてから使うようにしてください。

あとはハサミ、ピンセット、花材、専用オイル。


今回使う花材は

 

プリザーブドフラワーの紫陽花
ビビッドなピンクのブリーザ
淡いピンクのカスミソウ
ペッパーベリー
オレンジ
葉ものなど

 

紫陽花以外は全てドライフラワーです。

まずはボトルのサイズに合わせて花材をハサミでカットし、ピンセットを使ってボトルに入れていきます。

ここで花材の茎同士をうまく交互に組み合わせると、オイルを入れたときに花材が浮いてきたりバランスが悪くなってしまうのを防げます。

ボトルの中に適度な隙間があると、光が射したときとても綺麗に見えるので、花材はあまり多く入れすぎないのをオススメします。


全ての花材を入れ終えたら、専用のオイルをゆっくりと注ぎます。

ボトルを少し斜めにして注ぐと、中の花材が動かず、バランスのよいハーバリウムになります。
プツプツした細かい気泡が消えたら、しっかりと蓋を閉めて完成。


窓辺に置いて自然な日差しを楽しんだり・・・


ライトを当てれば幻想的な空間を楽しめます。

 

ハーバリウム資材はこちらで購入しました。
http://www.amifa.fun/

シェア ツイート LINEで送る
第31回
ハーバリウムと庭BBQ

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top