私を変えた2日間ー老いてなんかいる場合じゃない!

プロフィール写真

1959年生まれ

美容家、オーガニックスペシャリスト

自然や植物の力に着目し、オーガニックコスメをはじめ、スパ、漢方、食にいたるまで、ナチュラルで美しいライフスタイルを提案

オーガニックビューティの第一人者として知られる

私を変えた2日間ー老いてなんかいる場合じゃない!

あまりにも偉大。

あまりにも有名。

だからよく見ようとしなかったのかもしれない。

小林照子先生、83歳 日本を代表する美容研究家。

「奥入瀬サミット2018」、青森県と支援企業と支援者からなる、

女性リーダーを育てる女性活躍のための2日間の合宿プログラムで

ご一緒させていただきました。

私はイベントの実行委員、照子先生はスペシャルゲストで

スピーカー、講師を務められました。

照子先生には、もちろん以前にお目にかかったことはありましたが、

同じワゴン車に乗って夜遅くに長時間移動、

こんなお側でご一緒したのは今回が初めて。

 

老いを感じさせるところが何も見つからない!!!

 

「きっとどこかに老人を感じさせるところがあるはずだ!」

観察するように(すみません!)小林先生の老人ぽさを探してみたが、

なに一つ見つからない。

ふとした時のため息や横から見える背中の厚さや丸み、

ご高齢の方特有の言葉の癖があるのではないかと探してみたが、

全く見つからないのだ。

むしろ、10年以上前にお目にかかったときよりも、

さらにすっきりと美しく、

かっこよくなっておられるように感じました。

 

 

「私の人生で最も悲しかったことは・・・」

 

照子先生の来た道は、『これはしない、あれはする』、

サンマーク出版から出た先生の新刊にも載っています。

ここだけで、私には語り尽くせないのですが、

講演でもおっしゃっていた

「私の人生の中で最も悲しかったことは、養母を焼いたことです」

ということだそうです。

戦争下、疎開先でカリエスに罹られて

亡くなったお養母様のご遺体をリヤカーにのせ、

村のハズレでご自分の手で荼毘にふした、焼かれたとのことでした。

「そうだよな。それを超えることなどないよな。それに比べたら・・・」

講演が終わっても私の心の中にまで、印象深く残って、

ジーンと沁みて離れません。

 

 

人を老いに誘いこむ最も悪いものは「思い込み」

 

戦後日本を代表する美容のパイオニアで、

コーセーという会社を引っ張ってこられた小林照子先生。

私は、勝手にコーセーの創業者一族で、

七光りが彼女の後押しになってきたのはないかと思っていました。

全くそうではなかったですね。

知りもしないで、見ようとせずに、

思い込みというものは怖いものですね。

 

 

そしてツキも運もあるな!先生は強運の持ち主

 

そして「この方、小林先生、強運だよな」

と思わせるところもたくさんありました。

それは、前向きな努力と誠実な心、生きる!

という心の原動力がそうさせたのでしょう。

きっとお養母さまも、守ってくれているのでしょう。

 

 

80歳過ぎて、ハサミを持つ手も健在

奥入瀬サミット2018、会場となった奥入瀬渓流ホテルの早朝セミナーで、

小林先生は、定員を超える40名にメイクを教え、

のびきった眉毛の持ち主の眉をみんなの前でカットし、

短時間で見事なメイクアップでその方を変身させました。

ハサミを持つ手が、まったく震えることも、躊躇することもなく!!

 

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第52回
私を変えた2日間ー老いてなんかいる場合じゃない!

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top