ストレスケア/日常的にできる感情コントロール術は?

プロフィール写真

田中ウルヴェ京

1967年生まれ。ソウル五輪シンクロ・デュエット銅メダリスト。米国大学院修士(スポーツ心理)。メンタルトレーニング上級指導士。IOCマーケティング委員。IOC認定アスリートキャリアプログラムトレーナー。報道番組・企業研修・講演・著書多数

今回は日常的にできる感情コントロール術をご紹介します。感情をコントロールするには体にアプローチするのも有効なのだそう。気軽に取り入れられるものばかりなので、ぜひ試してみて。

 

 

日常的にできる感情コントロール術

 

[ 行動によって感情をフラットに ]

イライラしたり、
怒っているときは…

ゆったりした動作や
音楽で心拍数を下げる

心の整理術 掃除

 

 

落ち込んだり、
無気力なときは…

楽しい歌などで
心拍数を上げる

心の整理術 歌

感情をコントロールするには体にアプローチするのも有効。「怒りを感じているときは心拍数が上がっているので、まずはゆっくり深呼吸して心拍数を下げ、その後は、クラシック音楽を流してワルツを踊るように掃除機をかけたりして心を落ち着けて。逆に無気力なときは、昭和のアイドルソングを振りもつけて歌うとか、息が切れるくらい体を動かして心拍数を上げると効果的」

 

 

 

田中ウルヴェ京さんが実践している感情コントロール術とは?

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top