卵巣を司るーあなたの第二チャクラは大丈夫?

プロフィール写真

1959年生まれ

美容家、オーガニックスペシャリスト

自然や植物の力に着目し、オーガニックコスメをはじめ、スパ、漢方、食にいたるまで、ナチュラルで美しいライフスタイルを提案

オーガニックビューティの第一人者として知られる

卵巣を司る-あなたの第2チャクラは大丈夫?

 

代官山の「まいこホリスティックスキンクリニック」の

山崎まいこ先生のところにいます。

メタトロンというまだ日本には何台もない機器で

体の中をくまなく見てもらいました。

メタトロンは周波数で体の歪みを見るもので、

あっという間に、体の隅々までチェックしていきます。

パソコンの画像に、今チェックしている場所が映し出されていきます。

『きっといろいろ悪いところがでるのだろう』と内心ハラハラしていましたが、

想像に反して、それはなし!

まいこ先生曰く、「吉川さんは健康ですよ。よい方ですよ」

なんだかんだと言いながら、『常にケアしているせいかな』と一安心。

 

 

私の第2チャクラは休眠中

一旦安心したものの、問題はここから。

まいこ先生から「吉川さんの第2チャクラは冬眠中ですね」と。

メタトロンの周波数チェックが、

私の第2チャクラがオープンになっていないことを見つけたらしい。

チャクラとは、サンスクリット語に由来する「渦」や「車輪」と訳される言葉で、

頭の上から胴体に向かって縦に並んでいるエネルギーポイントです。

開いたチャクラから生体エネルギーが体に入ると考えられており、

チャクラごとに関連する器官や神経系やホルモン系が決まっています。

感情とも連動しています。

簡単に言うと、「気」の出入りする「つぼ」

のようなものと思っていただくと良いと思います。

写真は、私が書いたチャクラの図ですが、

下から2番目が第2チャクラで、

「卵巣」や「膀胱」「セクシャリティー」と関連しています。

「創造的エネルギー」の象徴でもあります。

このチャクラが開いていると人は、創造的になり、

人生のいかなることにも工夫を凝らし、

自分の性に対してもオープンでいられると本で読んだことがあります。

大きな病気はなかったものの、普通の診療では見つからないような、

私の中の歪みが見つかりました。

 

 

卵巣、膀胱系が不活性。愛や恋に臆病で怖がりになっていませんか?

 

卵巣は、閉経後数年経っていますから、

活性化しているとは言えませんが、気を通す力もないとは・・・。

膀胱は、過活動膀胱があり、いつも気になっている部分です。

過活動膀胱というのは、ある意味、神経伝達が悪い、

神経の巡りが遮断されていると言っても過言ではありません。

そして、一つ思い当たることがありました。

クリニックに行く数日前に、言葉に出して、

「私は娘がいるし、愛や恋はもういいかな」

「こんな人生もいいかな」と、独り言を呟いたのです。

言葉は「ことのは」、「ことだま」、「魂」です。

私の場合、口に出して言ったことが本当にその通りになることがよくあります。

『自分の言葉で第2チャクラを冬眠させてしまうとは!』

 

次ページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る
第50回
卵巣を司るーあなたの第二チャクラは大丈夫?

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top