セルリアのしつらいと息子の誕生日

プロフィール写真

フードコーディネーター、フードアナリスト。
雑誌「LEE」の「100人隊」初代メンバーにして、その後トップブロガーとなり、10年間、人気を集める。2008年より自宅にて食と花を愉しむ「おもてなし会」を開催(会員数約500名)。身近な食材を使い、ちょっとした工夫でおもてなし風に見せることが得意。現在、様々な企業やメーカーのアンバサダーとしての活動やセミナー、レシピ開発、コラム執筆などで活躍中。

セルリアは南アフリカ原産、ふわふわした綿毛の周りの花びらがとても美しい個性的な植物です。
葉もくねくねとした姿が独特の雰囲気を醸し出し、その動きを上手に利用すると、なかなか面白みのあるしつらいになります。

セルリアは英名でブラッシングブライド(頬を染めた花嫁)と言われていて、ブライダルによく使われ、ダイアナ妃の結婚式のブーケもこの花だったそうです。
花びらの中心がほんのりピンク色にに染まっていることからこの名前がついたとか・・・素敵ですね。

花言葉は「ほのかな思慕」「可憐な心」。


こちらはセルリアカルメン。
ローズピンクの花は、ぱっと目を引く華やかさがあります。

今回は花が小ぶりだったので茎を短めにカットして、グラスにシンプルにしつらいました。花の頭の重みで様々な方向を向く姿がとても愛らしいです。


セルリアフロリダ。
白い花びらの中心がピンクに染まる、セルリアの代表。

可憐な花とバスケットを組み合わせ、しつらいました。
バスケットの中にはフラワーベースを入れており、ナチュラルな雰囲気を出してみました。


セルリア、ベル型のクレマチス、ロータスコットンキャンディを陶器のピッチャーにしつらいました。

それぞれの花や葉の動きを出し、自然で涼し気な感じにまとまったかなぁと思います。

 

セルリアは最近鉢植えで売っているのを見かけるようになりましたが、私は切り花を花屋で購入することがほとんどです。
夏の暑い時期でも花持ちがよく、長い期間花を咲かせてくれるので、この時期重宝する花のひとつでもあります。
また色がほとんど褪せることなくキレイにドライになるので、しつらいを楽しんだ後はフラワーベースに水を少しだけ入れ、ぜひそのまま挿しておいてみてください。
自然とドライフラワーになっていきますよ。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第36回
セルリアのしつらいと息子の誕生日


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top