女は夏に冷える。そして冷えがもたらす「本当に」恐ろしいものとは…

プロフィール写真

ネコとオペラと美味しい時間が好き。

年々、冷房に弱くなっていることを実感している53歳です。

みなさーん、こんにちはー。ふみっちーです。

いよいよ夏本番。気分も開放的になってきましたね♪

しかし、この時季。油断すると一気に老けや病気を呼んでしまう大敵が

 

「夏冷え」

 

なのです!

 

 

というわけで、MyAge最新号でのふみっちーの担当テーマをご紹介します!

夏冷え_ill

 

「夏冷え」養生BOOK

 

 

保存版BOOK IN BOOKでお届けです!

 

夏は暑くて、つい冷え対策を怠りがち。暑さと開放感にまかせて、生足でミニスカ、ヒールサンダル履きがち。冷房をガンガン効かせた部屋で、ビールをぐびぐびいっちゃいがち。

そんなあなたはピピーッ、イエローカードです!あ、ついワールドカップの興奮にまかせて書いてしまった。

 

 

「夏は冷房や冷たい飲みものなどで、体の外からも中からも体温を奪われ、冷えの邪気(病的エネルギー)が体にどんどん蓄積するの」

と監修者の田中美津さん。鍼灸師として30年以上も健康問題にかかわり、自分でも慢性腎炎を抱えながら治した、という「冷え対策」のプロ中のプロです。

 

 

美津さんの明るく、軽妙なナビゲートで紹介する冷え対策の数々。たとえば…

 

夏冷え_ill

 

着るものは、真夏でも

「ショーツ1枚、スパッツ2枚」

 

 

ええー、そんな暑そう…と思いきや、「やってみるとやみつきになる人続出よ」と美津さんは言います。

「特に下半身の防衛がキモ。みんな上は羽織ものでカバーするけど、足元は油断しがち。でもね…」ということで、詳しくは記事からぜひ確認してくださいね。

 

 

その他にも

・食べもの

・お風呂

・ツボ

・呼吸法

などなど、簡単かつユニークな方法をたくさん紹介しています。

イラストレーターしおたまこさんの、ほっこりするイラストがまたカワいい。ぜひ気に入ったものからトライしてみてください。

 

 

ちなみにふみっちーは「スパッツ2枚」、生理中で特に腰回りが冷えたりつらいときにやってますが、これが本当に気持ちいいのです!

というか気持ちがラクになるんです、腰が守られているような感じがして。

日ごろ、自分がいかに冷やしているか、腰にストレスを与えているかが良くわかりました。

 

 

「女は夏に冷える。

そして冷えは病気の一里塚」

 

これは田中美津さんの数多い名言の中でも、特に名言。

この夏こそ、本気の「夏冷え対策」スタートしましょう!

 

 

 

 

 

詳しい内容と試し読みはこちらから

 

最新号及びバックナンバーの内容詳細はこちらにもあります。

 

MyAgeのご購入はお近くの書店にて。

最新号及びバックナンバーの在庫が書店にない場合は、ネット書店でお求めいただけます。

また、OurAgeストアでもご購入できます。

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top